文章作成代行とは? 費用、内容、外注業者選びのポイントも全てご紹介します。

文章作成代行とは?

昨今のマーケティングには、webからの情報発信が欠かせません。ユーザーがその企業の情報を知りたいとき、まずはネットで検索をするパターンが圧倒的に多いからです。ホームページやブログ、SNSやメールマガジンは自社の情報開示にとても重要なコンテンツとなっています。
事実、Webの利用状況調査を見てみるとSNSやネット検索の利用状況が年々増えていることが分かります。(引用:総務省|平成30年版 情報通信白書|インターネットの利用状況http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h30/html/nd252120.html
しかし、いざwebコンテンツを運用しようとしても、人員不足やスキル不足でなかなかうまく運用できない。そんな状況に陥っている企業は多いのではないでしょうか。
自力で運用しようとしても、ただ記事を増やせばユーザーが増えるというわけでもありません。長く運用しようとすると時間も手間もかかってしまい、記事作成以外の仕事が滞ってしまいます。さらに、定期的に新規コンテンツを作成しようとすると、投稿のネタ不足にも悩まされることになるでしょう。高品質な記事を作成し続けることは、なかなか難しいのです。
そこで利用したいのが、文章代行サービスになります。文章代行サービスとは、文字通り自社に必要なwebサイトの文章を代行してくれるサービスのことです。記事作成代行サービス、webライティング代行サービスともいいます。
本記事では、文章代行サービスが代行してくれる業務、サービスを利用する際のメリットやデメリット、おすすめの代行サービス業者を紹介していきます。

文章作成代行に依頼できる業務・仕事内容

まずは、文章代行業者に依頼できる業務を紹介します。

記事の企画・提案

自社の業務内容や、発信したい情報の企画・提案をしてくれます。記事の内容やボリューム、更新の頻度なども併せて提案してくれるので、自社サイトの方向性をしっかり固めることができます。

記事の作成・更新

企画した自社の方向性に沿った記事を作成してもらえます。プロのライターが作成してくれるため、高品質な記事が出来上がります。プランによっては、作成だけでなくサイトの更新や公開までしてくれるので、ワンストップで依頼することが可能になります。

SEO対策

サイトの集客数を伸ばし、自社を広く宣伝していくためのSEO対策をしてもらえます。ネットからの情報が溢れている現代、自社の情報を波に埋もれさせないために、SEO対策は不可欠です。具体的には、検索キーワードの選定や、ユーザーの求める情報をいかにうまく発信するか、などです。

文章作成代行に委託、外注するメリット

次に、文章作成代行サービスを受けるメリットを紹介していきます。
さまざまなメリットがありますので、自社にとってどんなプラスになるかを確認してください。

社員の時間を有効活用できる

高い質を保ったままで記事を量産しようとすると、かなりの時間と手間がかかります。
記事を作成するために時間をとられ、自分の本来の業務(コア業務)ができなくなってしまい、無駄に残業時間を増やしてしまう危険もあります。文章を書くのが苦手なひとなら、記事作成だけで一日が終わってしまうかもしれません。それがずっと続くと、業務が滞るだけでなく精神的ストレスにもなってしまします。
その点、文章代行サービスに依頼すれば、自分の業務をしている間に記事を作成してもらえるので、時間を有効活用できます。

高品質の記事が納品される

場数を踏んだプロのライターに記事を依頼できるので、高品質の記事を作成してもらえます。
たとえば自社の社員が交代で記事作成を担当していると、社員の文章力によって記事の出来栄えに差が出ますが、プロに頼むとそういったことがありません。
また、最初からSEO対策をしている記事が出来上がってくるので、自社の情報が検索上位に表示されやすくなります。そうなると、もちろん集客効果が期待できます。
それだけでなく、高品質の記事というものは、それだけで自社の印象を向上させてくれるものです。

更新頻度が落ちない

アカウントを作った当初は何度も投稿していたのに、時間が経つと更新頻度が落ちるということは多々あります。上記のように投稿のネタにも不足するでしょうし、そもそも投稿するための時間がとれない場合も多いのです。
自社のオウンドメディアの前にずっと張り付いているわけにもいきませんが、新しい情報がないとユーザーは離れていってしまいます。文章代行サービスを頼んでいれば、定期的に記事を作成してくれるので、こういった悩みから解放されます。

文章作成代行に委託、外注するデメリット

文章作成代行にはメリットがある以上、デメリットも存在します。メリットと比較し、どちらの効果が高いのか、検討してみることをおすすめします。

ライターによって品質にばらつきが出る

プロのライターに依頼するので、仕上がる記事は基本的に高品質です。しかし、それでもライターによって多少品質は変わってきます。書き方や表現に癖があったり、漢字やカタカナ変換に偏りがあったり…。そういったことをある程度防ぐためには、ライティングを依頼する前に記事作成のルール(マニュアル)作りをしなければなりません。
ただし、このルール作りには相応の時間と手間がかかります。誰が書いてもある程度同じ品質にするためには、細かいところまで指定しなければならないからです。
たとえばこの言葉は漢字変換、こちらはカタカナ変換、こちらはひらがなのまま、改行したら頭は一文字開けるのか、数字は半角か全角か、ですます調なのか否かなど、決めることはたくさんあります。
面倒と思われるかもしれませんが、自社の記事の品質を保つため、ルール作りは不可欠です。

厳しいチェックが必要

同じテーマで記事を作成すると、ライターが意図していなくても、別サイトの記事内容に類似してしまうことがあります。あまりに類似しすぎてきると、コピペ文章と思われてしまうこともあるでしょう。
こういった問題に気づかず記事を公開してしまうと、責任はライターに依頼した自社にあるということになってしまいます。
後々のトラブルを防ぐためにも、納品された記事の最終チェック(校正)は、自社で実施しましょう。

文章作成代行の料金相場

さて、メリットとデメリットを紹介したところで、気になるのは費用です。
費用は、大きく分けて二種類あります。
・クラウドソーシングに依頼する場合
・文章代行業者に依頼する場合
クラウドソーシングとは、フリーランスのライターに、記事ごとに依頼をするタイプです。条件にもよりますが、一文字0.5円~3円ほどです。
ここでいう条件とは
・ライターの経験(3年以上、5年以上などで金額が変わります)
・記事の内容(なにも調べずに書けるものか、調べたら書けるものか、専門知識が必要なのかなど)
・納期(短いほど高くなります)
などのことを指します。
引用元:ランサーズ

一方、文章代行業者に依頼する場合は、こちらも契約プランによりますが一文字1円~5円ほどです。
こちらでいう契約プランとは、
・記事の企画からか
・専門性の高い分野かどうか
・記事作成のみか、校正チェックなども入れるのか
などのことを指します。
また、代行業者は文字単価ではなく記事単価を設定しているところもあります。記事数が多いほど割引が利くところもありますので、大量の記事が必要な場合は特に各業者をチェックしてみてください。
どちらに依頼する場合でも、依頼する前にまずは過去の納品物を見せてもらうことが大事です。実際にどのような記事を作っているのか、作った結果はどうだったのか(検索上位に入っているのか)などを確認してから依頼しましょう。

文章作成をアウトソーシングできるおすすめの業者

次に、実際に文章を依頼できる業者を紹介していきます。

フジ子さん

トップページ

業界では最安値のフジ子さん。必要なときに必要なだけ業務を依頼できます。高いスキルを持つワーカーさんが在籍しており、自社のニーズに合った記事を作成可能です。
記事代行にとどまらず、あらゆるオンライン事務代行をしており、フジ子さんを利用している企業の継続率は90%を超えています。
無料トライアルも実施していますので、困っている事務仕事がある場合はまず相談してみることをおすすめします。

サグーワークス

https://works.sagooo.com/order/

国内では最大級の記事作成代行業者です。専任のディレクターがつき、しっかりサポートしてくれます。SEO対策にも強く、コピペや誤字脱字チェックもしっかり管理されているため、安心して記事をお願いできます。オンライン発注プランとオーダーメイドプランから必要なものを選ぶことができることも魅力の一つです。簡単な記事を大量に必要としているのか、専門性の高い記事を一記事だけ必要としているのかなど、自社の要望に沿ったプランを選んでください。
また、ライターのレベルも選ぶことができ、自社に合った記事を作成してくれます。

記事作成代行ドットコム

https://writing-daiko.com/

どんなサイトにも対応できる柔軟性を武器にしている代行業者です。納期や金額も相談に乗ってくれます。
ライターには厳しい実力チェックを行い、一年ごとの更新制となっています。コピペなどの不正がないかどうかを徹底的に管理しているため、大変心強いです。
SEO対策も万全なうえ、内容の『質』こだわって執筆・校正してくれます。

まとめ

自社のwebコンテンツに欠かせない文章。なにをするにしても、まずは文章がないと始まりません。しかし誰にでも得手不得手はあり、そもそも集中して文章を書く時間がないことも事実ですよね。さらに魅力的な文章を定期的、恒久的に書くことは現実的に難しいです。
そんなときに助けてもらえる文章代行業者はとても心強い自社の味方になります。
自社に合ったライターや文章代行業者を見つけて、自社の魅力を存分に表現してもらいましょう。きっと、自社の集客率アップにつながります。