経理業務を効率化するには?方法を2つに分けて解説

経理業務は煩雑ですが、ルーティン作業が多いので効率化しやすくもあります。

しかし、取引先に直接影響がないことや問題点が見えにくいことから、あまり効率化できていない企業も少なくありません。これにより生産性に影響が出ている可能性も。

そこで本記事では、経理業務を効率化する方法を①IT導入、②アウトソースの2つに分けてご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

経理業務を効率化する方法:①IT導入

経理業務を効率化する方法の1つめは、ITの導入です。

入力や計算に要する工数を大幅に削減でき、ミスの削減にもつながります。毎年のようにある税制・法令の改正が自動反映されるソフトもあり、安心して利用できるでしょう。

ソフトはインストール型とクラウド型に分かれています。

クラウド型は、インターネット環境があれば場所やデバイスを問わず利用でき自由性が高いものの、ネットワークにトラブルが発生すると使用できません。インストール型は、限られたPCでしか作業ができず、法令改正やバージョンアップの際に反映作業が必要となるものの、クラウド型に比べて機能が多いという特徴があります。

このように、それぞれにメリット・デメリットがあるので自社に合うソフトを導入しましょう。では具体的にどういうソフトがあるのか、おすすめの3つをご紹介していきます。

クラウド会計freee

画像:クラウド会計freee公式サイト

1つめは「クラウド会計freee」です。カンタン操作が魅力のクラウド型ソフトですね。

特徴は以下の3つ。

①ネットバンキングやクレジットカードから明細を自動取得し自動記帳までされるので、日々の面倒な入力作業が大幅に削減される
②会計・経費のほか人事労務や債権管理など、経理に関わるあらゆる業務を効率化できる
③資金繰りや試算表、予算管理などのレポートが自動で作成され、見たい時にすぐ確認できる

【利用料金プラン】

ミニマム ベーシック プロフェッショナル
決算書類の作成と記帳を効率化したい方へ 経理全体の効率化、成長に向けて数字を可視化したい方へ より高度な財務・経理管理、業務全体の管理を求める方へ
1,980円/月 3,980円/月 39,800円/月

上記プランはすべて初期費用0円で、さらに30日間無料で利用可能です。まずはこの期間で、使用感を試してみてはいかがでしょうか。

【クラウド会計freeeのサービス詳細はこちらから】

マネーフォワードクラウド会計

画像:マネーフォワードクラウド会計 公式サイト

次は「マネーフォワードクラウド会計」です。金融機関レベルの強固なセキュリティや、他社製品やエクセルからの乗り換えサポートなど、安心して利用できるクラウド型ソフト。

人工知能(AI)がデータを元に勘定科目を提案してくれる上、AIの学習効果により使えば使うほど作業がどんどん楽になります。

【利用料金プラン】

スモールビジネス ビジネス エンタープライズ
小規模の法人向け
まずはバックオフィス業務を効率化したい企業
中規模の法人向け
複雑な会計業務や請求書発行が多い企業
大企業の法人向け
上場企業やIPOを検討中の企業
3,980円/月
35,760円/年
5,980円/月
59,760円/年
要相談

こちらも初期費用0円で、1ヶ月間無料で利用可能です。一度試してみてはいかがでしょうか。

【マネーフォワードクラウド会計のサービス詳細はこちらから】

弥生会計

画像:弥生会計 公式サイト

3つめは「弥生会計」。知識や経験がない初心者でも使いこなせることを追求して作られており、21年連続売上実績NO.1と、実績も歴史もあるソフトです。

インストール型・クラウド型の両方を展開していますが、インストール型はWindowsのみ対応なので、Macで弥生会計を利用したい場合はクラウド型の「弥生会計オンライン」になります。

【利用料金プラン】

無料体験プラン セルフプラン ベーシックプラン
最大2ヶ月無料 通常26,000円/年 通常30,000円/年
初年度1年間無料 初年度1年間15,000円

弥生会計20(インストール型)

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー
日々の記帳から集計・決算まで、これ1本でOK 部門管理や経営分析にも使える多機能会計ソフト LAN環境で2台同時利用可能
初年度 39,800円 初年度 77,200円 初年度 105,000円

クラウド型のセルフプランは初年度1年間無料です。自社に導入すべきか、じっくりと検討できますね。

【弥生会計のサービス詳細はこちらから】

経理業務を効率化する方法:②アウトソース

経理業務を効率化する方法の2つ目は、アウトソースです。

経理には専門性が求められるので、経験やスキルをもつ人にお任せしたいですよね。そこで頼りになるのがオンラインアシスタント。厳しい選考をクリアした優秀な人材が、リモートで業務をサポートしてくれるサービスです。

「繁忙期だけサポートしてほしい」「経理業務をすべて任せたい」など、自社の状況に合わせて業者を選びましょう。ではおすすめの3社を紹介していきますね。

フジ子さん

画像:フジ子さん公式サイト
本ブログを運営する「フジ子さん」では、経理を含めたバックオフィス業務全般を代行しています。

最大の魅力はコストパフォーマンス。業界水準のおよそ半額で利用可能で、それでいてクライアントの継続利用率90%以上という業務品質の高さを誇ります。

2時間の無料トライアルがあるので、まずはお試しに、ぜひ利用してみてください。

【利用料金プラン】

PLAN20 PLAN30 PLAN50
実働時間20時間/月 実働時間30時間/月 実働時間50時間/月
4.7万円/月 6.9万円/月 9.9万円/月

【フジ子さんのサービス詳細はこちらから】

メリービズ

画像:メリービズ公式サイト

次は「メリービズ」。経理業務に特化したオンラインアシスタント会社で、スタッフには簿記3級以上かつ経理の実務経験保有と、キャリアのしっかりした人だけが採用されます。

また経理代行だけでなく、業務全体のコンサルティングも行ってくれるので、特に経理部門がうまく回っていない会社や、起業したばかりの会社にとって頼れるパートナーになるはずです。

料金は事業規模や業務内容によって異なるため、まずは無料見積もりを依頼しましょう。

【メリービズのサービス詳細はこちらから

CASTER BIZ accounting

画像:CASTER BIZ accounting公式サイト

3つめは「CASTER BIZ accounting」です。

簿記2級以上所持・実務経験5〜20年以上のプロフェッショナルが、効率的かつ迅速に業務を遂行してくれます。事務処理以外にも、顧問税理士とのやり取りや会計ソフト新規導入の提案など、経理業務全体をサポート。自社の経理部門をまるまるお任せできます。

【利用料金プラン】

BASIC LONG CUSTOMIZE
180,000円/月 162,000円/月 お問い合わせ
すぐにでも経理体制を見直したい方におすすめ 1番人気のプラン 各社の状況に合わせて最適なフローを構築

【CASTER BIZ accountingのサービス詳細はこちらから】

まとめ

本記事では経理業務を効率化する方法をご紹介してきました。

早急に実行するのは難しいかもしれません。しかし恩恵は大きいので、ぜひ積極的に検討してみていただければと思います。

上記の方法以外だと、キーボードのショートカットを覚えたり、資料のペーパーレス化を進めたりといった小さな取り組みもありますね。これらも同時にチャレンジしてみるのも良いでしょう。