リモートアシスタントとは?サービス内容やメリット・デメリット、おすすめ業者などを紹介!!

「人手が足りなくて業務が進まない」
「バックオフィス業務に時間がかかりすぎている」

こういった悩みを解決するのにおすすめの手段が、リモートアシスタントの活用です。経験豊富なスタッフが、さまざまなタスクを自社に代ってこなしてくれます。

とはいえ、具体的にどんな仕事を頼めるのか、メリット以外にデメリットはあるのか、どんな業者があるのかなど、疑問点も多いはず。

そこで今回は、リモートアシスタントについての上記の事柄を解説していきます。

リモートアシスタントとは?

リモートアシスタントとは、Web上でのやりとりを通じて、企業や個人事業主の業務をアシストする業者です。

秘書や経理などの事務作業のほか、SNSアカウントやWebサイトの運営、翻訳など、さまざまな業務を依頼できます。

オンラインアシスタント、オンライン秘書、バーチャルアシスタントといった呼ばれ方もありますね。

リモートアシスタントに依頼できる業務内容

リモートアシスタントに依頼できる業務の例は以下のとおり。

・経理
・総務
・秘書
・人事
・営業事務
・Webサイト運用
・翻訳
・リサーチ
・カスタマーサポート
etc.

いわゆる間接部門の業務です。経理+人事のように、複数分野の仕事を依頼できます。また、書類の郵送や書類のスキャン、プレゼントの手配といったオフライン業務にも対応できる業者もあります。

リモートアシスタントを利用するメリット

リモートアシスタントを利用するメリットは、主に以下の2つです。

①コア業務に専念できる
リモートアシスタントに業務を任せた分、自社の従業員のリソースに余裕が生まれます。となれば、その余裕をコア業務へ向けられるわけですね。利益に直接つながる業務に専念でき、生産性向上が見込めます。

②即戦力を活用できる
リモートアシスタントには、実務経験豊富なスタッフが在籍しています。ですので、導入後すぐに業務を遂行してもらえます。また、自社で人材を採用し、教育していくコストも削減可能です。

リモートアシスタントを利用するデメリット

メリットもあればデメリットもあります。以下の2点は押さえておきしょう。

①リモートワークへの慣れが必要
多くの場合、業務に必要なやりとりはSlackやChatworkといったチャットツールで行うので、文字だけで要望を過不足なく伝えきる必要があります。対面での指示とは勝手が異なるため、リモートでのコミュニケーションに慣れが必要です。

②ノウハウを社内に蓄積できない
依頼した業務は社外の人が担当するので、自社にノウハウがたまりません。よって、何らかの事情でリモートアシスタント業者との関係が切れた場合、業務を遂行できなくなる恐れがあります。外注する業務と内製する業務をしっかり見極めましょう。

リモートアシスタントのおすすめ業者6選

ここからは、おすすめのリモートアシスタント業者を6社紹介していきます。比較検討の参考にどうぞ。

フジ子さん

画像:フジ子さん公式サイト

「フジ子さん」は、導入しやすいリーズナブルな料金が魅力のリモートアシスタント業者です。例えば月20時間実働のプランだと、業界水準が10万円前後なのに対し、フジ子さんなら47,000円。半額ほどで利用できます。

もちろん業務のクオリティは心配いりません。クライアントの1年以上継続利用率は90%を超えています。

1週間/2時間実働の無料トライアルがありますので、まずはスタッフの腕試しをしてみてはいかがでしょうか。

【プラン】

契約期間 実働時間 料金
トライアル 1週間 2時間 無料
PLAN 20 1ヶ月 20時間 47,000円
PLAN 30 1ヶ月 30時間 69,000円
PLAN 50 1ヶ月 50時間 99,000円

*80〜160時間実働のプランもあり(詳細は要お問い合わせ)
*前月10日までなら翌月のプラン変更可

【フジ子さんのサービス詳細はこちらから】

nene

画像:nene公式サイト

「nene」の特徴は、スタッフがneneのオフィスでクライアントの業務にあたること。これにより、通常のリモートアシスタント業者よりも強固なセキュリティ環境を構築できます

また対応可能なチャットツールの幅が広く、クライアントにとってはツール管理が煩雑にならないメリットもあります。

【プラン】
月額150,000円〜
*最低3ヶ月から
*作業内容に応じてカスタマイズ

【neneのサービス詳細はこちらから】

メリービズ

画像:メリービズ公式サイト

「メリービズ」は、会計・経理専門のリモートアシスタントです。簿記2級以上・実務経験豊富なスタッフが多数在籍しており、日々のルーチンワークから決算まで、あらゆる経理業務を代行してもらえます。

特化型の業者ということで、この分野の仕事をピンポイントに依頼したい企業にとって、高い専門性が心強いでしょう。

【プラン】
月額10万円〜
*クライアントの事業規模や依頼内容によって変動

【メリービズのサービス詳細はこちらから】

Genny

画像:Genny公式サイト

「Genny」の特徴は、稼働時間やタスク数に上限がないこと。どれだけ業務を依頼しても料金が変わらないのです。予想外の費用がかかる心配がありませんね。

また同社では、クライアントの個人情報や機密情報を金融機関レベルのセキュリティで強固に守っています。情報漏洩のリスクを限りなく低く抑えられるでしょう。

【プラン】

契約期間 料金
スタンダード 2ヶ月 105,000円/月
12 month 12ヶ月 98,000円/月
18 month 18ヶ月 95,000円/月

*対応は平日の9:00〜18:30

【Gennyのサービス詳細はこちらから】

HELP YOU

画像:HELP YOU公式サイト

「HELP YOU」のスタッフは、採用率1%という難関をクリアした優秀な人材のみ。業務品質の高さは折り紙付きで、250社以上のクライアントのうち、98%が継続利用するほどです。

大手企業も多数利用しており、安心感第一の方におすすめの業者です。

【プラン】

実働時間 料金
30時間〜/月 150,000〜/月

*最低3ヶ月から
*クライアントの要望に合わせてカスタマイズ

【HELP YOUのサービス詳細はこちらから】

CASTER BIZ

画像:CASTER BIZ公式サイト

「CASTER BIZ」はリモートアシスタントの草分け的存在で、導入企業は累計で1,700社以上。前掲のHELP YOUと同じくスタッフの採用率は1%となっており、優秀な人材が業務をスピーディかつ的確に遂行してくれます。

手数料がかかりますが、実働時間の前借りと繰越しができるのも便利なポイントです。

【プラン】

契約期間 実働時間 料金
6ヶ月プラン 6ヶ月 30時間/月 108,000/月
12ヶ月プラン 12ヶ月 30時間/月 96,000/月
カスタムプラン 応相談 応相談 応相談

*対応は平日の9:00〜17:00(24時間対応については要相談)

【CASTER BIZのサービス詳細はこちらから】

まとめ

今回はリモートアシスタントについて、依頼できる業務や利用のメリット・デメリット、おすすめ業者などを紹介してきました。

オンラインでやりとりが完結し、即戦力を活用できるということで、人的リソース不足を解消するのに有用なサービスです。ただ、バックオフィス業務をなんでもかんでも依頼すると、外注頼りの経営になってしまうので注意しましょう。

適材適所で活用するのが大切というのを念頭に置き、各業者を比較検討していただければと思います。