SNS運用とは?その重要性とSNS運用代行に依頼するときのコツ

SNS運用とは、マーケティングやブランディングのためにSNSアカウントを運用することdです。今や、企業にとって当たり前の取り組みになっていますね。

日常的に利用しているぶん、使い方自体はよく分かっている方も多いでしょう。しかし、企業アカウントとなると注意すべきことや運用のコツが変わってきます。
実際のところ、SNS運用を理解しきれていない人は少なくありません。

そんなSNS運用の悩みは、SNS運用代行を利用すれば解決できます。

本記事では、SNS運用の重要性やSNS運用代行を選ぶポイント、おすすめのSNS運用代行の紹介などをお伝えします。少しでもSNS運用に興味のある人は、ぜひ読んでみてください。

SNS運用とは?


SNS運用とは、会社のイメージアップや商品の宣伝活動などのためにSNSアカウントを運用することをいいます。イメージするのはSNSへの投稿かもしれませんが、それだけではありません。コメント返信や広告出稿、アクセス解析など、やることは多岐にわたります。

自社でSNS運用ができたらコストを抑えられるものの、プライベートな投稿とは違った性質を持っているので、SNS運用会社を利用する企業も多くあります。
たかが数十文字と画像の投稿であっても、不慣れな人にとっては大きなストレスになります。さらに、間違った内容の投稿をしてしまうリスクが潜んでいるので簡単なではありません。自社では対応しきれないなら、代行会社に依頼したほうがベターでしょう。

SNS運用の重要性


もう既にSNS運用の重要性についてお気づきかもしれませんが、さらに詳しく解説します。ポイントは、多くの人が、商品やサービスの検索ツールとして利用しているという点です。

7割がSNSを利用している

少し古いデータですが、2016年時点でも10~60代男女のSNS利用率は70%を超えていることが総務省の調査で分かっています(*1)
そこでは、代表的なSNSが6つ挙げられています。

  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • mixi
  • Mobage
  • GREE

この6つのSNSのいずれかを利用している人が、2016年時点で71.2%いたのです。スマートフォンの普及に合わせてSNSの利用が定着してきています。

さらに、平日1日あたりのモバイルからのインターネット平均利用時間が61分という結果も。

10代では108分、20代では125分と多くの時間を割いており、2つのデータを総合して考えると、とりわけ10代・20代を中心した若者はSNSを頻繁に活用しているのです(*2)

さらに、中高年世代にはFacebookが根強い人気があります。それぞれの年代に合ったSNS運用が考えられるでしょう。

*1:参考:総務省|平成29年版 情報通信白書|SNSがスマホ利用の中心に
*2:参考:総務省|情報通信白書|生活の中心になりつつあるスマホ(4年間の質的変化)

商品やサービスの検索ツールとして活躍

何かを検索するとき、あなたはどのツールを使っていますか?GoogleやYahoo、Bingといった検索エンジンはもちろん、TwitterやInstagramといったSNSを検索ツールとして利用している人も少なくありません。

例えば、Instagramで「#渋谷美容院」と検索すると、さまざまなヘアカタログと一緒に渋谷にある美容院が表示されます。もし、美容院を経営しているなら、地域名のついたハッシュタグをつけて投稿したほうが良いでしょう。

同じ考え方で飲食店を経営しているなら「#渋谷カフェ」や「#渋谷ランチ」などハッシュタグをつけてと投稿するのがおすすめです。

SNS運用の悩みは代行会社で解決する


「SNS運用の大切さが理解できたが、どう行動したら良いか分からず、それに当てる時間も人員もない」という場合は、SNS運用代行会社に委託することをおすすめします。

SNS運用代行会社はどこに注目して選べば良いのでしょうか。そのチェックポイントをご紹介します。

  • たしかな実績を持っているか
  • 媒体や業種、ターゲットが合っているか
  • 費用は高すぎないか

例えば、のべ何社のSNS運用を代行したか、どのような運用支援の実績があるかは大切なチェックポイントになるでしょう。

また、SNSはその媒体によって投稿内容やプロモーションが変わってくるので、自社の業種との適合性やターゲティングの軸がずれていないか確認しましょう。

そして、いくら良くても費用が高すぎて継続できないようだったら有効活用できません。かけられるコスト内で収まるか、あらかじめ確認が必要です。そこで、参考のためにSNS運用代行の費用相場をご紹介します。

SNS運用代行の費用相場


あくまでも参考値ですが、SNS運用代行の費用相場は以下通りです。

代行内容 費用相場
・記事の作成・投稿作業 月額10万円以下
・記事の作成・投稿作業・コメント対応・成果レポートの提出 月額20~30万円ほど
・記事の作成・投稿作業・コメント対応・成果レポートの提出
・SNSを活用した広告運用・定期的なミーティング
月額50万円以上

代行してもらう範囲をどう設定するかがポイントです。また、利用者数やフォロワー数が増加して成果が見えると、それに応じて料金が高くなることがあります。

おすすめのSNS運用代行会社


費用相場が分かったところで、おすすめのSNS運用代行会社を2つご紹介します。いずれもサービスの質が良いと好評です。

フジ子さん

オンラインアシスタントの「フジ子さん」は、SNSの運用代行はもちろんのこと、画像の加工や編集もしてくれるので、注目を集める投稿内容にしてくれます。

  • 1週間で2時間稼働の無料トライアルがある
  • 経理や総務など幅広い業務と一緒に頼むこともできる
  • 必要なときに必要なだけ頼めるシステム

メリットが大変多くあるので、既にいる社員では手が回らないなら、オンラインアシスタントの「フジ子さん」に解決してもらいましょう。時給1,100円の社員採用と同じコスト感覚でSNS運用を任せられると好評です。

無料プランで試せるのも魅力なので、お気軽にお問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

サイバー・バズ

「サイバー・バズ」はSNSプロモーションの実績が大変豊富です。とりわけSNS運用で悩むのは企画だとよくいわれますが、「サイバー・バズ」なら、企画から制作・投稿・振り返りまでSNSアカウントの運営を全ておこなってくれるのです。

  • SNSアカウント運用専門チームによるノウハウが凝縮されている
  • インフルエンサー事業を手がける
  • 分析結果を毎月レポートにまとめて次月の改善をおこなう

ただし、料金は基本プランでも月額35万円から。カメラマン選出や写真制作、写真選定/利用許諾取得は含まれません。

もし、カメラマン選出や写真作成を代行内容に入れるとなると、月額70万円からのプランに切り替える必要があります。専門家たちが有益なプロモーションをしてくれるはずですが、少し高いと感じるかもしれません。

まとめ

スマートフォンが当たり前のように普及した現代では、SNSを利用している人は大勢います。そのユーザーはSNSで何気なく見た商品やサービスに親しみを持つことも少なくないようです

「素敵な写真を投稿するから」「投稿内容が面白いからいいねする」と少しずつファンになっていく人もいるでしょう。

SNS運用に本腰を入れるなら、専門家の知恵を借りてみませんか?ぜひ一度、気軽に問い合わせてみてください。