経理・会計アウトソーシングのメリットとデメリットとは?おすすめ業者や業者の選び方も紹介

「経理業務が多すぎて追いつかない」
「人手不足で経理が後回しになっている」

このようにお悩みの場合、経理アウトソーシングの利用をおすすめします。記帳や給与計算など、経理に関する業務なら何でも対応可能です。業務を効率化できるため、近年需要が高まっています。

しかし、経理アウトソーシングのメリットやデメリット、おすすめの業者などについて、しっかり理解している方は少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、経理・会計アウトソーシングのメリット・デメリットと併せて、おすすめの業者を紹介していきます。

経理・会計アウトソーシングで依頼できる業務

経理・会計アウトソーシングで依頼できる業務は以下の通りです。

・記帳
・給与計算
・決算申告・決算書作成
・年末調整
・売掛金・買掛金の管理
・コンサルティング

これらの業務をまとめて依頼できる場合もありますし、部分的に依頼することも可能です。ニーズに合わせて、依頼業務を決めてください。

経理・会計アウトソーシングのメリット

経理・アウトソーシングのメリットを4つ紹介します。

人件費を最適化できる

無駄な人件費を削減して、最適化できるのがポイントです。経理業務のために正社員を1人雇う場合、採用コストや教育費など多額の人件費が発生してしまいます。

しかしアウトソーシングを利用すれば、正社員を雇用するよりも安く済むことがほとんどです。専門知識を兼ね備えた質の高いスタッフが対応するので、費用対効果も大きいと言えます。

コア業務に専念できる

コア業務に専念できるのも大きなメリットです。経理は専門知識が必要で労力も大きい業務。経理業務で手一杯になってしまい、コア業務に専念できないことも多いでしょう。

しかしアウトソーシングを利用すれば、煩わしい経理業務をやる必要がなくなります。コア業務に注力することで、会社の業績も大幅にアップするでしょう。

ミスや不正を防止できる

ミスや不正を防止できるのも、メリットのひとつ。人間であれば、誰でもミスはつきもの。出来心で不正をする人もいるかもしれません。

一方で、経理アウトソーシングのスタッフは専門性が高く、しっかりとした知識を有しているので、ミスをすることはほとんどないでしょう。独自のシステムを使っているため、セキュリティ面も安心です。

人手不足に対応できる

人手不足に対応できるのも魅力です。一年を通して常に人手不足ではなくとも、年末などの繁忙期には人が足りないことが多いですよね。

そのような短期間の人手不足であっても、経理アウトソーシングなら対応できます。必要な時に必要なだけ依頼すれば、効率良く業務を行えるでしょう。

経理・会計アウトソーシングのデメリット

経理・会計アウトソーシングのデメリットについて紹介します。

社内にノウハウを蓄積できない

社外に業務を依頼するので、当然社内にノウハウは蓄積されません。年末調整や給与計算について疑問点があっても、社内に知識を持った人がいないので、スムーズに解決できないでしょう。

疑問に思うことがある場合、経理代行を依頼した会社にその都度相談する必要があります。

外注管理の手間が発生する

外注した業務を管理する手間もでてきます。業務の進捗や打ち合わせ、追加依頼などをメールや電話で問い合わせる必要があります。

社内であれば口頭で済みますが、社外の場合、わざわざメールしなければいけなかったりレスポンスに時間がかかったりなど多くの手間がかかります。

かえって割高になる可能性もある

アウトソーシングを利用することで、かえって割高になる可能性も0ではありません。料金が高いアウトソーシング業者だと、正社員を雇った方が安い場合もあります。

他の業者よりも安いのか、そもそも正社員雇用よりも安くなるのか、事前に確認しておくと良いでしょう。

経理・会計アウトソーシングの料金相場

経理・アウトソーシングの料金相場を業務ごとに紹介します。

・記帳代行:10仕訳から30仕訳につき1,000円前後
・給与計算:1人あたり2,000円前後
・振込、支払い:1件あたり1,000円程度
・決算業務:数万円~数十万円
・年末調整:1人あたり500~2,000円

1人・1件あたりで勘定されることが多いので、従業員の人数が多ければ多いほど、料金も高くなります。

経理・会計アウトソーシングのおすすめ業者

経理・会計アウトソーシングのおすすめの業者を3つ紹介します。

経理代行

経理代行は、記帳業務や給与計算などの経理業務を代行する業者です。経験豊富なスタッフが多く在籍しており、経理に関する業務なら何でも代行します。

メリットとして挙げられるのは、税理士事務所と比較すると料金が安いことです。ただ、一人のスタッフが抱える仕事量が多い傾向にあるので、品質面では税理士事務所に劣るかもしれません。

【関連記事】
経理代行サービスとは?業務内容や税務申告もできるおすすめ会社などを紹介
会計freeeを使った経理代行│おすすめの業者と業者の選び方を解説
東京で経理代行を選ぶなら?オンライン・渋谷区・世田谷区・大田区のおすすめ業者
大阪で経理代行をアウトソーシングするなら?おすすめ業者や費用・形態をご紹介!

税理士事務所

税理士事務所も経理業務全般を代行します。

簡単な経理業務からコンサルタントまで、あらゆる業務に対応可能です。税理士は資格を持っているので基本的に専任で、質の高いサービスを受けられるでしょう。

【関連記事】
税理士に外注する際の費用相場はどのくらい?代行内容別に紹介
税理士による記帳代行の相場はどのくらい?料金体系なども解説
法人の決算代行でおすすめの税理士事務所7選!プロに任せて安心・安全な報告を!!

オンラインアシスタント

オンラインアシスタントは、クライアントの業務をオンライン上で代行するサービスです。様々なスキルを持ったスタッフが所属しており、サービス提供会社が各スタッフを適材適所に配属します。

一番のメリットは、オンライン上で全ての手続きが済むことです。わざわざ対面で打ち合わせする必要がないので、大幅に時間を節約できます。料金も税理士事務所と比べると安価な傾向にあります。

【関連記事】
オンラインアシスタントとは?利用するメリット・デメリットから導入事例まで徹底解説
オンラインアシスタント15社を比較!各社の特徴や料金を紹介

経理・会計アウトソーシング業者の選び方

経理・会計アウトソーシング業者の選び方を4つ紹介します。

レスポンスが早いかどうか

アウトソーシング業者を選ぶ際に、レスポンスが早いかどうかは重要な点です。

「急遽、明日までに追加で業務を依頼したい」このように思っても、レスポンスが遅ければ、対応できません。

また、どのような連絡手段を使うのかもチェックしておきましょう。「電話なら手間がかかるけれど、チャットなら瞬時に連絡できる」など、媒体によって連絡のしやすさは変わります。

料金が自社にとって適切かどうか

料金が自社にとって本当に適切なのか、今一度考えてみてください。一見、料金が安いように見えても、実は自社で正社員を雇用した方が安かったというケースがあります。

本当に外注した方がお得か、費用対効果は高いかなど、様々な観点から料金について検討してみてください。

情報の管理体制は万全か

情報の管理体制についても注意する必要があります。

アウトソーシングするということは、自社の税務情報を社外に持ち出すということです。万が一情報が漏れてしまうと、損失を被ることになります。

そのため、セキュリティ面が充実している業者に頼むことをおすすめします。

どこまでの業務を依頼できるか

どこまでの業務を依頼できるかということも、確認しておくべき点です。

例えば「決算書作成や税務相談を頼みたい」と考えても、対応していない場合があります。事前に依頼したい業務をリストアップして、対応可能か確認してください。

まとめ

今回は、経理・会計アウトソーシングのメリット・デメリットと併せて、おすすめの業者について紹介しました。

人件費を削減できたり、コア業務に集中できたりなど、経理アウトソーシングは会社にとってメリットの多いサービスだと言えます。

「業務が多すぎる」「経理知識がない」このように思っている場合、アウトソーシング業者を利用することで業績を大幅にアップできるでしょう。