【無料・有料】タスク管理ツールのおすすめ8選!個人向け・法人向け両方紹介

個人やチームの「やること・やる量・やる期限」などを管理するタスク管理ツール。これら情報を可視化することで、仕事の進捗がひと目で把握でき、業務効率化につながります。

生産性アップを目指す上でぜひ取り入れたいものの、タスク管理ツールはたくさんの会社からリリースされており、どれが良いのか迷いがちです。

本記事ではおすすめのタスク管理ツールを個人向け・法人向けに分けて紹介します。ツール選びの参考にどうぞ。

タスク管理ツールでできること

はじめに、タスク管理ツールでできることを確認しておきましょう。主な機能は以下のとおり。

タスク管理

個人またはチームが取り組む仕事の内容・量・優先順位・期限といった情報をリスト化する機能です。今何をすべきかが明確になり、作業漏れを防げます。

プロジェクト管理

タスクの大元であるプロジェクトについて、誰が・何を・いつまでにやるのかを管理できます。

よく使われるのは、カンバンやガントチャート。カンバンはタスク情報をまとめたものをリスト化して、ガントチャートは表の縦軸にタスク・横軸に日付を入れて、それぞれプロジェクト全体の進み具合を可視化します。

全体共有

タスク管理やプロジェクト管理の情報を、関係者全員で共有できます。停滞していたり内容が芳しくなかったりするタスクについての議論も可能です。

他サービスとの連携

例えば、タスク管理ツールの更新をSlackで通知する、更新内容をGoogleカレンダーに自動反映させるといったことができます。これで確認漏れを防げますね。

個人向けタスク管理ツールのおすすめ

上記の機能はあくまで基本的なもので、サービスによっては他にも搭載している場合があります。これを踏まえた上で、おすすめのタスク管理ツールを紹介していきます。まずは個人向けから。

Microsoft To Do

画像:Microsoft To Do公式サイト

「Microsoft To Do」は、Microsoftが提供するタスク管理ツールです。

シンプルなUIで使いやすいのが特徴。また、各タスクをステップごとに分割でき、込み入った作業も分かりやすくまとめられます。

特におすすめしたいのは、同じくMicrosoft提供のサービスを使っている方です。グループウェアTeamsや予定作成アプリPlannerとの連携により、タスク管理をさらに効率化させられます。

・料金:無料(要Microsoftアカウント)

【Microsoft To Doのサービス詳細はこちらから】

Google ToDoリスト

画像:Google Play/Google ToDoリスト

「Google ToDoリスト」は、Googleが提供するタスク管理ツール。難しい操作いらずで誰でも使いやすいのがポイントです。

GoogleカレンダーやGmail、Googleスプレッドシートなどを日常的に利用している人は多いでしょう。これらアプリとも、Google ToDoリストは連携できます。Googleカレンダーと同期したり、Gmailの内容をそのままタスクとして追加したり、スプレッドシートの画面内で進捗管理したりと、ストレスのない作業環境を構築可能です。

・料金:無料(要Googleアカウント)

*Google ToDoリストは、Googleサービス内にあるアイコンを押すか、AndroidiOSのストアからダウンロードして使用します

ClickUp

画像:ClickUp

「ClickUp」の魅力は多機能さ。プロジェクトやタスクの階層構造が多重で、作業の一つ一つを細かく管理できます。リスト・カレンダー・ガントチャートなど、好きな形で進捗確認できるのも良いですね。

だからといって、操作が複雑なんてことはありません。連携できる外部サービスも豊富ですし、Microsoft To DoやGoogle ToDoリストだと機能が足りない方におすすめです。

・料金:①無料、②有料(機能拡張版、月5ドル/人)

【ClickUpのサービス詳細はこちらから】
*サイトは英語ですが、アプリでは日本語が使えます

法人向けタスク管理ツールのおすすめ

次に、法人向けタスク管理ツールを紹介します。

jooto

画像:jooto公式サイト

「jooto(ジョートー)」は、ドラッグ&ドロップで操作できる手軽さが人気のタスク管理ツールです。大手から中小、士業まで、1,500社以上に導入されています。

jootoでは複数のプロジェクトを一元管理できるため、部署を跨ぐ煩雑な案件であっても簡単に進捗を共有可能。SlackやGoogleカレンダーとの同期もできますよ。

有料版が月500円/人~というリーズナブルさもポイントです。

・料金:①無料、②有料(5人以上・機能拡張、月500円/人~)

【jootoのサービス詳細はこちらから】

Asana

画像:Asana公式サイト

「Asana」は、Facebook共同創業者のダスティン・モスコヴィッツが立ち上げたタスク管理ツールです。

最大の特徴は、入力したタスクの表示をリスト形式・カレンダー形式・カンバン形式・ガントチャート形式の中から自由に切り替えられること。目的に応じて使い分ければ、作業漏れを防げますし、問題の発見もしやすくなります。

モダンで使いやすいUIも好評です。

・料金:①無料、②有料(機能拡張、月1,200円/人~)

【Asanaのサービス詳細はこちらから】

Trello

画像:Trello公式サイト

「Trello」はカンバン形式のタスク管理ツールで、ほぼすべての機能が無料で利用可能(人数制限あり)。Trello用のChrome拡張機能も多数リリースされており、ガントチャート作成やCSV保存などもできるようになります。

ただし、Trello自体の機能はシンプルで、これ1つだとプロジェクトのすべてを管理できない可能性も。SlackやEvernoteといった外部サービスと連携したり、前述のようなChrome拡張機能を導入したりするのが前提といえます。

・料金:①無料、②有料(機能拡張、月10ドル/人~)

【Trelloのサービス詳細はこちらから】

Brabio!

画像:Brabio!公式サイト

「Brabio!」は、ガントチャート作成に特化したタスク管理ツール。

他の表示形式はありませんが、ガントチャートさえあればOKという方にはピッタリです。プロジェクトを横断しての管理も可能で、いつ誰が何をしているのかを会社全体で共有できます。

ただ、外部サービスとの連携面が貧弱です。あくまでガントチャートをこれ1つで作るというシンプルな使い方となります。

・料金:①無料、②有料(6ユーザー以上、3,300円/月~)

【Brabio!のサービス詳細はこちらから】

Jira Software

画像:Jira Software公式サイト

「Jira Software」は、アジャイル開発向けのタスク管理ツールです。

状況変化の早いアジャイル開発に対応するために、プロジェクトを瞬時に俯瞰できるようUIが最適化されています。開発レポート作成も可能で、タスク管理の情報を元に素早い意思決定を実現できます。

さらに開発ツールやSlack等の外部アプリと連携すれば、Jiraを中心にした快適な業務環境を構築できるでしょう。

・料金:①無料、②有料(11人以上・機能拡張、月840円/人~)

【Jira Softwareのサービス詳細はこちらから】

まとめ

今回は、個人向け・法人向けのおすすめタスク管理ツールを計9つ紹介しました。

それぞれ機能やUIが異なるため、ツールに何を求めているのかをまず明確にしましょう。自社に合わないものを選ぶと、操作や管理が煩雑になり、かえって仕事の効率が落ちてしまいかねません。

この点を踏まえた上で、本記事を参考にツールの比較検討をしていただければと思います。