ECサイト運用代行とは?利用するメリット・デメリットと費用を解説

現代では、買い物を実店舗ではなくネットで済ませる人が増えています。近場にお店がなくても、新型コロナウイルスの影響で外出ができない時でも、スマホ1つで気軽に買い物を楽しむことが可能です。

企業からすれば、24時間いつでも顧客と接触でき、さらに商圏を取り払えるため、販路拡大の手段として活用を検討する担当者の方も多いでしょう。

ただ、ECサイトの運用は手間がかかり大変なので、忙しい業務の中で安定した運用を続けるのは容易ではありません。

そこで今回は、今人気のEC運用代行について、利用するメリット・デメリット、費用などを解説します。ぜひ本記事を参考に、自社に合ったEC運用代行を検討してみてください。

ECサイト運用代行とは?

ECサイトは、商品の紹介や受注・在庫管理・発送など様々な役割を担います。お客様が多い人気店だとこれらの業務も盛んに発生するため、円滑に運用するのが大変です。

そんな大変な業務を一部、あるいは全部請け負ってくれるのがECサイト運用代行です。

ECサイト運用代行に依頼できる仕事内容は、大きく分けて「フロント業務」と「バックエンド業務」の2種類に分かれます。

 

依頼できる仕事内容
フロント業務 ・戦略立案
・商品企画
・ECサイトの制作
・サイトの分析と改善
・キャンペーン、集客
バックエンド業務 ・商品の撮影、登録
・受注、発注作業
・在庫管理
・発送業務
・アフターフォロー

フロント業務では、売上を上げるための戦略を練ったり実行したりします。ECのノウハウがない企業や、うまく売上が伸ばせず困っているという企業にとって、非常に心強い味方となるでしょう。

一方、バックエンド業務は商品管理を中心とした業務です。出品商品を撮影・登録したり、注文が入り次第対応したりなどの裏方業務がメインとなります。

ECサイト運用の業務はこの2種類に大別されますが、細分化すると実に様々な業務があるため、依頼したい仕事内容に合わせて代行業者を選ぶことが大切です。

ECサイト運用代行を使うメリット


ECサイト運用は実店舗を持たないので、少人数の社員で運用が可能です。そのため、「わざわざ運用代行を利用するメリットがよく分からない」という方もいるでしょう。

しかし、人気のECサイトを持つ企業の多くが、運用代行を利用している現状にあります。では、なぜ運用代行に依頼すると良いのか、具体的なメリットについて解説します。

採用・育成のコストを削減できる

ECサイト運用を代行業者に依頼すれば、人手が足りなくても人員補充の必要がないので、採用や育成に関するコストの削減が可能です。

新型コロナウイルスの影響で思うように買い物を楽しめない昨今、自宅で気軽に買い物ができるECサイトは益々需要が高まっています。そのため、ECサイト規模の拡大を検討中の方もいるでしょう。

しかし、規模を拡大させるにはそれだけ人手も必要になります。新しく社員を雇えば、月々の人件費はもちろん備品や研修など多額のコストがかかります。

一説によると、正社員1人にかかる費用は給料の1.5~3倍程度。月給20万円で雇用すれば、30~60万円もかかるので、雇用人数に合わせてどんどんコストが膨らんでしまいます。

一方、代行業者であれば月々10~20万円程度で利用できるところもあるので、コストを約1/3以上削減できます。

下記では人件費について詳しく解説しているので、「代行業者との費用比較のためにもう少し人件費のことを知りたい!」という方は、ぜひご覧ください。

正社員を雇う費用!社員1人にかかる費用ってどれくらい?

ノウハウがなくても売上アップが可能

代行業者には、ECサイトを利用した売上アップのノウハウを持っているスタッフがいます。

「ECサイトを始めたばかりで、どうすれば売上が上がるか分からない・・・」
「思うように売上が伸びない現状を打破したいけど、具体的に何をしたらいいか分からない・・・」

このような悩みに対し、専門のノウハウを持つスタッフが力になってくれるでしょう。

特に、最近はEC市場の需要が高まっていることからライバルも多いため、ノウハウなしで売上を上げるのはなかなか難しいもの。フロント業務を代行してくれる業者であれば、戦略分野に長けているため、ライバルたちに負けない運用が期待できます。ECサイト運用に力を入れたい企業にとっては大きなメリットと言えますね。

他の業務に集中できる

代行業者に運用の一部、あるいは全部を任せることで、社員を他業務に集中させられます。コア業務に人員を割きやすくなるので、企業全体の生産性アップも可能です。

店舗のように開店・閉店時間がなく、24時間365日いつでも買い物ができるECサイトには、どのタイミングで注文が来るか分かりません。注文に対してスムーズに対応できるようパソコンに張り付いていたくても、他業務の存在を考えると難しいですよね。

しかし、代行業者が適宜対応してくれる体制を整えることで、社員は安心して他業務に集中できるようになります。注文が入ったかどうか気になって注意散漫にもならないので、仕事の精度が落ちる心配もないでしょう。

ECサイト運用代行を使うデメリット


ECサイト運用代行は、様々な業務を依頼できるので便利です。

しかし、依頼する上でデメリットとなり得るポイントもいくつかあります。メリットだけ見て業者と契約すると、後悔につながる恐れもあるため、デメリットもしっかり理解しておきましょう。

社内にノウハウが蓄積しにくい

ECサイト運用を代行業者に任せっぱなしになると、ノウハウが社内に残りづらくなります。万が一、代行業者がサービスを停止するなどの事態に直面した際、今までのような運用ができなくなれば、経営に大きなダメージを与えかねません。

面倒なノンコア業務を依頼する程度であれば、いざという時も対処できるでしょう。しかし、戦略などECサイト運用の要となる部分まで任せる場合には、代行業者の運用方法をあらかじめ資料に残すなどの対策が必要です。

自社での運用に切り替えにくい

「EC市場で生き残れる人材育成をしたい」などの理由により、代行業者から自社での運用に切り替えたい場合もあるでしょう。そうした際に、運用業務のほとんどを代行業者に依頼している状態だと、切り替えが難しくなります。

特に、売上規模が大きいと切り替えのハードルが高くなるため、人員の確保など体制を整えるまでに時間もお金もかかる覚悟をしなくてはなりません。

ECサイト運用代行にかかる費用はどれくらい?


ECサイト運用代行の料金システムには、「成果報酬型」「月額固定型」「複合型」の3種類があります。

  • 成果報酬型:「売上の◯%」のように、売上ごとに費用が変動する
  • 月額固定型:毎月決まった金額がかかる
  • 複合型:「売上◯%+◯万円」や「売上◯%+初期費用」のように、複数のポイントを組み合わせて費用が決まる
相場 メリット デメリット
成果報酬型 売上の5~10% ・売上が少ない月は少額の費用で済む ・売上が多い月に多額の費用がかかるため、利益を残しにくい
月額固定型 10~30万円 ・予算管理しやすい・決まった費用以上に請求されないため、利益を残しやすい ・売上が少ない時に費用の負担が大きい
複合型 ・売上%が低めに設定されているため、費用が安く済む可能性がある ・費用が計算しにくい

成果報酬型は、売上から費用が決まるタイプです。売上が少なければ費用も少額で済むので、企業への負担が少ないと言えます。

そして、月々の費用が決まっている月額固定型は、予算を管理しやすいのが特徴です。成果報酬型のように、売上が多い月に費用もたくさん請求されることもないため、利益を残しやすいのもメリットでしょう。

複合型は、売上の数%だけでなく、月額料金や初期費用も払わなければならないので、%は低めに設定されていることが多いです。そのため、総額で見ると費用が安く済む可能性もあります。

おすすめのECサイト運用代行

売上アップのためにECサイトの規模を拡大させるなら、サポートしてくれる代行業者の存在は必要不可欠です。

ただ、代行業者と一口に言ってもサービス内容や費用は様々なので、どこに依頼したら良いか悩みますよね。そこでここからは、ECサイト運用代行でおすすめの業者を3社紹介します。

フジ子さん


引用:フジ子さん | オンラインアシスタント 月額4.7万円~ 1ヶ月利用も可

おすすめポイント ・実務経験を持つスタッフが対応してくれる
・月額4.7万円~と業界最安値の価格設定でコスパが良い
・ニーズに合わせて気軽にプラン変更が可能

「フジ子さん」は、優秀なアシスタントが多く在籍する人気のオンラインアシスタントサービスです。雑多なバックエンド業務をアウトソースできるため、依頼主は経営戦略などのコア業務に専念することができます。

さらに、費用はフルタイム(月160時間)利用した場合で時給1,390円~。派遣社員を雇うより安い上に、高スキルのスタッフが仕事をしてくれるので、コスパが良いと人気です。

業界水準の半額程度という価格設定で、多くの企業から支持されているフジ子さん。品質面と費用面の両方で満足度の高い代行業者を探している方におすすめです。

「フジ子さん」公式サイトはこちら

サヴァリ株式会社


引用:ネットショップ運営代行・ECコンサルティングのサヴァリ株式会社

おすすめポイント ・自社運営やモール型店舗の運営など様々なニーズに対応可能
・広告分析に強いため、効果的な広告運用もできる
・EC業界で10年以上経営してきた信頼と実績がある

「サヴァリ株式会社」は、EC業界で10年以上の経営実績を持つ有名代行業者です。経験豊富なスタッフが在籍しているため、自社運営からAmazonなどのモール型まで幅広く対応可能。EC事業における様々な悩みを解決に導きます。

また、広告運用を得意としているのもサヴァリ株式会社の大きな特徴の1つです。商品の魅力を効果的に宣伝し、広告実施後はどのような効果が見られるかを測定・分析してくれます。ECサイトの成長を総体的にサポートしてくれるので、心強いパートナーになってくれますよ。

「サヴァリ株式会社」公式サイトはこちら

株式会社302


引用:トップページ|株式会社302

おすすめポイント ・売上400%アップ等、運営経験が豊富
・格安の料金プランなので安心して契約できる

「株式会社302」は、売上400%アップの実績を持つ実力派代行業者です。楽天で年間5億円を売り上げたスタッフがサポートについてくれるため、売上アップを重視したい企業から人気を集めています。

「それだけの実績があるなら料金が高いのでは?」と思う方もいるでしょう。しかし、売上が100万円までなら5万円の固定料金のみ、売上100万円以上なら5%の成果報酬で固定料金無料と格安です。

低売上の企業でも利用しやすい価格感なので、ECサイトを大きく成長させたい方におすすめします。

「株式会社302」公式サイトはこちら

まとめ

ネットでの買い物が主流となりつつある現代、EC市場には数え切れないほどのライバルが存在します。その中で埋もれることなく着実に売上を作るためには、ECサイトの知識を持ってうまく運用していく工夫が必要です。

ECサイト運用代行には、マーケティングや広告など様々な専門知識を持つスタッフがいます。効果的に売上アップを狙えるため、独自のやり方を模索するより効率よくECサイトを成長させられるでしょう。

ECサイトでしっかり売上を作りたい企業は、ぜひECサイト運用代行を検討してみてはいかがでしょうか。