営業代行サービスとは?仕事内容や依頼のメリット、料金体系などを解説

・営業はいるけれども業績が伸びない
・営業の人手が足りない

といった悩みを抱えている企業は多いのではないでしょうか。そんなときに便利なサービスが営業代行サービスです。

営業代行サービスでは営業経験のある人材が会社の営業業務を代行してくれるなど、メリットがたくさん。しかし、具体的にどんな業務を依頼できるのか、どのように選べば良いのかわからないこともあるでしょう。

本記事では、営業代行サービスのサービス内容に加え、メリット・デメリットや料金形態、選ぶ際のポイントについても解説します。

営業代行サービスとは?

営業代行サービスとはその名の通り、会社の営業業務を代行するサービスです。対応できる業務は業者によって異なり、営業業務のすべてを任せられるところもあれば、一部のみの対応となるところもあります。

営業代行サービスの具体的な業務内容に関しては、後ほど解説します。

営業代行と営業派遣の違い

営業代行と営業派遣の違いは指示命令権がどこにあるかです。派遣の場合、派遣会社と雇用契約を結び、派遣先の指示のもとで業務を行います。

それに対して営業代行では、業務委託契約を結び、営業代行会社が指示を出します。営業代行だと直接雇用主である企業が営業代行に対して指示を出すわけではないので、綿密な打ち合わせを行ったうえでサービスを利用する必要があるでしょう。

営業派遣と営業代行のどちらを利用するかは、企業に営業のノウハウがあるかどうかで変わってきます。すでに営業のノウハウが蓄積されており、企業側で指示を出した方が効率良く業務を進められるなら、営業派遣を利用した方が良いでしょう。逆に、社内にノウハウが蓄積されておらず、売上アップのための知識を持つ人がいないなら、ノウハウのある営業代行会社に依頼するのがおすすめです。

営業代行サービスの仕事内容

営業代行サービスの業務内容は以下の通り。

・テレアポ
・商談
・飛び込み営業
・既存顧客へのアフターフォロー
・社員教育
・コンサルティング
など

営業代行会社にもよりますが、多くの企業では、会社の営業に関連する業務の大半を取り扱っています。また、ノウハウが蓄積されているような企業だと、会社の営業担当の教育を行ったり、売上データなどから業務改善のアドバイスをしたりするところもあります。

営業代行サービスに依頼するメリット

営業代行には、営業経験が豊富なスタッフに業務を依頼することによるメリットがたくさんあります。それでは、具体的にどんなメリットが挙げられるのか確認していきましょう。

人件費や教育費を最適化できる

人を雇うには、給料の他に、保険料や年金なども支払う必要があります。それに、空きスペースがあるなら問題ありませんが、無い場合はデスクや椅子などの備品の準備も必要です。

加えて未経験者の場合は、いきなり営業活動とはいかず、1ヶ月〜3ヶ月ほど教育期間を設ける必要があります。この期間は給料が発生しますが、その人が生み出す利益は0です。

営業代行なら基本的に、業者が決めている料金だけで依頼可能。業務委託なので保険料などを支払う必要がありません。教育も代行会社側で行うため、教育費も必要なく、人件費や教育費を安く抑えられます。

即戦力を導入できる

会社で未経験者を雇う場合、教育が必要です。また、即戦力になれる人材を採用しようとすると、その分コストもかかります。営業代行だと、即戦力レベルの人材を業者で規定されている料金を支払うだけで導入可能。

加えて、会社で直接雇用するとなると、内定から入職まで1ヶ月以上の時間を要します。営業代行なら業者によりますが、最短で即日と短期間で業務を依頼できます。

自社にはない販路を開拓できる

営業代行業者は、様々な業種の営業代行業務を請け負うため、特に経験豊富な人は独自の販路を持っています。そのため、営業代行に依頼すれば、今まで関わりがなかった業界との関わりができるでしょう。

営業代行サービスに依頼するデメリット

営業代行を利用することはメリットばかりではありません。デメリットも理解したうえで、それに対処しつつ、サービスを利用する必要があるでしょう。それでは、営業代行のデメリットについて紹介していきます。

営業のノウハウを自社に蓄積できない

営業代行会社は独自にノウハウを蓄積しており、基本的にそれがサービスを利用する企業に共有されることはありません。そのため、今後営業を育成するにあたって必要なノウハウを蓄積できません。

ただし、営業代行業者の中には、コンサルティングや営業体制の構築支援をしてくれる業者も存在します。いつまでも営業代行サービスを利用するつもりがないなら、このようなサービスを利用して、売上アップと平行して、営業の育成・ノウハウの蓄積も行うと良いでしょう。

自社社員のモチベーション低下の恐れがある

営業代行サービスのスタッフは経験豊富な人ばかりです。したがって、売上が上がらないなど問題を抱えている企業の社員と比べて、契約を獲得するコツなどを理解しており、自社の社員よりも高い売上を出せます。

この面だけを見れば、メリットに思えますが、いつまでも売上上位に営業代行サービスのスタッフが居続けると、自社社員のモチベーションを維持しにくくなるでしょう。営業代行に依頼して売上アップを狙うだけでなく、自社社員のモチベーションを維持し、スキルアップができる環境づくりに注力することも忘れてはいけません。

営業代行サービスの料金体系

営業代行サービスの料金形態は主に固定報酬制と成果報酬制の2種類。それぞれの料金形態について詳しく見ていきましょう。

固定報酬制

固定報酬制では、業務内容・成果に関係なく、毎月一定の料金を支払います。依頼した営業代行が優秀で、会社全体の売上が上がった場合でも、固定報酬制なら料金が一定なのでお得でしょう。

ただし、営業代行が仕事をしていなくても、契約時に決めた料金を支払う必要があります。したがって、営業代行のスタッフがサボらずに仕事をしている証明を出してもらうなどの対策が必要でしょう。

成果報酬制

成果報酬制では、成果に応じて料金が変動するシステムです。売上が低かった月は、無駄な出費が出ないのが良いですが、逆に売上が高いと、その分報酬も高額になります。

成果報酬制の業者を利用する場合は、報酬を支払う基準を明確化しないと、業者とトラブルになる可能性があります。したがって、契約の段階で契約1本につき○円、アポイントだけの場合は報酬が発生するかどうかなどをしっかり決めましょう。

営業代行サービスの選定ポイント

自社に合った営業代行サービスを探す際には、どこに着目すれば良いのでしょうか。業者選びでチェックしておきたいポイントを確認しましょう。

業者の得意分野は何か

不動産、医療、ITなど、業界によって必要な知識は全然違います。また、飛び込み営業が得意、テレアポが得意など、得意とする業務も業者によって異なるでしょう。

代行業者の中には、依頼例を紹介しているところも多いので、どんな業界・業務を得意としているのかを確認し、自社で必要としているスキルがある業者かどうかを見極めましょう。

また、業者によって対応地域も異なります。首都圏、日本全国、海外など、対応地域も確認したうえで、営業活動を行っている地域に対応した業者を選んでください。

自社の課題に対して的確な提案をしてくれるか

いつまでも営業代行を利用し続けるのは難しく、社内でもノウハウを蓄積する必要があるでしょう。そのため、営業代行を利用するにあたっては、結果を出せるかどうかだけでなく、課題を洗い出してそれに合った提案をしてくれるかどうかも大切です。

業者に依頼した場合、代行業者側が自社に対して、どんな人材が必要なのか、どんな業務に力を入れる必要があるかなどを話したうえで、利用するプランを決めて契約する流れとなるでしょう。この際に、選択肢を複数用意してくれているか、自社が抱える課題を根拠を持って分析できているかをよく考え、利用する業者を決めてください。

見積もりに曖昧な点はないか

見積もりに曖昧な部分があると、知らない間に様々な料金が上乗せされて見積もり時よりも遥かに高額な料金が請求されるなどトラブルに繋がります。したがって、契約時にしっかり報酬に関する取り決めを行いましょう。

まとめ

売上が伸びない、営業ができる人材がほしいなどの悩みを解決したいなら、営業代行業者を積極的に活用しましょう。ただし、業者によってできることや得意分野が異なるので、業者に関する下調べを行う、入念な打ち合わせをしたうえで契約してください。

また、営業代行を依頼するほどでもないけれども、業務効率を上げたいと思っているなら、Salesforceの導入を検討してみると良いでしょう。ただし、「活用できる人材がいるか不安」「IT分野に詳しい人が社内にいない」などの悩みがあるなら、導入支援サービスに依頼するのがおすすめです。
こちらの記事「Salesforce(セールスフォース) 導入支援とは?各業者の特徴・料金を比較」にて詳しく解説しているので、気になる方はチェックしてみてください。