英語事務(英文事務)とはどんな仕事?業務内容や求められるスキル、おすすめ求人などを紹介

「英語事務ってどんな仕事?」「私でもできるのかな」このように英語事務をやってみたいけど、自分でもできるのかわからず悩んでいるという方はいませんか?

事務は安定した職業なので人気は高いです。また、英語に自信のあるという方はその力を生かすことができます。

しかし、英語事務とはどんな仕事なのか、具体的にどんなスキルが必要なのかわからず、応募をためらっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、英語事務の仕事内容や求められるスキルなどを紹介します。おすすめの求人も紹介するので参考にしてください。

英語事務(英文事務)とはどんな仕事?

英語事務とは、英語を用いた事務全般のことです。仕事内容は多岐にわたり、ちょっとした作業から、専門性の高い業務まで様々です。外資系企業や海外に子会社をもつ企業など、活躍の場は多いです。

英語事務の主な業務内容

事務仕事を英語で行うのが英語事務というわけですが、具体的な仕事内容には以下のようなものがあります。

海外の会社との連絡業務:海外の企業との電話・メールを行います。もちろん、やりとりは全て英語です。取引先に失礼のないように、英語を使って丁寧なコミュニケーションをとれる能力が必要です。

英語での資料作成:プレゼン資料などを英語で作成することに加え、社内資料を英語に翻訳する業務を行います。取引先に渡す資料は細心の注意を払って作成する必要があります。

翻訳、通訳:翻訳業務も大切な仕事です。資料を英語→日本語、日本語→英語にわかりやすく翻訳します。海外の会社とのプレゼンでは、伝わりやすい英語に通訳することが求められます。

一般事務・OA事務

一般事務では、一緒に働く仲間をサポートするのが主な業務です。一般事務と聞くと単純作業というイメージがあるかもしれませんが、業務をスムーズにこなすためには欠かせない存在です。仕事内容は多岐にわたりますが、以下のようなものがあります。

・電話・メール対応
・資料作成
・データ入力
・備品管理
・来客対応
・請求書作成

営業事務

営業事務では、営業担当のサポートをします。事務業務的な側面からサポートをすることが多いですが、自分の仕事が目に見える「売上」に繋がるという点が他の事務職との大きな違いであると言えます。主な業務内容は以下の通りです。

・納品管理
・売上管理
・在庫管理
・営業日程の調整
・資料作成
・クレーム対応
・カタログ送付
・注文受付
・受発注業務
・電話・メール対応

経理事務

その名の通り、経理に関する事務を行います。平たく言えば、会社のお金の流れを管理・記録するのが役割です。業務内容は以下の通りです。

・伝票の管理・整理
・給与計算
・月次・年次決算書の作成
・税金納付
・請求書や領収書に基づいた経費処理
・仕訳入力

秘書・総務事務

秘書・総務事務では会社運営に必要な業務全般を行い、仕事内容は多岐にわたります。また、他の事務職と比べればそれほど専門知識が必要ないので、未経験の方でもチャレンジできる職種です。仕事内容は以下の通りです。

・備品管理
・施設管理
・イベント運営
・社内ルールの策定
・問い合わせ対応

人事・労務事務

その名の通り、人事に関する業務を行います。会社にとって大切な「ヒト」の管理や活用を任せられるため、責任を持って仕事をする必要があります。仕事内容は以下の通りです。

・就業規則の構築
・人員配置
・労働環境の整備
・社員募集活動
・面接日程調整
・採用通知の手配
・入退社の手続き(労働契約書作成、保険、税関連の手続き)
・社員教育

法務事務

法務事務では「登記や商取引」に関する業務を行います。他にも、法的トラブルや法律改正への対応も行います。専門知識が必要であることが多いです。仕事内容は以下の通りです。

・法的案件に関する業務(不動産、会社登記、商取引など)
・顧問弁護士とのやりとり
・法的トラブルへの対応
・労災
・公式文書の管理
・社内マニュアル作成
・法律改正時の業務変更

貿易事務

貿易事務とは、輸出や輸入などの「貿易」に関する企業での事務職のことを指します。他の事務職と比べると、専門知識や語学力が必要になります。具体的な仕事内容は以下の通りです。

・貿易書類の作成、管理
・輸送手段の準備
・輸送業者とのやりとり
・通関手配
・出荷、納品管理
・電話、メール対応

英語事務に求められるスキル・資格

英語事務に求められるスキルを3つ紹介するので、参考にしてください。

英語力

英語事務をこなすためには、当然のことながら英語力が必要になります。ビジネスの場で読み書きや会話ができるスキルを持っていなければいけません。

目安としては、TOEIC600点以上、もしくは英検2級以上が望ましいです。この程度の英語力があれば、英文を読んだり書いたりすることに抵抗はなくなると思います。

しかし、どれくらいの英語力が必要なのかは会社によって異なります。TOEIC800点以上を必須とする企業もありますし、英語を使った実務経験が求められる場合もあります。

事務スキル

英語に関するスキルももちろん必要ですが、一般的な事務スキルも必要になります。主なスキルとしては以下の通りです。

・基本的なPCスキル
・コミュニケーション能力
・ビジネスマナー
・作業の正確性
・スケジュール管理能力

各部署の仕事への理解

最初にお伝えしたように事務職は「サポート」をする仕事です。そのため、他の部署からサポートを求められた場合は、部署を超えた業務を行う必要があるのです。

他の部署の業務をサポートするためには、各部署の仕事内容を理解しておくことが必要です。自分が任せられた仕事だけで精一杯になることなく、他の部署も助けられる能力が求められます。

英語事務のおすすめ求人情報

英語事務でおすすめの求人サイトやオンラインアシスタントを紹介します。

フジ子さん

「フジ子さん」とは在宅でできるオンラインアシスタントのことです。完全在宅でありながら、仕事に慣れるまではチームメンバーがサポートしてくれるので安心です。また、自分の得意なことを生かせるのも魅力です。PC操作や経理、翻訳など自分の強みを生かせます。

また、完全在宅なので、自由な働き方ができます。子育て中の方や海外にいる方でも、自分に合った働き方を実現できます。

フジ子さんでは英語事務のオンラインアシスタントも募集しています。「英語が得意」「翻訳の経験がある」と考えている方は、ぜひ応募してみてください。

【フジ子さんはこちらから】

Caster Biz

Caster Bizでは、経理・Web・翻訳など様々な業務をオンラインで行います。こちらも完全オンラインで作業を行うので、自由な働き方ができます。

他のオンラインアシスタントと違い、Caster Bizではメールや資料の翻訳や英語サイトでの物品購入などの「英語事務」に関する業務が多いです。また、基本的に業務はチームで行うので、仕事が不安だという方も安心です。

【Caster Bizはこちらから】

Liberty

Libertyは、1978年に貿易業界への人材派遣からスタートした会社です。そのため、貿易事務の求人が多く、英語力を生かしたい方にはうってつけです。

福利厚生が充実していて、健康保険・雇用保険に加入できる他、有給休暇、交通費も支給されます。また、研修制度もあるので、着実にキャリアアップできるでしょう。

求人数も多く、サポートが充実している会社なのでおすすめです。ぜひ公式サイトから応募してみてください。

【Libertyはこちらから】

まとめ

今回は、英語事務とはどんな仕事なのか、どのようなスキルが必要なのかについて紹介しました。英語事務とは、英語を用いた事務全般のことであり、様々な能力が必要になります。必要なスキルをしっかり身につけて、英語事務にチャレンジしてみてください。