経理アウトソーシングの失敗しない使い方!メリット・デメリット、料金相場やおすすめ会社なども紹介

「経理業務が多すぎて追いつかない」
「人手不足で経理が後回しになっている」

このようにお悩みの場合、経理アウトソーシングの利用をおすすめします。記帳や給与計算など、経理に関する業務なら何でも対応可能です。業務を効率化できるため、近年需要が高まっています。

しかし、経理アウトソーシングのメリットやデメリット、おすすめの業者などを、しっかり把握している方は少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、経理・会計アウトソーシングのメリット・デメリットと併せて、おすすめの業者を紹介していきます。

経理アウトソーシングの主な業務

経理・会計アウトソーシングで依頼できる業務は以下の通りです。

日常業務 ・小口現金管理
・経費・旅費精算
・売上金の計上・支払い
・預金管理(記帳)
・伝票作成・記帳
・領収証などの各種伝票の管理
月次業務 ・売掛金管理・買掛金管理・給与計算・月次の試算表や損益計算書を作成
年次業務 ・決算申告・決算書の作成・年末調整

これらの業務をまとめて、もしくは部分的に依頼することが可能です。自社の希望に合わせて、適したプランのある業者を比較検討しましょう。

経理アウトソーシングのメリット

次に、経理アウトソーシングのメリットを4つ紹介します。

人件費を最適化できる

1つめは、人件費を最適化できること。経理業務のために正社員を1人雇う場合、採用コストや教育費など多額の人件費が発生してしまいます。

しかしアウトソーシングを利用すれば、正社員を雇用するよりも安く済むことがほとんどです。専門知識を兼ね備えた質の高いスタッフが対応するので、費用対効果も大きいといえます。

人手不足を解消できる

人手不足に対応できるのも魅力です。1年を通して常に人手不足ではなくとも、年末などの繁忙期には人が足りないことが多いですよね。

そのような短期間の人手不足であっても、経理アウトソーシングなら対応できます。必要な時に必要なぶんだけ依頼すれば、効率良く業務を行えるでしょう。

コア業務に専念できる

コア業務に専念できるのも大きなメリットです。経理は専門知識が必要で労力も大きい業務。経理業務で手一杯になってしまい、コア業務に専念できないことも多いでしょう。

しかしアウトソーシングを利用すれば、煩わしい経理業務をやる必要はありません。経理業務に使っていた時間をコア業務に注力することで、会社の業績が大幅にアップする可能性があります。

ミスや不正を防止できる

ミスや不正を防止できるのもメリットのひとつです。

人間であれば、誰でもミスはつきもの。また、経理は属人化しやすい業務ですから、出来心で不正をする人もいるかもしれません。

一方で、経理アウトソーシングのスタッフは専門性が高く、しっかりとした知識を有しているので、ミスをすることはほとんどないでしょう。独自のシステムを使っているため、セキュリティ面も安心です。

第3者が入ることで経理業務がオープンになり、不正を防止できます。

経理アウトソーシングのデメリット

経理・会計アウトソーシングのデメリットについて紹介します。

社内にノウハウを蓄積できない

アウトソーシングでは社外に業務を依頼するため、当然社内にノウハウは蓄積されません。年末調整や給与計算について疑問点があっても、社内に知識を持った人がいないので、スムーズに解決できないでしょう。

疑問に思うことがある場合、経理代行を依頼した会社にその都度相談する必要があります。

外注管理の手間がかかる

アウトソーシングする場合、外注した業務を管理する手間がかかる点がデメリット。業務の進捗や打ち合わせ、追加依頼などをメールや電話で問い合わせる必要があります。

社内であれば口頭で済みますが、社外の場合、わざわざメールしなければいけなかったりレスポンスに時間がかかったりなど、煩雑になりやすく多くの手間がかかります。

経理処理の重複が起こり得る

経理業務の一部をアウトソーシングする場合、社内と外部で経理処理が重複してしまう点もデメリットのひとつです。業務が重複しては意味がありません。

対策として、社内で行う業務と委託箇所を明確にして、外注先と情報共有することが大切です。

経理アウトソーシングの依頼先

経理・会計アウトソーシングのおすすめの業者を4つ紹介します。

オンラインアシスタント

オンラインアシスタントとは、Web上のやり取りを通じて、クライアントのバックオフィス業務全般をサポートするサービスです。経理も代行しており、税理士業務に関しては税理士の紹介も受けられます。

一番のメリットは、オンラインですべての手続きが済むこと。対面で打ち合わせする必要がなく、大幅に時間を節約できます。料金も税理士事務所と比べると安価な傾向にあります。

また、常時契約することなく「繁忙期だけ」「1ヶ月だけ」など短期の利用も可能です。リソース状況に合わせて選べますから人件費の節約になります。

【関連記事】
オンラインアシスタントとは?利用するメリット・デメリットから導入事例まで徹底解説
オンラインアシスタント15社を比較!各社の特徴や料金を紹介

経理代行会社

経理代行は、記帳業務や給与計算などの経理業務を専門で代行する業者です。経験豊富なスタッフが多く在籍しており、経理に関する業務なら何でも依頼できます。

メリットは、税理士事務所に比べて料金が安いこと。ただし税理士の独占業務を依頼したい場合、税理士が在籍しているかどうかの確認が必要です。

【関連記事】

経理代行サービスとは?業務内容や税務申告もできるおすすめ会社などを紹介
会計freeeを使った経理代行│おすすめの業者と業者の選び方を解説
東京で経理代行を選ぶなら?オンライン・渋谷区・世田谷区・大田区のおすすめ業者
大阪で経理代行をアウトソーシングするなら?おすすめ業者や費用・形態をご紹介!

税理士事務所・会計事務所

税理士事務所・会計事務所も、経理業務全般を代行しています。

一般的なオンラインアシスタントや経理代行と違うのは、税理士の独占業務を行える点。決算や税金に関する業務、またはアドバイスができるのは税理士だけですから、会社経営を行う上で頼もしい存在です。

ただ、相応のコストがかかるのはデメリットといえます。ここを解決するために、日常業務はオンラインアシスタントか経理代行に、より専門的な業務は税理士に任せるという企業も多いようです。

ちなみに、税理士事務所と会計事務所には、名称以外の違いはありません。

【関連記事】

税理士に外注する際の費用相場はどのくらい?代行内容別に紹介
税理士による記帳代行の相場はどのくらい?料金体系なども解説
法人の決算代行でおすすめの税理士事務所7選!プロに任せて安心・安全な報告を!!

経理アウトソーシングの料金相場

経理・アウトソーシングの料金相場を業務ごとに紹介します。

・記帳代行:10仕訳から30仕訳につき1,000円前後
・給与計算:1人あたり2,000円前後
・振込、支払い:1件あたり1,000円程度
・決算業務:数万円~数十万円
・年末調整:1人あたり500~2,000円

1人または1件あたりで勘定されることが多いので、従業員の人数が多ければ多いほど、料金もかかります。

失敗しない経理アウトソーシングの使い方

ここからは、失敗しない経理アウトソーシングの使い方を紹介します。

経理ソフトや業務フローの大幅な変更を要さない業者を選ぶ

経理アウトソーシングを依頼するにあたって、経理ソフトや業務フローに大幅な変更があれば、それに対応するリソースとコストが必要になります。

移行や設定に手間がかかりますし、変更後の経理ソフトに慣れるまで時間も必要です。そもそもシステムに慣れていない従業員であれば、戸惑うことも多いでしょう。会社の規模や環境によって合う合わないがありますから、慎重に検討しなければなりません。

一方で、経理ソフトや業務フローに大きな変更がなければ、手間やコストをかけずスタートできます。

税理士や社労士とのやり取りも代行してもらえる業者を選ぶ

経理業務では、資料共有など税理士や社労士とのやりとりが頻繁に起こりますから、やりとりを代行してもらえる業者を選ぶことが大切です。

もし代行してもらえない場合は、専用の社員を採用するなど人手とコストが必要になり、アウトソースする意味がなくなります。

業務効率化のためにも税理士事務所との連絡を代行してもらえる業者を選びましょう。

自社の経営方針や未来像を共有した上で任せる

経理は会社経営において経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)を有効活用するために重要な業務です。そもそも企業のお金の使い方や管理方法は、経営方針や理念によって異なります。

経営理念に基づき会社を成長させるには、外注先にも経営方針や未来像を理解してもらう必要があります。ここにミスマッチが起きると経理アウトソーシングは失敗しやすいです。

会社の現状、方針、方向性を把握し、経営のための提示をしてくれる業者を選ぶことをおすすめします。

アウトソーシング業者に丸投げしない

経理アウトソーシングは依頼したあと、業者に丸投げというわけにはいきません。委託業者にすべて一任してしまうと、問題が発生した際の発見や対処が遅れることも多々あります。

経理は経営に直結する重要な部門ですから、委託するとはいえ企業側が仕切り管理しなければ業務がうまく循環しないでしょう。

すべてを丸投げすると経営数字の把握が遅れる原因にもなりますから、「定期的に情報を共有する」「リアルタイムに経営数字を確認できる」などの体制を整えておくのも必要です。

フジ子さんでは経理アウトソーシングを承っています!

画像:フジ子さん

本ブログを運営する「フジ子さん」でも、経理のアウトソーシングを承っています。

大きな魅力は、業界水準のおよそ半額というリーズナブルさ。月30時間実働プランの場合、相場が12~14万円ほどですが、フジ子さんなら6.9万円。コストを大幅に削減できますね。

経験豊富なスタッフによる質の高い業務も好評で、クライアントの継続利用率は90%以上。安いだけではない、圧倒的なコスパの良さを自負しています。

無料トライアルでお試しができるので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

《フジ子さんの料金プラン》

ご契約期間 アシスタント実働時間 月額料金
トライアル 1週間 2時間 無料
PLAN20 1ヶ月 20時間/月 5.17万円
PLAN30 1ヶ月 30時間/月 6.9万円
PLAN50 1ヶ月 50時間/月 9.9万円

 

【フジ子さんのサービス詳細はこちらから】

まとめ

今回は、経理・会計アウトソーシングのメリット・デメリットについて紹介しました。

人件費を削減できたり、コア業務に集中できたりなど、会社にとってメリットの多いサービスです。

「業務が多すぎる」「経理知識がない」という場合、アウトソーシング業者を利用することで業務効率を大幅にアップできるでしょう。もし業者選びに迷ったら、フジ子さんの無料トライアルをぜひ試してみてください。