在宅でできる仕事にはどんな種類がある?人気の7つを紹介!!

在宅ワークは手軽に始められると、専業主婦・専業主夫の方や子育て・介護中の方を中心に需要が高まっています。しかし、始めようにも在宅ワークの知識が何もない状態だと、

「自分にできる仕事はあるのだろうか」
「在宅ワークは本当に稼げるのだろうか」

と不安に感じてしまいますよね。在宅ワークの仕事の種類は、スキルのない状態でも始められるものから、自分が仕事で得た知識を活かして稼げるものまでさまざまです。

そこで本記事では、在宅でできる人気の仕事の内容や相場と、在宅案件の探し方について解説します。

自宅でできる仕事:①在宅秘書

1つめは秘書業務です。

<業務の例>
・資料作成
・スケジュール調整
・電話・メール対応
・ホテルや交通機関の予約
・贈答品手配

企業によっては、請求書の作成をはじめとする経理業務や、外国語で書かれた資料の翻訳など、他分野の仕事も任されます。

在宅秘書の報酬は時給制もしくは月給制が一般的です。時給制だと、任される仕事の内容によって金額が変動しますが、大体1時間1,000円〜1,200円程度。月給制だと月5万円〜10万円程度となります。

在宅秘書の働き方は自由度が高いのがメリット。フルタイムだけでなく、1〜2時間だけ働くこともできます。そのため、忙しい専業主婦/夫の方や子育て・介護中の方からも人気です。

自宅でできる仕事:②在宅経理

2つめは経理です。

<業務の例>
・給与計算
・請求書発行
・経費精算
・記帳
・経費精算
・年末調整

スキルの目安は、日商簿記2級以上と実務経験2~3年以上。報酬は在宅秘書と同じく、時給制もしくは月給制が中心です。相場は時給制だと時給1,000円程度、月給制だと月5万円〜10万円程度となります。

経理の在宅案件も1日1〜2時間から働ける案件が多く、プライベートとの両立がしやすいのがメリットです。ただ、クライアントから領収書などの書類が送られてくることもあるので、書類管理の徹底だけは怠らないようにしましょう。

自宅でできる仕事:③データ入力・文字起こし

事務の経験がなくとも取り組みやすいのが、データ入力や文字起こし。パソコンさえあれば誰でも始められるため、これらの仕事から始める在宅ワーク初心者も多いです。

データ入力

名刺や紙の書類に書かれたデータの入力作業や情報収集作業を行います。データの入力先は、クライアントが用意したフォームやサイト上だったり、Word・Excelなどにまとめる場合もあります。

データ入力の仕事は案件さえあればいつでもできるタスク案件と、クライアントと契約して取り組む固定報酬制の2種類。

タスク案件は1件の入力につき0.1円が相場で、単価の安さが難点です。ただ、パソコンだけでなくスマホでもお出かけの際の待ち時間を使って作業ができるのが便利ですね。

固定報酬制はデータ1件につき5円〜10円ほどで、1,000件単位での契約が一般的です。納期が定められているので、大量のデータを入力する時間を確保して取り組む必要がありますが、タスクよりも単価が高いため、稼ぎたいなら固定報酬制の案件を探すとよいでしょう。

文字起こし

音源や動画で話された内容をWordなどに打ち込む仕事を指します。文字起こしも特別なスキルが必要ないので、気軽に取り組めるでしょう。

単価は30分〜1時間の動画で1,000円ほど。ただ、学会の音源など専門的な知識が求められる場合や、外国語スキルが求められる案件だと、単価は2倍〜3倍に跳ね上がります。

自宅でできる仕事:④Webライター

比較的取り組みやすい在宅ワークとして人気なのがWebライター。

記事のジャンルは医療・IT・食べ物・芸能など多種多様。自分が仕事で得た知識や好きなことなど、何でも題材にできます。これがWebライターが初心者から人気の理由でしょう。特に、趣味に関連するジャンルは未経験者OKの案件も多いです。

Webライターの単価は1文字○円というシステムで、初心者だと1文字0.3円〜0.5円が相場。そこから経験を積んで単価が少しずつ上がっていきます。

マーケティングやITなど、専門性の高い記事が書けると、1文字1円以上の案件も獲得できます。また、企業案件などレベルの高い案件となると、1文字10円になることもあります。

自宅でできる仕事:⑤翻訳

外国語のスキルがあるなら、翻訳の仕事も在宅でできます。ここ数年は定番の英語だけでなく、中国語や韓国語の案件も増えているので狙い目です。

翻訳の仕事はクライアントから送られてきた文章を日本語から外国語、もしくは外国語から日本語に訳すのが基本。近年は動画制作用に、文字起こし+翻訳+字幕入れの案件も増えてきています。

翻訳業務の単価は1ワードにつき20円〜30円程度が相場。学術論文や企業マニュアルなど専門的な知識が求められる案件だと、1ワード50円以上の案件もあります。

ただ、応募条件ははネイティブだったり、翻訳業務経験者だったりと、ほぼ未経験者NGです。したがって、未経験で翻訳業務に取り組みたいなら、まずは単価を気にせずに1件でも実績を積むことを目標にしましょう。

自宅でできる仕事:⑥ITエンジニア

企業でITエンジニアの経験があるなら、在宅でもエンジニアとして働けます。業務内容はホームページ構築やWebシステム構築、アプリ制作など。

在宅エンジニアの収入は経験や言語、仕事内容によって大きく変動します。PythonやAWSなど今流行りの技術は、使いこなせるエンジニアが限られているので単価が高く、中には100万円超えの案件も。

ただ、在宅エンジニアは基本的に実務経験があるのが条件です。正直なところプログラミングスクールで学んだだけでは在宅案件を獲得するのは厳しいでしょう。

また注意点として、クラウドソーシングでは技術を安く買い叩かれることがよくあります。自分が持っている技術の単価相場を理解しているなら良いですが、そうでないならフリーランスに特化したエージェント経由で案件を紹介してもらうか、在宅OKの正社員の求人を探すのがおすすめです。

自宅でできる仕事:⑦Webデザイナー

Webデザイナーとして働いた経験がある人だと、在宅でもWebデザイナーとして働けます。案件はホームページ制作やLPデザイン、企業のロゴ制作など。

ホームページ制作は実務経験必須の案件が多く、未経験だと難しいでしょう。また、デザインだけでなくホームページ構築まで任されることも多いです。単価は数万円から百万円以上までさまざま。

ロゴ制作案件は、単価1万円程度が相場となります。仕事の流れはコンペ形式が基本です。そのため、未経験でも企業が求めるデザインを理解して提出できれば、仕事を獲得できる可能性があります。ただ、基本的に採用されないものなので、実績を獲得するなら根気よく続けることが大切です。

自宅でできる仕事を探す方法

これまで在宅でできる仕事の中でも特に人気のものを紹介してきましたが、実際に仕事を見つけるにはどんな手段があるのでしょうか。以下にて、在宅案件を見る手段を確認していきましょう。

オンラインアシスタント

オンラインアシスタントとは、Web上のやり取りを通じて、クライアントのバックオフィス業務全般を代行するサービスのこと。

オンラインアシスタントで働くメリットは、サービス側が自分のレベルに合った仕事を割り振ってくれる点や、仕事が途切れない点でしょう。

ただ、働くにはテストや面接をクリアしなければいけません。会社によって厳しさに差があり、在宅ワーク初心者がいきなり応募しても通らない可能性があります。

<サービスの例>
・フジ子さん
・HELP YOU
・Caster Biz

本ブログを運営している「フジ子さん」でも、在宅ワーカーを募集しています。初心者ワーカーさんへのサポート体制も整っていますので、興味を持たれた方はぜひ求人詳細をご覧ください。

【フジ子さんの求人詳細はこちらから】

求人サイト

求人サイトにも、在宅でできる仕事が多く掲載されています。

企業と直接契約を結ぶため、営業力はもちろん、高い自己管理能力なども必要です。人気の求人はすぐ枠が埋まるので、こまめに情報をチェックし、良さげな求人にはすぐ応募しましょう。

<サービスの例>
・Indeed
・Googleしごと検索
・タウンワーク

クラウドソーシング

クラウドソーシングは、簡単に言えばスキルの売り買いを自由にできる場所。さまざまなジャンルの人材を募集しており、自分が働きたいと思った案件を見つけたら自由に応募できます。

<サービスの例>
・クラウドワークス
・ランサーズ
・シュフティ

ただ、企業を相手に自力で仕事を得なければいけないので、クラウドソーシングではいかに自分をうまく売り込むかが大事です。売り込み方が下手だと、スキルがあっても仕事を獲得できない事態に陥ってしまうこともあります。

使いやすさは人それぞれなので、複数のサービスに登録してみて、自分に合ったサービスをメインに使うのがおすすめです。

まとめ

在宅ワークには翻訳やエンジニアなど実務経験が求められる案件もありますが、データ入力や文字起こしのように、スキルがない状態でもOKな案件も多く存在します。

もし「在宅ワークができるようなスキルはない」と不安に思っているなら、自分の得意なこと・趣味を洗い出してみると、どれかが仕事につながるかもしれません。未経験OKと明記している案件も多いので、初心者向け案件から徐々にスキルを磨いていきましょう。

ぜひ本記事を参考に、自分に合った案件を見つけてください。