amazon出品代行とは?商品登録代行の費用や外注業者選びのポイント

amazonの出品作業ってすごく大変ですよね?

「梱包作業ってけっこう時間がかかるんだよな」
「問い合わせ対応が面倒なんだよな」
「出品コメント考えるのが苦手なんだよな」

もしも、あなたが上記のような悩みを抱えているなら、ぜひ活用してもらいたいのがamazon出品代行です。商品登録や検品、梱包といった手間のかかる作業を代行してくれます。

しかし、いきなり出品代行が良いと言われても、具体的にどんな作業を代行してくれるのか、費用はいくらぐらいなのかなど、何かと分からないことも多いでしょう。

そこで今回は、amazon出品代行の業務内容、メリット・デメリット、費用の相場、おすすめの代行業者を解説します。

amazon出品代行とは?

amazon出品代行とは、商品の販売に際して必要な出品作業を代行してくれるサービスです。

出品作業は主に以下の作業が該当します。

 検品作業
 写真撮影・コメント記入といった商品登録
 梱包・発送作業

業者によって、どこまで代行してくれるかは異なるものの、基本的には上記の業務を代行してくれます。

出品作業の大半を代行してくれるため、商品の仕入れに専念したり、自分の時間を有意義に使ったりすることが可能です。

ただし、代行するには手数料がかかるので、計画的に活用しなければ、せっかく商品が売れても粗利益はマイナスとなりかねません。

どの業者がどこまで請負ってくれるのか、費用がいくらなのか把握して、利益と経費のバランスを緻密に考えた上で使うことが必須です。

amazon出品代行が行う業務・仕事内容

代行業者は、amazon出品に関する業務を行いますが、具体的にどんな作業を代行してくれるのか理解しておきましょう。そうすることで、実際に利用する際のイメージが湧きやすくなります。

写真撮影・コメント記入といった登録業務

amazon出品代行なら、商品の写真撮影や製品の説明コメントを考えて、商品をamazonへ登録してくれます。

普通は、商品の写真を様々な角度から撮影して、製品情報を詳細にコメントする必要があります。これが意外に手間がかかる作業なんですよね。

思い通りの綺麗な写真が撮れずに何度も撮影をしたり、製品情報を調べて分かりやすくまとめようとしても、なかなか綺麗な文章ができなかったりします。

その点、amazon出品代行を利用すれば、

「写真が上手に撮れない」
「製品情報がうまくまとまらない」

といった心配はありません。

プロがユーザーに分かりやすいように、写真を撮ったりコメントを考えたりして業務を遂行してくれます。面倒な手間が省ける上に、売上アップに繋がる登録をしてくれるので一石二鳥ですね。

検品作業

商品に不備はないかなどをチェックする検品作業を請負ってくれます。

商品が新品なら、値札を剥がす必要があります。中古であれば、動作確認やクリーニングなどの検品作業が必須です。

これらの検品作業は、怠るとクレームの原因となるため、しっかりと行う必要がありますが、自分で全て行うと意外に時間と手間がかかる作業です。

そこで代行業者を利用すれば、面倒な検品作業を全て請負ってくれるので、手間が省ける上に、プロの手による検品によって商品の不備を見落とすリスクも低くなります。

検品は繊細な作業ですが、プロに任せれば確実かつ丁寧に作業してくれるので安心です。

梱包・発送

商品を梱包して発送する業務も代行業者が請負ってくれます。

最近は、インターネットから発送依頼をして、自宅まで受け取りに来てくれます。

しかし、面倒な作業であることには変わらず、

「たくさんの梱包・配達依頼をするのが大変…」
「宅配業者が受け取りに来るまで出掛けられない…」

といった思いを感じる方も多いのではないでしょうか?

中古品ばかり扱っていると梱包もより丁寧に行う必要があり、20商品分作業をしようとすると2~3時間はかかってしまいますよね。

その点、amazon出品代行を利用すれば、プロが丁寧に梱包してくれるので、商品が破損する心配もなく、宛先を間違えるといった発送ミスも軽減できます。発送作業に疲弊している人にはおすすめです。

amazon出品代行に委託、外注するメリット

amazon出品代行に委託・外注するメリットについて解説します。単純に手間と時間が省けるだけではないので、あなたにとってメリットがあるのか見ていきましょう。

<商品を管理する手間が省ける/h3>
amazon出品代行を利用すれば、商品を管理する必要がなくなります。

商品の販売をしていると、思い通りに売れる訳ではありません。仕入れをしてから売れるまでに時間がかかれば、その商品は自宅などで管理しなければなりません。

しかし、自宅などで管理していると、扱いが雑になって汚れかキズ、故障といった損傷を与える恐れがあります。

その点、amazon出品代行を利用すれば、プロが適切な管理をしてくれるので、商品の損傷・劣化を防ぐことが可能です。良い商品を届けることは、リピートしてもらう理由にもなるので長く続けていくには大きなメリットとなります。

商品の情報を分かりやすく伝えてくれる

amazon出品代行を利用すれば、商品の写真を上手に撮ったり、分かりやすいコメントを書いてくれたりして、商品の魅力を正確にユーザーへ届けてくれます。

amazonを利用したことがあるなら、

「写真に写ってない部分が気になるんだよな…」
「この機能が必要なんだけど、説明には有無が書いてない…」

といった経験がありますよね?

万が一情報が不足していると、ユーザーはわざわざ問い合わせてまで買おうとはせず、「他の商品を探そう」と考えます。これは非常にもったいないことですよね。

その点、amazon出品代行を利用すれば、綺麗な写真を様々な角度から撮影して、製品情報を余すことなく明確に記載してくれます。これによって、興味を持ってくれたユーザーは、実際に購入した際のイメージがしやすくなり、購買意欲の向上に繋がります。

amazon出品代行に委託、外注するデメリット

amazon出品代行を利用するデメリットについて解説します。一見するとメリットばかりに見える出品代行にも、デメリットはあるので理解した上で利用すべきか判断が必要です。

商品が販売されるまでに時間がかかる

amazon出品代行を利用すると商品がサイト上で販売されるまでに時間がかかります。

商品を検品して梱包、発送する場合はFBAというamazonの倉庫へ送ります。それを自分で行えば通常2~3日程度で受理されて販売が開始されます。

しかしamazon出品代行を利用すると

 代行業者の基に発送
 代行業者が検品
 代行業者がFBA倉庫へ発送

上記の流れとなるため、自分で全てやるよりも4~5日程度は時間がかかります。

今の時期だからこそ売れる商品の場合は、時間がかかることも計算して販売作業を進めなければ、「時期が過ぎてしまって売れない」となりかねません。商品ごとに出品代行を使う商品と自分で発送する商品を分けるのも良いですね。

利益が少なくなる

代行業者を利用すると料金がかかるため、利益が少なくなります。

自分で発送するよりも、代行業者を利用した方が2倍ほど費用がかかります。

代行業者は非常に便利なサービスですが、利益と経費のバランスを考えず使うと、「全く利益が出ない…」といった事態になりかねません。そのため、最初は自分で出品作業をして、利益が増えてきたら代行業者を利用といった使い方がおすすめです。

amazon出品代行の料金相場

amazon出品代行3社を調べて分かった相場は以下のようになっています。

代行業者名 月額費用 配送料
せどロジ 10,800円 スタンダード会員:80円プレミアム会員:160円
せどりガレージ 5,000円(入会金10,000円) 発送手数料:60円(商品点数ごと)配送料:80円
FBA代行センター プレミアム会員:4,900円新規・一般会員:無料 プレミアム会員:80円新規・一般会員:100円

1商品あたり80~160円程度が相場のようです。ただし、配送料は標準サイズの料金を記載しています。そのため、サイズが大きくなると費用も高くなる仕組みです。加えて、業者ごとに検品手数料、商品保管料などがかかってきますので、使う際は必ず調べてからご利用ください。

amazon出品をアウトソーシングできるおすすめの業者

フジ子さん

フジ子さんはamazon出品代行も代行してくれるアウトソーシング業者です。最大の特長は利用料金が安いということです。

TRIAL PLAN20 PLAN30 PLAN50
契約期間 1週間 1ヶ月 1ヶ月 1ヶ月
実働時間 2時間 20時間/月 30時間/月 50時間/月
月額料金 無料 4.7万円 6.9万円 9.9万円
時給換算 無料 2,350円 2,300円 1,980円

時間単価で利用できるプランも用意されています。

時間単位 利用料金
月50時間プラン 1時間あたり:2,000円程度
月80時間プラン 1時間あたり:1,500~2,000円程度
月160時間プラン 1時間あたり:1,390~2,000円程度

フジ子さんは利用契約が長ければ長いほど料金が安くなる仕組みです。そのため、amazon販売を長く続ける方にはおすすめです。

加えて、無料トライアルも用意されているので、

「使ってみて良くなかったらどうしよう…」

といった心配は一切無用です。

もちろん料金が安いだけではありません。フジ子さんにおける1年以上の継続率は90%以上となっていて、サービスの質の高さも伺えます。

フジ子さんでは、顧客と対面するメンバーと意思決定をする役員が密にコミュニケーションを取っているため、課題の把握が的確で迅速な解決策を講じてくれます。

この料金の安さとサービスの質の高さが高い継続率を実現しているのですね。

フジ子さんの詳細はこちら

SANKYO EC

SANKYOU ECはネットショップのための倉庫・物流アウトソーシング業者です。

同社では、ネット販売に必要な全ての業務を一括して請負ってくれる特長があります。

● 商品撮影・処理
● 商品データの入力
● 梱包・ラッピング
● 商品発送
● コールセンター代行
● メール送信代行

amazon販売で必要な全ての作業を一括して代行してくれるため、自分自身が面倒な管理をしなくてもスムーズな販売が実現できます。

加えて、amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングといった複数出品の場合も一括した管理が可能です。いろいろなショッピングサイトを利用したい方におすすめですね。

SANKYO ECの詳細はこちら

まとめ

今回はamazon出品代行とはどんなサービスなのか、メリット・デメリット、料金相場、おすすめのアウトソーシング業者などを解説しました。

代行業者を利用することで面倒は出品作業がなくなり、自由な時間を作れると分かりました。商品の魅力も的確に伝えてくれるので、売上アップのメリットもあります。

しかし、利用料金がかかったり、出品までの時間がかかったりといったデメリットもありました。計画的な利用をしなければ、かえって損をする恐れもあります。

利益と経費のバランスを考えた上で利用できれば、効率の良い運用ができるので、amazonで商品販売をしているなら、ぜひ検討してみてください。