クラウドソーシングとは?依頼できる仕事内容や利用メリット・デメリットを紹介

インターネットビジネスが流行している現代において、よく耳にする「クラウドソーシング」というサービス。

お小遣い稼ぎや副業として仕事を探しているユーザーはもちろん、仕事を依頼したい企業からも人気です。そのため、仕事を自社社員に任せるのではなく、クラウドソーシングを利用して外注する企業も増えています。

しかし、具体的にどんな点が人気を集めているのかを理解していない方も少なくありません。中には、クラウドソーシング自体が何なのかよく分かっていない方もいるでしょう。

そんな方のために、今回はクラウドソーシングで依頼できる仕事や利用するメリット・デメリットなどの徹底解説に加え、おすすめのクラウドソーシングをご紹介します。

クラウドソーシングとは?


クラウドソーシングとは、インターネットを利用して不特定多数のユーザーに仕事を発注できるビジネスツールです。

「仕事が欲しい!」というユーザーと、「仕事のできる人手が欲しい!」という企業をマッチングさせる役割を果たします。

クラウドソーシングを利用すれば、仕事の受注・発注がインターネット上のやり取りだけで完結可能です。そのため、「気軽に利用できる」と多くのユーザーや企業から高く評価されています。

クラウドソーシングの仕事形式はサイトによって異なりますが、多く見られるのは下記の3パターンです。

形式 概要
タスク 簡単な仕事が多く短時間で完結できるため、質より量を求める方向き
例:アンケート、レビュー作成など
プロジェクト ユーザーと1対1でやり取りをするのが基本で、スキルがあるユーザーに任せたい場合に最適
例:メディアの記事執筆、コーディングなど
コンペ ユーザーが提出した成果物から好きなものを選んで発注者が買い取る形式
例:企業ロゴのデザインなど

発注者は、仕事内容に応じて適切な形式を選び仕事を依頼します。その後、ユーザーは自分が気になった案件に応募し業務を遂行する、という流れが一般的です。

クラウドソーシングで依頼できる仕事内容


気軽に依頼できるなら、いろんな仕事を発注したいですよね。

しかし、仕事内容によっては自社社員でなければできないものもあるので、何でもクラウドソーシングで依頼できるわけではありません。そのため、自社でやる・やらないの線引きに頭を悩ませている方もいるでしょう。

そこでここからは、クラウドソーシングで依頼できる仕事内容にはどんなものがあるのかをいくつか紹介します。

ライティング

【報酬相場】1文字1円程度

コピーライティングやメディアの記事執筆など、文章作成の依頼がライティングです。

レビューなどの短文案件もあれば小説などの長文案件も依頼可能なので、幅広いライティング業務を依頼できます。記事のボリュームや質に応じて報酬も変動するため、相場は一概には言えませんが、大体1文字1円前後が相場と念頭に置いて報酬設定をすると良いでしょう。

ただ、Webライターによってスキルに大きな差があります。そのため、どの程度のライティングスキルを求めるかを明確にした上で採用ユーザーを選びましょう。

入力業務

【報酬相場】1文字0.1~0.5円、1件5~10円程度

様々な情報の入力業務も依頼可能です。具体的には下記のような入力業務があります。

  • 名刺の情報入力
  • アンケート集計
  • テープ起こし
  • 企業情報(住所、電話番号)などの検索と入力

ひたすら入力をするだけの単純作業なため、比較的ユーザーが集まりやすい仕事と言えます。ただ、人の手で行う入力にはミスも多いので、ミスタイピングに対してどんな対策をとるかは事前にしっかり考えておかなければなりません。

報酬は文字単価の場合もありますが、名刺など複数の情報をまとめて入力する場合は1件5~10円程度で発注されることがあります。

どちらで報酬設定をした方がコスパが良いかを事前に調べた上で依頼すると、無駄な出費を防げますよ。

翻訳・通訳

【報酬相場】1文字10円程度

外国語の資料・書籍の翻訳や、電話交渉時の通訳など、語学スキルをフルに活用できるのが翻訳・通訳の仕事です。

高い語学スキルが必要となるので、ライティングや入力業務に比べて文字単価が高い傾向があります。そのため、応募者の経歴や語学スキルはしっかりチェックしておく必要があります。

デザイン

【報酬相場】50,000円前後

発注者の希望に合わせて様々なデザインを提案するのが、デザインの仕事です。具体的にどんな案件を依頼できるのか、例をいくつか挙げますね。

  • 企業ロゴのデザイン
  • 商品梱包用のラッピングデザイン(ケーキを入れる紙袋デザインなど)
  • 企業や店舗のキャラクターデザイン
  • チラシデザイン
  • Webサイトデザイン

デザイン系の仕事は、コンペ形式を採用する方が多いです。

まず、テーマやどんなデザインを求めるかを募集要項に記載し、複数の作品を募ります。応募作品の中から採用するものを選び、採用者に報酬を支払うという流れです。

たくさんの成果物から吟味して納得できるデザインを選べるため、使わないデザインに報酬を支払ってしまうといった余計な出費を防げます

クラウドソーシングのメリット


「仕事を任せるなら自社社員で良いのでは?」

そんな疑問を抱く方もいますが、実際にクラウドソーシングを利用することには数多くのメリットがあります。そのため、大手企業から個人事業主まで、企業の規模を問わず多くの方がクラウドソーシングで仕事を依頼しています。

では、なぜクラウドソーシングの利用が魅力的なのか、具体的なメリットを見てみましょう。

安く仕事を依頼できる

クラウドソーシングの大きなメリットが費用の安さです

一般的に正社員を雇うと、月々の給与に加えて健康保険や厚生年金などの固定費がかかるため、人件費はクラウドソーシングの2倍程度かかると言われています
さらに、年2回程度の賞与もあれば、より会社の負担は大きくなるでしょう。

しかし、クラウドソーシングの場合は企業が直接契約をして雇用するわけではないため、固定費が一切かかりません。純粋な報酬のみなので、同じ仕事を任せるとしてもクラウドソーシングの方が安く済ませられる可能性が高いと言えます。

必要な時に必要な分だけ利用できる

クラウドソーシングでは、必要な時に好きなだけ仕事を依頼できます。

自社だけで仕事を完結させようと思うと、人員のバランスに困ることがありますよね。例えば、繁忙期に合わせて人員を補充してしまうと、閑散期に人手が余って人件費ばかりがかさんで困るという事態を招きます。

逆も然り、閑散期に合わせて人員を確保していると、忙しい時に人手不足になってしまう恐れがあるでしょう。

しかし、クラウドソーシングは必要な時に仕事を依頼できるため、社員の増減に悩む必要がありません。人員補充における人材採用の手間も省けるので、効率よく業務を遂行できて便利です。

クラウドソーシングのデメリット


費用面や使い勝手の良さなど様々なメリットが見られる反面、クラウドソーシングにはデメリットも存在します。実際に利用してみて後悔するという事態を防ぐためにも、事前にデメリットを理解しておくことも大切です。

では、クラウドソーシングにはどんなデメリットがあるのかを2つ解説します。

ユーザーのスキルに差がある

クラウドソーシングは、基本的に誰でも登録できます。そのため、登録ユーザーは初心者から何年もクラウドソーシングを利用してきたベテランまで幅広く、力量も様々です。

「ある程度スキルがある人に仕事を任せたい」と思うのであれば、ユーザーのプロフィールや実績をしっかり確認して仕事を依頼しなくてはなりません。

十分なスキルに達していないユーザーに仕事を依頼してしまうと、求める成果物を得られない可能性があります。無駄に報酬を支払う結果となるため、人選には注意が必要です。

ユーザーとのトラブルリスクがある

発注者と受注者の間でトラブルが発生するケースは、決して珍しくありません。実際にどんなトラブルがあるのか、いくつか挙げると下記の通りです。

  • 納期を守ってもらえなかった
  • 採用ユーザーと連絡がとれなくなり、一から人選しなくてはならなくなった
  • 採用条件に資格を記載していたのに、実際は資格を保有していなかった
  • 採用してから「報酬が少ない」と文句を言われた

ユーザーは一人一人がプロフィールを公開していますが、それだけでは分からない部分もたくさんあります。報酬を支払う側からすれば、スムーズなやり取りができるか、最後まで仕事に取り組んでくれるかなど不安な点も多々あるでしょう。

そのため、採用を決める前にユーザーにはテストを受けてもらったり、ユーザーの評価を確認したりすることが重要です。

おすすめのクラウドソーシング

「クラウドソーシングサイトがたくさんあって、どこに依頼したらいいか分からない!」

そんな方のために、おすすめのクラウドソーシングを2社紹介します。知名度、クオリティ、費用と多方面で高評価を得ているところなので、ぜひ検討してみてください。

クラウドワークス


引用:クラウドソーシングは日本最大級の「クラウドワークス」

クラウドワークスは、ユーザー数300万人という大規模サービスです。仕事を依頼して最短1分で応募が来るため、「仕事の依頼を出したけどなかなか応募が来ない・・・」という心配はほとんどありません。

そして、仕事の種類は200種類以上と多様で、様々な仕事を依頼できます。そのため、全国70万社もの企業が利用していて人気です。

「初めてだから依頼内容の書き方が分からない」
「仕事の報酬相場が分からない」

このような疑問を持つ企業のために、経験豊富なコンシェルジュが電話サポートをしてくれます。利用を検討しつつも分からないことが多くて不安という方は、一度電話相談をしてみてはいかがでしょうか。

「クラウドワークス」公式サイトはこちら

ランサーズ


引用:日本最大級のクラウドソーシング ランサーズ Lancers – 日本最大級の仕事発注サイト

おすすめポイント ・依頼できる仕事ジャンルが豊富
・日本最大級の大手クラウドソーシングだから安心
・ユーザープロフィールが充実していて人選しやすい

ランサーズは、日本最大級の規模を誇る人気のクラウドソーシング。

Webライティングやデザイン、システム開発など幅広いジャンルの仕事を依頼できるため、活用しやすいと人気です

「ユーザー数が多いので、誰に依頼するか決められない・・・」という方のために、ユーザーの総合評価やメール返信率などの詳細から求めるユーザーを検索可能。

さらに、個々のページにはスキルや実績、ポートフォリオなどプロフィールが充実しているので、人選しやすいところもおすすめポイントです。

「ランサーズ」公式サイトはこちら

クラウドソーシング×オンラインアシスタントもおすすめ

オンラインアシスタントとは、インターネットを利用して業務をサポートしてくれるサービスです。

仕事を外注できるという意味ではクラウドソーシングと同じですが、オンラインアシスタントは運営会社に在籍しているスタッフが担当するのが特徴。そのため、クラウドソーシングと比較して高品質な成果物が期待できます。

依頼できる業務内容は経理や秘書など、スキルが必要な仕事が多いです。実務経験を有するアシスタントや資格保有者などが対応してくれるので、安心して任せられますね。

では、人気のオンラインアシスタントサービスにはどのようなところがあるのか、おすすめのサービスを紹介します。

フジ子さん


引用:フジ子さん | オンラインアシスタント 月額4.7万円~ 1ヶ月利用も可

おすすめポイント ・アシスタントのスキルが高く、ハイクオリティな成果物が期待できる
・セキュリティ対策をしっかり講じている
・無料トライアルがあるので、事前に使いやすさを確認できる

フジ子さんは、実務経験を持つ優秀なスタッフが揃った人気のクラウドソーシングです。そのため、ハイクオリティな成果物を期待できます。

フジ子さんに依頼できる仕事は、経理や秘書、人事など様々。機密情報を渡さなければならない場合もあるため、セキュリティ面が不安という方もいるでしょう。

しかし、すべての情報を暗号化したり最新のセキュリティソフトを導入したりと万全のセキュリティ体制を整えているので安心です

「フジ子さん」公式サイトはこちら

まとめ

クラウドソーシングは、仕事を探しているユーザーと仕事を依頼したい企業をつなぐ重要な役割を果たします。

インターネット上でやり取りできる手軽さやコスパの良さ、依頼できる仕事内容の豊富さなどメリットが多いため、幅広い企業に人気です

しかし、クラウドソーシングに登録しているユーザーのスキルにはかなり差があります。「仕事を受けてくれるなら誰でもいい」と適当な人選をすると、満足できる成果物を得られない可能性があるので注意が必要です。

上記を参考にしながら、ぜひクラウドソーシングで円滑な業務の遂行を実施してみてはいかがでしょうか。