バックオフィス業務の求人情報6選!【未経験可も】

経理や秘書といったバックオフィス業務には定型業務が多く、企業にとって外注しやすい分野です。実際、業務効率化を狙って外注する企業とともに、人材の需要も拡大しています。

時間の融通が効きやすい案件もたくさんあるため、家事や育児と仕事を両立したい方などにはありがたいところ。

そんなバックオフィス業務の求人は、どんなサイトで調べれば良いのか?本記事ではこの点に加え、バックオフィスの業務内容や未経験者でも採用されるコツなどを紹介していきます。

バックオフィスとは?

バックオフィスとは、会社の事業を円滑に回すためのサポートにあたる仕事です。顧客と直接の関わり合いを持たない部門を指し、いわゆる事務全般が当てはまります。

<バックオフィスにあたる部門>
・一般事務
・経理
・人事
・総務
・営業事務
・秘書
・法務
etc.

<バックオフィス業務の例>
・資料作成
・データ入力
・経費処理
・請求書や領収書作成
・リサーチ
・顧客対応
・翻訳
・Webサイト運用
・SNS運用
・スケジュール管理
・書類郵送
etc.

業務は部署によってさまざま。企業によっては経理と総務の兼任という人もいます。

バックオフィスの求人は未経験者でも大丈夫?

バックオフィス、つまり事務系の業務経験がない人は採用されるのか?
不可能ではありませんが、不利なのは確かです。そもそも、企業が外部の人間に業務を依頼する目的は業務効率化やコスト削減であり、未経験者だと両方とも達成できません。よって、バックオフィスの求人では基本的に即戦力が求められます。

とはいえ、本当に一切の経験がない人は少ないのではないでしょうか。前述のとおり、バックオフィスの業務内容は多岐にわたります。多くの人は、業務につながる何かしらのスキルを持っているはずです。

例えば、Excel操作・文字起こし・HTMLやCSS・翻訳・ライティングなど。

一度、自分のスキルや経験をすべて書き出してみてください。求人情報と照らし合わせると、アピール材料が見つかるかもしれません。

バックオフィスのおすすめ求人:①オンラインアシスタント

ここからは、バックオフィス系の求人情報を紹介していきます。

まずはオンラインアシスタントから。オンラインアシスタントとは、Web上でのやり取りを通じて、クライアントの業務をサポートするサービスのこと。おすすめは以下の2社です。

フジ子さん

画像:フジ子さん採用サイト

当ブログを運営する「フジ子さん」でもワーカーさんを募集中です。

完全在宅制なので、家事や育児に忙しい方でも時間をぬって働けます。また、在宅ワークが初めての方でも安心して仕事ができるよう、研修やトレーニングを完備しています。

プライベートの急用ができても大丈夫。クライアント業務はチームで進めるため、イレギュラー発生時にはみんなでフォローし合えますよ。

バックオフィス業務につながるスキルのある方は、ぜひ応募してください。

【フジ子さんにエントリーする】

CASTER BIZ

画像:CASTER BIZ採用サイト

「CASTER BIZ」には、採用率1%の難関をクリアしたスキル・経験ともに豊富なワーカーさんが多数在籍。ハイレベルな環境で仕事ができるので、「以前バックオフィスを担当していて現場復帰したい」という方のセカンドキャリアにおすすめです。

CASTER BIZには経理や採用に特化したサービスもあるので、専門知識のある方はそちらへのエントリーも検討してみてください。

【CASTER BIZにエントリーする】

在宅ワーク可能な事務の求人・採用情報:②求人検索サービス

ここでは求人検索サービスを2つ紹介します。

Indeed

画像:Indeed公式サイト

世界最大の求人検索エンジン「Indeed」。「しごと探しはIndeed ♪」と歌うCMを見たことのある方は多いはず。

キーワード入力欄に希望のバックオフィスの分野を、勤務地欄に希望の勤務地を入力すれば、条件に当てはまる求人情報がヒットします。求人特化のGoogleのような感じで使ってみてください。

【Indeed公式サイトはこちらから】

Googleしごと検索

画像:Googleしごと検索

「Googleしごと検索」は、Googleの検索結果画面に直接表示される、求人情報のまとめサービスです。例えば、検索窓に「バックオフィス 求人」と入力すると、Googleにインデックスされた該当の求人情報がヒットします。

Indeedには載っていない会社があるかもしれないので、両方を使うのが良いでしょう。

バックオフィスのおすすめ求人:③クラウドワークス

画像:クラウドワークス公式サイト

クラウドワークスは、国内最大規模のクラウドソーシングサイトです。案件数は300万以上もあり、バックオフィス系の仕事も多数掲載されています。クラウドソーシングを利用するなら真っ先に登録しておきたいサービスです。

ただし、案件によっては応募が集中し、募集期間内でも締め切られることが。機会を逃さないよう、こまめなチェックが欠かせません。

【クラウドワークス公式サイトはこちらから】

バックオフィスのおすすめ求人:④Waris(案件紹介サービス)

画像:Waris公式サイト

「Waris」はフリーランス向けの案件紹介サービスです。

専任の担当者が付いて、ワーカーとクライアントの仲を取り持つため、ミスマッチが起きにくい点がポイント。「こんなの聞いてない!」なんてトラブルを避けられます。とはいえ、イレギュラーへの対応力自体は必要です。

ちなみに、サイトは女性的なデザインになっていますが、男性も登録できますよ。

【Warisへの登録はこちらから】

まとめ

本記事ではバックオフィス系の求人情報を6つ紹介しました。

それぞれ特徴が異なるので、自分に合っているのはどれか、よく吟味してください。複数のサイトを利用するのも良いですね。

また、バックオフィスは広範囲な分、いろいろな経験やスキルを役立てられます。自分にできることはドンドン提案していくと、より業務の幅を広げられて報酬にもつながるでしょう。