翻訳の求人情報9選!在宅・未経験可も紹介

翻訳というのは、その言語が使えるのはもちろん、翻訳するジャンルの知識、ライティング能力、クライアントとのコミュニケーション能力など、さまざまなスキルが求められる専門的なお仕事です。

できる人材は貴重なため、市場で高い需要を持っています。ネット上でのやりとりで業務を完結させられる案件も多く、在宅可能なのも魅力ですね。

では、仕事はどこでどう探せば良いのか?今回は、翻訳のおすすめ求人情報を9つ紹介します。

翻訳の求人情報:①翻訳求人サイト

まずは翻訳専門の求人サイトから。特化しているため、一般の求人サイトのように条件を細かく入力する手間がかかりません。

翻訳者ディレクトリ

画像:翻訳者ディレクトリ

「翻訳者ディレクトリ」は、国内で最も利用者の多い翻訳求人サイトです。一昔前のデザインですが、掲載数は15,000以上にのぼり、毎日情報が更新されています。

こちらから求人を探すほかにも、ディレクトリへ登録して企業からのスカウトを待つ方法もあります。どちらも無料でできるのがありがたいところ。

翻訳を仕事にするのであれば、ぜひ利用したいサービスです。

【翻訳者ディレクトリはこちらから】

アメリア

画像:アメリア

「アメリア」は、翻訳者の案件獲得とスキルアップを支援するサービスです。30年以上の運営実績を持ち、大手企業にも多数利用されています。

求人情報は年間1,500以上掲載。メインは英語の案件です。

アメリアはスキルアップ支援やカウンセリングも行っており、これらを通じて翻訳未経験者でも案件獲得のチャンスがあります。

ただし、アメリアを利用するには有料会員にならないといけません。入会金5,500円+年会費16,500円がかかる点に注意しましょう。

【アメリアはこちらから】

日本翻訳連盟

画像:日本翻訳連盟

「日本翻訳連盟」は、国内の翻訳会社や個人からなる業界団体です。翻訳者と企業を結びつける、翻訳者を育成する、翻訳関連の検定を行うといった事業を手掛けています。

ここでは、掲載数は少なめですが求人を探せるほか、会員登録して企業からの問い合わせを待つこともできます。

ネックは会員費。個人だと入会金と年会費に10,000円ずつかかります。しかし、セミナーに参加して人脈を作るといった活用もできるため、アクティブな人にとっては有用でしょう。

【日本翻訳連盟はこちらから】
サイトへアクセス→「JFTとつながる」→「翻訳求人」

ProZ.com

画像:ProZ.com

「ProZ.com」は世界最大の翻訳者コミュニティ。

求人検索とスカウト待ちの両方ができ、仲介料等は発生しません。世界中にクライアントがいるため、さまざまな言語の案件が掲載されています。

また、会員によるクライアント評価も行われており、☆の数で求人の質をある程度判断できます。とはいえサクラレビューもあるようなので、情報の見極めには慎重になってくださいね。

【ProZ.comはこちらから】

LinkedIn

画像:LinkedIn

「LinkedIn」は、世界最大級のビジネス特化SNSサービスです。

SNSということで、企業とのコミュニケーションが簡単に取れます。登録した内容に興味を持った企業からコンタクトが来るのを待つだけでなく、求人を検索して応募するのも可能。利用は無料でできます。

【LinkedInはこちらから】

翻訳の求人情報:②翻訳クラウドソーシング

次に、クラウドソーシングの中でも翻訳に特化したサービスを紹介します。

Conyac

画像:Conyac

「Conyac」の特徴は、翻訳者のレベルによって受けられる案件が変わること。

翻訳者は最初にStarterというランクからはじまり、レベルテストに合格するとStandard<Senior<Expertと昇格していきます。昇格とともに受けられる案件のレベルも報酬も上がっていく仕組みです。

自分のレベルを客観的に把握できますし、初心者や未経験者の方でもStarter案件なら比較的取り組みやすいはずですよ。

【Conyacはこちらから】

Gengo

画像:Gengo

「Gengo」では、案件を受ける前にテストに合格しなければなりません。未経験者でも十分にチャンスはありますが、合格率は10%ほどとのことで、相応のハードルがあります。

とはいえ一度合格すれば、比較的カンタンな案件もじっくり取り組む高度な案件も、自分のライフスタイルに合わせて受けられます。制限はあるものの再受験も可能ですし、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

【Gengoはこちらから】

翻訳の求人情報:③オンラインアシスタント

オンラインアシスタントとは、Web上のやりとりを通じてクライアントのバックオフィス業務をサポートするサービスのこと。翻訳はもちろん、経理や秘書といった事務の案件もあるため、自分のスキルを幅広く活用できます。

おすすめ求人は以下の2つ。

フジ子さん

画像:フジ子さん公式サイト

本ブログを運営する「フジ子さん」でも、クライアントの翻訳業務を担っていただける方を募集中です。英語を使っての事務もお願いできます。

フジ子さんではチーム体制で業務にあたるので、プライベートで急な用事が発生してもメンバー同士でサポートし合えます。家庭と仕事を問題なく両立できるとあって、フリーランスの方や子育て中のママさんが多数在籍。

もちろん、スキルや経験次第で報酬アップもできますよ!

【フジ子さんはこちらから】

HELP YOU

画像:HELP YOU公式サイト

「HELP YOU」は採用に際して高いハードルを設けており、わずか1%しか通過できません。相応のスキルが求められるため、アピールできる実績を蓄積してから応募するのが良いでしょう。

しかし、その分ハイレベルな環境で働けるのが魅力。急な用事にも対応してくれるので、子育てに忙しいママさんでも安心です。

【HELP YOUはこちらから】

まとめ

今回は、翻訳のおすすめ求人情報を紹介しました。

それぞれ特徴が異なるため、自分の希望を明確にした上で、それに合ったところを使いましょう。複数のサービスを利用して、案件に切れ目をなくすのも良いですね。

本記事が参考になれば幸いです。