海外リサーチとは? 海外調査方法や費用の削減方法をご紹介

 

ビジネスの為に、海外進出や海外向けの商品作り・開発をする事になったら、まずは
海外リサーチをしなくてはなりません。
国内で事業を行うのとは違い、現地の法律や文化、慣習までを知る必要が出てくるでしょう。

ネットで調べても膨大な情報の中、必要な情報が出てこなかったり、情報に限度があったりするので、市場調査はどのようにすればいいのか悩んでしまう事もあるのではないでしょうか。

海外調査で、よりリアルタイムな情報やパネルデータを得るにはどうすれば良いのでしょう。

調べたい情報を明確にし、海外調査を専門業者に依頼する事で質の良い情報を得る事が出来ます。

費用がかかるというデメリットはありますが、プロによる調査ならではの海外リサーチ情報を得られる事はメリットです。

海外調査をする上での費用相場よ費用削減方法を、ご案内していきます。

海外リサーチとは

海外リサーチは、必要な現地の市場規模・競合企業の動向・現地の流通環境・生活者、消費者の実態・現地で受容される趣向、傾向などを調査した上で、自社の強味や弱みを明確にし、ビジネス展開の戦略に役立てる為に行う事です。

例えば、現在国内で販売している自社のスポーツドリンクをアメリカでも販売する際、その国の消費者の飲用理由や思想を知る必要があります。

対象国の市場を、日本や類似国と比較・分析する事でニーズに合った商品の開発が出来るのです。

海外リサーチを依頼する前に、リサーチの目的、必要な国、どのような事をリサーチする必要があるのかという事を明確に決めておきましょう。

海外リサーチ、調査を行う目的

海外調査が必要な目的も様々でしょう。

目的により、市場調査の範囲や事柄も変わると思います。

新商品の開発や商品の改良の為

対象国のユーザーのニーズや傾向を知る為に、事前のマーケティングは欠かせないものです。
既存の商品でも、日々動きのある市場に対応する為に改良が必要な場合もあります。

正確な判断をする為に、自社商品の向上に繋がる有益な情報と正確な回答、分析を得られる事は、商品の開発やサービスの向上にプラスに働くでしょう。

競合企業の動向調査

競合他社の状況や情報を知る事は、自社の商品開発やサービスの差別化に生かす上で重要な事です。

日本のビジネスを行う時にも競合調査を行いますが、海外ビジネスでも当然競合企業の調査を行います。

海外リサーチを業者に依頼する事で、より生きた情報や分析を得られます。

どのような企業がいるのか、どのようなビジネス展開で成功しているのか、失敗しているのかを把握する事で、自社の事業戦略を成功に導く事が出来るでしょう。

海外進出・事業拡大

海外進出や事業拡大の為に海外調査を行うのであれば、進出先の企業情報・社会情勢・法規制や税制・人材・慣習など、幅広くかつ詳しい情報を得る必要があります。

現在は世界中で名が知れ渡っている日本の企業も、企業展開 当初は失敗も少なくないようです。

自社のプロジェクトを成功させる為にも、海外に進出した企業がどのような事が原因で失敗したのか等も調査を依頼するようにしましょう。

海外リサーチでの調査方法

どのようなリサーチ方法が、自社の為になり有益になるのか、様々な調査方法の中から選択していきましょう。

方針や目的に合わせたアプローチ方法を見つけていきましょう。

デスクリサーチ

PCやスマートフォンがあれば、簡単に検索は出来てしまいますが膨大な量の情報の中から、本来 必要な正しい情報をピックアップしていくには検索力が必要です。

特に、検索結果には『SEO』上位表示対策がなされている為、必ずしも上位にある情報が有益とは限らず、焦点を絞った回答をさがすには、大変な労力を伴います。

さらに市場の動きは日々変化するのもです。
例えば掲載日が最近のものであっても、掲載されているデータが最新のものでは無い場合もある為、より注意が必要です。

海外現地調査・海外コンサルタント

クラウドソーシングや海外コンサルタント業者を活用し、対象国に在中しているコンサルタントに依頼します。

電話やメールで依頼が可能でなっています。

海外調査専門会社では、各国現地に現地法人や現地スタッフを雇っているのでより現地の動向に深い情報と最新の情報を得られる事が出来ます。

現地の細かな習慣にも精通しているスタッフや、海外現地調査専門スタッフによる調査は、現地ならではの有益な情報を期待出来ます。

費用相場にバラつきはありますが、10~300万近く費用がかかる所多いので、コストを抑える事に関しては難しいでしょう。

オンラインサービスを活用する

オンラインアシスタントはインターネットを活用して業務のサポートを依頼出来るサービスです。

海外調査を依頼する事が出来ます。

案件ごとや、月々の定額費用の中で依頼する事が出来ます。

電話やメール、問い合わせフォームから簡単に依頼や相談する事が出来、レスポンスが比較的早いので、調査の進み具合や疑問や質問の対応が早いです。

業者は、数多くある為 自社の目的に合った所を慎重に選びましょう。

1か月契約で5万円前後~の依頼が可能です。

依頼内容等により変動はあります。

オンラインアシスタントとは?仕事範囲や料金相場【事例プレゼント中】

 

海外調査、リサーチの費用・相場

海外現地調査やコンサルタントに依頼した場合の費用の相場を調べました。

海外現地調査・コンサルティングは、調査金額は5~100万円を超えるなど、希望調査や細かな依頼内容、業者によって料金のバラつきがあります。

翻訳料が別途かかる事が多い為、どうしても高額になりがちです。

海外リサーチで費用削減するにはオンラインアシスタントがオススメ

海外調査に、オンラインアシスタントを活用すれば、低コストで海外リサーチをする事が出来ます。

プロによる海外調査に加えて翻訳する事も可能ですし、インターネットを活用して連絡を取り合う事が出来る為、レスポンスも、対応も早いです。

業者によって料金設定は異なりますが、月額料金の中で業務を依頼すればコストを抑える事が出来ます。

実績、経験値の高いオンラインアシスタント業者を選べば、有益な情報とサポートが期待出来るのでオススメです。

比較的リーズナブルな所だと、1か月 5~10万円程で依頼する事が出来ます。

オンラインアシスタントサービスとは?料金やおすすめの会社、メリット、選び方

 

まとめ

ビジネス等で、海外リサーチが必要になった時、その方法としては、デスクリサーチ、海外現地調査・コンサルティング、オンラインアシスタントという方法がありました。

デスクリサーチは膨大な量の情報からの有益な情報の見極めの困難さ、情報の正確さなどの不明瞭になりやすい点がありますが、コストはかかりません。

海外現地調査・コンサルティング等の場合は、現地のスタッフによる最新情報の期待が大きいですが、高額なコストがかかります。

オンラインアシスタントは、月額料金の中で、専門スタッフによって海外リサーチを行ってくれる為、低コストで正確な情報を得る事が出来ます。

自社にあった海外調査方法を選定してください。