従業員満足度とは?顧客満足度も上がる?事例、具体例をご紹介

労働人口減少に伴い、現代は売り手市場の傾向が強くなっています。

就職・転職者より求人数が多くなっているので、優秀な人材を確保するためには会社自体が魅力的な存在となることが大切です。

そこで注目すべきが「従業員満足度(ES)」。社員がワクワクしながら仕事に取り組める環境が社員のモチベーションアップにつながり、会社の生産性向上が期待できます。

「新入社員がすぐに退職してなかなか定着しない…」
「求人を出しているのに全然応募が来ない…」

このような悩みは、まさに従業員満足度が低い証拠。安定した雇用状態と業績アップを成功させるためにも、従業員満足度の向上は重要性が高いと言えるでしょう。

そこで本記事では、従業員満足度の意味や従業員満足度が高いことで得られるメリットを詳しく解説します。

従業員満足度を高めるにはどうすれば良いのか、具体的な方法も紹介するのでぜひ参考にしてください。

従業員満足度とは?

従業員満足度とは、社員が会社に対してどれほど満足感を得ているかを示したものです。英語表記で「Employee Satisfaction」となることから略して「ES」とも呼ばれます。

「会社に対して満足しているかってどういうこと?」という方のために、具体的な項目をいくつか挙げましょう。

  • 給料や福利厚生などの待遇
  • 労働環境
  • 職場の人間関係
  • 仕事に対するやりがい

上記のようにさまざまな視点から会社を見た時、社員がどの程度満足しているのかは仕事に向かう姿勢に大きく影響するため大変重要です。

従業員満足度が高い場合に得られる5つのメリット

経営者の中には、会社を成長させるために利益を重視してしまう方がいます。日々の売上に目を光らせ、無意識に社員のことより会社都合を第一優先にしてしまう・・・心当たりがある方も多いのではないでしょうか。

確かに会社を経営する上で利益は大切ですが、社員を顧みることで会社が得られるメリットもたくさんあるのです。

そこでここからは、従業員満足度が高いことで得られる5つのメリットを紹介します。

従業員の離職率低下

社員は会社の宝。従業員満足度が高いと社員が会社に定着してくれるため、離職率が低下し安定した経営ができます。

「人間関係が円満で毎日出勤するのが楽しい!」
「待遇がいいから安定した生活ができる!」

このように働きやすい環境が整っていれば、社員が「もっと条件がいいところに転職しようかな…」と他企業に目移りする心配もありません。

モチベーションアップによる生産性向上

会社の経営理念に共感できたり仕事にやりがいを感じられたりなどで従業員満足度が高まれば、社員の仕事に対するモチベーションも上がります。

「会社のために頑張って働こう!」と社員が売上アップに積極的になってくれるので、生産性が向上し業績アップへとつながるのです。

チームワーク向上

社員1人1人のモチベーションが上がることでチームワークが向上します。

「みんなで協力して今月のノルマを達成させよう!」など、チームで切磋琢磨することで業績アップが見込めるだけでなく、会社全体の雰囲気も良くなるでしょう。

チームで業務にあたる中で協力し合ったり思いやりをもって接せられたりするので、会社内の人間関係が円満になると期待できます。

会社のイメージアップ

ネット上に会社の口コミを投稿する社員もたくさんいます。従業員満足度が高いと良い口コミが多く投稿されるため、会社のイメージアップが期待できるでしょう。

会社の口コミは、就職・転職先を検討中の方にとって重要な参考資料の1つです。良い口コミが多い会社であれば「ここに就職したい!」と応募が集まる可能性が高いので、人手不足解消にも役立ちます。

顧客満足度アップ

顧客満足度(CS)とは、商品やサービスに対してお客様がどの程度満足したかを示すものです。

従業員満足度と対比される概念ですが、従業員満足度が上がることで顧客満足度の向上にもつながると言われています。

例えば、お客様と直接対面する接客業。従業員満足度が高い会社の社員は仕事に対するモチベーションが高いため、お客様への対応が丁寧です。

気持ちが良い接客からお客様の満足度も高まり、「この会社は対応が素晴らしいから安心して商品を買える!」と社会的評価がアップ。

最終的に利益に直結するため、顧客満足度を上げるために従業員満足度も上げることは有益と言えます。

従業員満足度を構成する5つの要素

従業員満足度を構成する要素はいくつかあります。それらを総体的に分析して社員が会社に満足しているかどうかを見極めるのですが、具体的にどのような要素があるのでしょうか?

ここからは、従業員満足度を構成する5つの要素を解説します。

経営理念への共感

「何を目標に会社を運営するのか」という経営理念に社員が共感してくれることで、会社と同じ目標に向かって仕事に取り組めるためモチベーションも上がります。

経営理念への共感に無理強いは厳禁です。「会社の経営理念を理解して業務にあたってください!」と会社都合を押し付けてしまっては、社員が嫌々仕事をする雰囲気となり従業員満足度が下がります。

社員自身が「会社の目標実現に貢献できるよう頑張りたい!」と思ってくれることが大切なので、この2つの違いをきちんと理解しておきましょう。

報酬・福利厚生に対する満足感

ただ仕事が楽しいということではなく、社員の中には生活のために仕事をしているという認識をもつ方もたくさんいます。

そうした人々にとって重要なのは報酬や福利厚生などの待遇面。

働きに見合った給料がもらえているか、社員のために豊富な手当てが用意されているかなどが従業員満足度を大きく左右させます。

働き甲斐や納得感

今与えられている仕事にやりがいを感じているか、納得しているかという点も重要なポイントです。

「本当は接客をしたいのに、上司に雑用ばかり任される…」

そのような状態では、毎日の仕事に働き甲斐を感じられないため従業員満足度も上がりません。

社員に仕事に対するモチベーションを上げてもらうためには、社員1人1人がどのような仕事をしたいと思っているのかを理解し、挑戦の機会を与えることが大切。自分の仕事に納得し働き甲斐を感じられることで従業員満足度も上がります。

社会・業績への貢献度

自分の頑張りを評価されるのは誰だって嬉しいものです。

「〇〇さんのおかげで集客がうまくいって売上が上がったよ!」
「いつも丁寧な電話対応をしてくれるからお客様の機嫌が良くて助かるよ!」

このように、会社に貢献できていると実感することで「もっと頑張ろう!」というモチベーションアップにつながるため、従業員満足度が高まります。

労働環境の快適さ

職場は1日の1/3程度の長い時間を過ごす場所。自宅とまではいかなくても、快適な環境を整えなければ社員はのびのびと仕事ができません。

例えば、多くの従業員が気にする労働環境には以下のようなものがあります。

  • デスクやチェアなどの使い心地の良さ
  • 落ち着いてくつろげる休憩室の設置
  • 良好な人間関係

これらのポイントが快適であれば、社員は仕事に集中しやすくなります。安定した勤務時間を過ごせるため、高い従業員満足度をキープできるでしょう。

従業員満足度を計測する方法

「従業員満足度をどのように把握すれば良いのだろう?」

そんなお悩みをもつ方のために、ここからは従業員満足度を計測する方法について紹介します。

アンケートの実施

社員1人1人にアンケートを実施するのが一般的な方法です。

「待遇面」「労働環境」などさまざまな項目を設けて社員からアンケートを取ると、会社がどの項目を優先的に改善すべきかを明確にできます。

また、アンケートを実施する際は匿名での実施がおすすめです。個人を特定できる状態にしてしまうと、社員が素直な意見を書きにくくなってしまいます。

社員からの本音を聞き出すことでより正確な従業員満足度を計測できるため、社員が安心してアンケートに回答できる工夫をしましょう。

コンディション管理ツールの利用

コンディション管理ツールとは、コンピュータで従業員のコンディションを管理・解析するシステムです。

従業員満足度は日々変化するもの。昨日まで満足度が高かったとしても、ちょっとした出来事で急降下することも珍しくありません。

そうした従業員満足度の変化を明確に知れるため、問題があれば瞬時に解決に動くことができ、高い従業員満足度をキープさせやすくなります。

従業員満足度を高めるための施策事例

従業員満足度にはたくさんの項目があるため、その分改善策もたくさんあります。「やることが多すぎて何から手をつけたらいいか分からない!」という方もいるでしょう。

そこでここからは、従業員満足度を効果的に高める施策事例を紹介します。改善の優先順位を立てられず途方に暮れている方は、ぜひ以下のポイントを参考にしてください。

アウトソーシングの利用

バックオフィスに手を取られ、会社に高い貢献度を示せるコア業務に専念できないとストレスを感じている社員は少なくありません。

そこでおすすめしたいのがアウトソーシングの利用です。アウトソーシングではバックオフィスを外注できるため、社員はやりたい仕事に専念できます。

バックオフィス代行の魅力は下記の記事でも紹介されているので、検討中の方はぜひ参考にしてください。

バックオフィス代行のメリットとデメリット!おすすめ業者もニーズ別にご紹介

アウトソーシング会社はたくさんありますが、その中でもおすすめしたいのが「フジ子さん」です。

引用:フジ子さん | オンラインアシスタント 月額4.7万円~ 1ヶ月利用も可

経理、人事、Webサイト運用など幅広いバックオフィスを委託できるので、社員への負担を大幅に軽減させられると人気です。

また、フジ子さんは利用料金が業界最安値という点でも知られます。

引用:https://fujiko-san.com/

フルタイム(月160時間)で利用した場合、時給換算した金額は1,390~2,000円程度です。

社会保険など会社負担分の経費を差し引くと時給1,100円程度で社員を雇うコスト感覚で利用できるため、かなりリーズナブルですよね。

「バックオフィスを任せることで社員の負担が減った!」という口コミも見られるので、ノンコア業務の圧迫を感じている方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

「フジ子さん」公式サイトはこちら

評価基準を明確にする

毎日仕事を頑張っている社員は、多くが自分たちの頑張りを正しく評価されることを求めています。そのため、会社側は「社員の働きぶりをしっかり見ているよ」という姿勢を示すためにも評価基準を明確にしましょう。

例えば、

  • 契約件数〇件を突破すればボーナスアップ
  • 表彰制度を作る
  • 専門資格を取得したら基本給アップ

このように評価基準が設定してあれば、明確なゴールに向かって社員もやる気を出してくれます。

福利厚生を充実させる

福利厚生は、会社が「社員のためにサービスを提供したい!」という思いで設けられるもの。

「福利厚生がしっかりしている=社員を大切にしている会社」と判断する社員は多いので、できるだけ福利厚生を充実させましょう。

例えば、よく見られるものに住宅手当てや結婚・出産祝い金支給などがありますし、中には社員食堂の無料提供や休憩室にマッサージ機を置くなどユニークなものもあります。

社員がどのような福利厚生を求めているかを理解し、ニーズに合った環境を整えれば高い従業員満足度を実現できるでしょう。

まとめ

経営者として日々の売上や資金繰りに注力することも必要ですが、会社のために尽力してくれている社員に目を向けることはもっと大切です。

実際に、従業員満足度が高いことで業績アップや離職率の低下などさまざまなメリットを感じている企業はたくさんあります。

ただ、従業員満足度は内面的なもので目に見えるわけではありません。社員が本当はどんな感情を抱きながら仕事をしているのか分からず、不安を感じている経営者もいるでしょう。

そんな方は、ぜひ上記で紹介した従業員満足度の計測方法を参考にしてください。社員の本音が明確になれば、効率よく従業員満足度を高める対策も講じれます。

経営者も社員も気持ちよく仕事ができるような素敵な会社作りを目指しましょう。