クラウド会計ソフトとは?システム導入のメリットやおすすめ一覧なども紹介

お金に関するデータや書類を扱う経理業務は、煩雑な一方で効率化しやすくもあります。効率化の手段はたくさんありますが、特に効果を見込めるのがクラウド会計ソフト活用です。導入しやすく操作が簡単で、近年さまざまな企業に広まっています。

ただ、メリットだけでなくデメリットもあり、両者を把握した上で導入の是非の検討、そしてソフト選びをするのが大切です。

本記事ではクラウド会計ソフトについて、そのメリット・デメリットとおすすめソフトを紹介していきます。経理業務効率化の参考にどうぞ。

クラウド会計ソフトとは

クラウド会計ソフトとは、インターネットのクラウド上で動く会計ソフトのこと。

従来の会計ソフトは、PC1台ずつにインストールして使っていました。ソフトが入っていないPCだと操作できず、離れた場所で操作できなかったり、複数人での作業ができなかったりといった欠点があったのです。
一方、クラウド会計ソフトはネット上のサーバーを介してデータのやりとりを行うので、上記の問題を解決できます。この利便性の高さから、近年急速に普及中です。

クラウド会計ソフトのメリット

次に、クラウド会計ソフトのメリットを解説していきます。

ネット環境があれば、どんな場所からでも操作できる

1つめは、インターネット環境さえあれば場所を選ばず操作できること。外出先で急にデータを確認したくなった際でも安心ですし、リモートワークにも便利ですね。

また、スマホからでもアクセスできるため、いちいちノートPCを開く手間がかかりません。

作業にかかる時間が減る

2つめは、作業にかかる時間が減ること。

クラウド会計ソフトには銀行口座やクレジットカードとの連携機能があり、これらの情報をシステムへリアルタイムに取り込めるだけでなく、ほとんどの仕訳作業を自動でしてくれるのです。

これにより、今まで大変だったデータ整理の効率が大幅にアップします。

簿記の知識がなくても利用できる

3つめは、簿記の知識がなくても利用できること。

クラウド会計ソフトのなかには、複式簿記の計算をおこなってくれるものもあります。そのため、事業主に簿記の知識がなくとも利用できます。収入と支出の入力さえすればソフトが決算書まで作成するので、パソコンが苦手な人や経理を雇っていない事業主にもおすすめです。

常に最新のバージョンを利用できる

3つめは、常に最新のバージョンを利用できること。

従来のソフトだと、バージョンアップの度に再購入や更新をしなければなりませんでした。一方、クラウド会計ソフトならベンダーが自動でアップデートしてくれるのです。

コスト削減になりますし、最新のセキュリティや機能が使えるのもありがたいですね。

クラウド会計ソフトのデメリット

便利で手軽なクラウド会計ソフトにもデメリットは存在します。以下の2点は把握した上で導入を検討しましょう。

ネット環境がないと使えない

ネット環境下であれば場所を選ばず使えるメリットは、裏返せば、ネット環境下でないと使えないというデメリットにもなります。

ネット回線に障害が起きたり、出先でWi-Fiが入らなかったりすると、作業したいのにできない……なんてことも。スマホのテザリング等、非常用の手立ては持っておきましょう。

税理士によって対応していない場合もある

税理士によっては、クラウド会計ソフトに対応していない場合もあります。特に年配の方だと、この傾向は強いですね。

なので、導入前に今お願いしている税理士との相談は必須です。

代表的なクラウド会計ソフト

ここからは、代表的なクラウド会計ソフトを紹介していきます。それぞれの特徴や料金を比較し、自社に合ったものを選びましょう。

マネーフォワードクラウド

画像:マネーフォワードクラウド公式サイト

「マネーフォワードクラウド」は、金融機関レベルのセキュリティが強みのソフトです。情報の外部流出は企業の信用に関わるため、この点は非常に重要です。

実際の操作においては、複数の明細の仕分けが一括でできるのが特徴。これにより、提携作業を大幅に効率化できます。

【サービス内容】
初期費用0円
1ヶ月の無料トライアル
対応金融機関数No.1
初心者向け導入サポートあり

【料金】
スモールビジネス…月額3,980円/年額35,760円
ビジネス…月額:5,980円/年額:59,760円
エンタープライズ…要相談(上場企業向け)

*月800円~の個人事業主向けプランもあり

【マネーフォワードクラウドのサービス詳細はこちらから】

freee

画像:freee公式サイト

「freee」は業界シェア率4割と、最も利用者の多い会計ソフトサービスです。

最大の特徴は、他のクラウド会計ソフト以上に、簿記の知識を必要としないこと。自動仕分け機能が充実しているので、専任担当者でなくとも作業可能です。

ほかにはレシートの読み込みといった便利な機能も備わっています。

【サービス内容】
1ヶ月の無料トライアル
スマホやタブレットにも最適化されている
仕訳の自動提案ではなく自動登録が可能

【料金】
ミニマム…月額2,380円/年額23,760円
ベーシック…月額4,780円/年額47,760円
プロフェッショナル…月額47,760円/年額477,600円

*個人向けプランもあり

【freeeのサービス詳細はこちらから】

弥生

画像:弥生会計オンライン公式サイト

「弥生会計オンライン」は、オペレーターによるサポートが充実していて、初心者の方でも安心して導入できる会計ソフトです。運営会社である弥生は、20年以上にわたって会計ソフトの開発をおこなってきた老舗。実績は業界トップクラスです。

同社は歴史があるだけあって、弥生会計オンラインにも対応可能な税理士が比較的多く、現在の社内体制を極力変えずに導入できる場合も多いでしょう。

【サービス内容】
初年度0円
2ヶ月の無料体験
月額経費精算サービス「Staple」を無料で使用可能

【料金】
セルフプラン…年額26,000円
ベーシックプラン…年額30,000円

【弥生会計オンラインのサービス詳細はこちらから】

まとめ

今回はクラウド会計ソフトについて、メリット・デメリットや代表的なサービスを紹介してきました。

手軽かつ簡単に使え、業務効率アップが望めるのは魅力的ですね。実際、会計業務にクラウド会計ソフトを導入するのは一般的になっています。

ぜひ、いろいろなサービスのお試し期間を利用して、UIや機能などを比較検討してみてください。