経理は未経験でもなれる?転職に必要なスキルや資格などを解説

「資格もない私が経理になれるのかな…」
「未経験から経理にキャリアチェンジするなんて無謀?」

このような疑問を持っていませんか?

結論からいえば、経理は未経験でもなれます。とは言っても、経験者に比べて不利なのは確かですので、採用確率を上げるポイントを押さえておく必要があります。

そこで本記事では、経理の仕事内容の詳細や必要なスキル・資格、採用される秘訣などを解説します。未経験で経理に転職したい方は、ぜひご一読ください。

経理は未経験でもなれる?

冒頭でもお伝えしたとおり、経理は未経験でもなれます。データ入力や入出金管理など、簡単な業務なら未経験者を採用する企業も少なくありません。

しかし、転職ではやはり経験者が優遇されやすく、未経験者はどうしても不利になってしまいます。

応募条件に必要な資格やスキルが書かれていることも多く、未経験者は応募資格すらないこともままあります。そんな実情ですから、未経験者が経理になるには、最低限、経理の基礎知識は持っておくべきでしょう。

経理の仕事を理解し、「経理の仕事がしたい」という強い意欲ややる気が伝われば、応募条件を満たしていなくても、採用される可能性は大いにあります。

未経験者が知っておくべき経理の主な仕事内容

ご存知のとおり、経理は会社のお金の流れを管理する仕事です。会社の経営状況を知る上で欠かせない職種であり、会社を支える存在です。

経理の仕事は、主に日次、月次、年次業務の3種類に分けられます。

日次業務

会社の規模や事業内容によって異なりますが、日次業務では、日々の入出金管理や帳簿の記帳が主な仕事です。

他にも以下のような業務が含まれます

・納品書・請求書・領収書・伝票の発行・整理・管理
・仕入れ・在庫取引のチェック・記帳
・経費精算・仮払い金の払い出し
・現預金管理(入出金・銀行振込などの払込処理)
・経理システムや会計ソフトへの入力処理

ざっと箇条書きにしましたが、納品書や請求書の発行、売り上げの記帳などは、細かい作業の連続。この日々の積み重ねがその後の月次・年次業務の基本になりますので、非常に重要な業務です。

月次業務

月次業務では、請求回収・支払・給与関係・月次決算が主な仕事です。例えば以下のような業務があります。

・現預金管理(手形・小切手管理)
・取引先からの入金や支払管理
・売掛金(未収入金)管理
・請求書発行
・月次決算
・給与計算
・帳簿の計算・確認
・試算表・資金繰り表の作成

請求回収は、請求書の発行と取引先からの入金確認が主です。予定日をすぎても入金がない場合は、滞留債権にならないよう対処します。

また、日次業務を一旦締める意味で月次決算があります。会社の経営状況をリアルタイムに把握するために必要です。月末は給料や源泉徴収の計算など、かなり忙しくなります。

年次業務

年次業務の仕事内容は下記のようなものです。

・年次決算・連結決算
・税務申告
・有価証券報告書などの開示資料作成
・財務諸表の作成
・税金の納付額の計算

年次業務のメインは決算です。1年の事業実績を財務諸表にまとめ、納税額を計算します。会社の経営状態を表す重要な書類ですからミスは許されません。

年次決算では複雑な業務が多くなるため、スキルと経験が求められます。簿記の有資格者・実務経験者と外部の税理士や公認会計士などが担当します。

まずは簡単な日次業務の補佐から

未経験者が経理業務で最初に携わるのは、日次業務の補佐からが一般的です。

日次業務は取り組む頻度が高いため、経理に配属されて最初に担当することが多い仕事です。伝票の記帳や会計ソフトへの入力業務がメイン。

単純作業が多いものの、月次・年次の高度な業務の基礎となる重要な役割です。

未経験から経理に!転職に必要なスキルや資格

資格は、実務経験がない人のスキルを証明になりますので、持っていると転職に役立つでしょう。未経験者から経理を目指すなら、これから紹介するスキルや資格を持っておくことをおすすめします。

日商簿記

画像:商工会議所の検定試験公式サイト

「日商簿記」は商工会議所法が運営する資格で、簿記に関する知識や技能が問われます。年間60万人が受験する、社会的評価の高い資格です。

試験を通じて、経理に必要な会計知識のほか、財務諸表の作成の仕方や決算書を読む力が身につきます。スキルの証明になりますので、取得すれば実務経験がない未経験者でも採用される確率が上がります。

日商簿記のレベルは初級・3級・2級・1級まであり、企業が求めるのは2級以上となります。2級は、商業簿記や工業簿記の高度な知識を得られますので、これから経理に転職したい方にはおすすめです。

試験は年に3回あり、何度でもチャレンジできます。合格率は以下のとおり。

・初級:60%前後
・3級:40〜50%前後
・2級:15~30%前後
・1級:10%前後

3級は簿記の基礎で、独学でも取得しやすいレベルです。2級は平成28から出題範囲が改正され難易度が上がっています。1級は簿記の最難関ですから合格率もかなり低めです。

2級は難しいものの、経理への転職に役立つことは間違いありません。

給与計算検定

画像:実務能力開発支援協会公式サイト

「給与計算検定」とは、給与計算業務の実務能力を判定する試験です。未経験者はもちろん、すでに経理に携わっている方でもキャリアアップやスキルアップにつながるでしょう。

試験区分は2級・1級で、合格率は2級で70%、1級で30〜60%未満となっています。

2級は、基本的な給与計算方法を用いて給与明細を作成できるレベルです。1級は労働法令や税務に関する知識を身につけられますので、上を目指すなら1級まで取得しておきましょう。

MOS

画像:MOS公式サイト

「MOS」は、Word、Excel、PowerPointなどの実務能力を証明する資格で、国際資格として世界的に試験が行われています。知名度も高く、比較的取得しやすい資格です。

経理の仕事は会計ソフトの使用や書類作成が多く、Word、Excel、PowerPointといったMicrosoft製品に関する知識やスキルを問われます。

MOSは必ず取得すべき資格ではありませんが、一定のスキルの証明になるため余裕があれば取得しておいたほうがいいでしょう。Microsoft製品を効果的に効率よく活用するスキルが身につきます。

MOSの称号は下記の3つです。

・マイクロソフト オフィス スペシャリスト マスター(総合的スキル)
・マイクロソフト オフィス スペシャリスト アソシエイト(一般レベル)
・マイクロソフト オフィス スペシャリスト エキスパート(上級レベル)

企業に求められるレベルは、アソシエイトレベルからで十分です。アソシエイトの合格率は約80%前後、エキスパートは60%前後ですから、難易度は高くありません。

経理未経験者が採用される確率を上げるには

経理の実務経験がなくても採用される確率を上げるには、3つのポイントがあります。

経理の基本的な知識をつける

未経験で経理になりたい方は、経理の基礎知識を身につけましょう。経理がどのような仕事か理解しているのとしていないのとでは、面接での受け答えで大きな差が生まれます。

実務経験がないので即戦力とはいきませんが、基礎知識が入っていれば仕事の飲み込みも早いはず。面接で経理の業務について深掘り質問された場合でも、実際に経理の勉強をしていたら戸惑うことなく答えられるでしょう。

経理の本を何冊か読んだりネットで会計ソフトのサイトをチェックしたりと、今の時代なら学ぶ方法はいくらでもあります。経理入門書なら、簿記3級の参考書がおすすめです。

PCスキルも身につける

経理の仕事では、書類の作成から会計ソフトの入力など、PCスキルが不可欠です。あなたが人事担当だとして、パソコンスキルがない人とある人では、どちらを採用するでしょうか。

転職の場合、企業はできるだけ即戦力になる人材を求めます。人を育成するにはコストがかかりますので、教育の必要がない人を採用したいというのが本音です。

ですから、経理の実務経験がなくてもPCスキルが高ければ、採用になる可能性が高まるでしょう。PCスキルは独学で十分身につきます。勉強のために、先程紹介したMOS試験にチャレンジしてみるのもおすすめです。

社内外で円滑なコミュニケーションが取れるのを証明する

コミュニケーション能力も必要スキルの1つです。

経理の仕事では、社内の部署と情報を共有し管理します。社内だけではなく、税理士や会計士など外部の人とやりとりすることも多いです。

ミスや未払いに対して、社員や取引先に改善を求めなければならない場面も少なくありません。できるだけトラブルにならないよう、どの部署とも円滑にコミュニケーションが取れるような人はかなり重宝されるでしょう。

円滑なコミュニケーション能力を証明するには、応募書類や面接がチャンス。

・結論から話す
・質問の内容を理解する
・具体的なエピソードを交えながら話す

上記を意識するだけでも、コミュニケーション能力を十分アピールできます。

まとめ

本記事では、未経験者が経理になるために必要な知識やスキル、資格などを解説しました。未経験者でも経理になれますが、経験者が優遇されるのは間違いありません。

実務経験がなくても採用されるためには、この記事で紹介したようなスキルや資格を身につけることが大切です。

日次業務などのルーティンワークなら未経験者の求人募集も多いはず。まずは簡単な業務からスタートして、徐々にスキルアップを目指しましょう。