経理代行サービスに外注したい!料金相場やメリット、おすすめの業者をご紹介

 

会社を運営する上で、経理は必ず付随する大切な仕事の一つです。

経理業務は、会社の企業活動によるお金の動きを記録に残し、貸借対照表や損益計算書にまとめ経営者に提供します。

そのほか、会社の財務状況をまとめ、給与・社会保険料の計算等、重要かつ正確さが求められる業務です。

今回は、経理代行サービスに外注するメリットや費用相場、おすすめの外注など余すことなくご紹介します。

経理代行サービスとは?

会社の経理業務を代行してくれるサービスです。

経理の業務は煩雑で、経験が浅かったり慣れていなければミスも起こりやすく、時間的にも精神的にも負担になるものです。

そこで、プロに依頼して経理の仕事を任せる方法です。

このサービスを利用する際の範囲や、料金は業者により異なりますので、以下で詳しく解説していきます。

経理代行サービスの仕事内容や依頼できる事

経理は、会社の活動による金銭の動きを正確に記録に残すことで会社の経営判断を左右するほどの大切な仕事ですよね。

どのような経理業務を代行してくれるのか、調べました。

記帳業務

記帳は、会社の取引を会計データとして集計し、その集計をもとに会社の財務諸表を作成するための業務です。
記帳代行は、ほとんどの経理代行で対応しています。

その他、業者によりますが、クライアントの会社で使っている会計ソフトの入力を代行するサービスを行っている業者もあります。

会計ソフトへの入力は簿記の知識を必要とするため、非常に難しい作業です。

外注のプロに依頼することで、本来の仕事にも余裕が生まれるのではないでしょうか。

給与計算

給与計算は間違いが許されない業務の一つですよね。

給与の正しい計算は、従業員の会社への信頼とモチベーションに繋がるものです。

従業員がいれば、その数だけ給与計算が必要です。

従業員の入退社情報、基礎情報、会社の就業規則、毎月の勤務状況のデータから、従業員の給与計算を代行します。

業者により、クライアントの会社の状況に合わせて、業務の効率化・コストダウンを含めた
提案をしてくれる場合もあります。

売掛金・買掛金計算

経理代行が振込・支払いを行います。

代行業者のチェック項目
●支払いが正しく行われているか
●売掛金の入金が正しく行われているか
(未収金等があれば、早急に経営者に報告あり)

ただし、業務内容の詳細は範囲は業者により異なります。

決算・申告業務

経理の仕事で一番大切で忙しくなるのが〝決算のとりまとめ〟ではないでしょうか。

他の業務もある中で、決算や申告の業務をするのは困難ですよね。

記帳・決算書作成・申告書作成・法人税申告を代行してくれます。

書類の提出までを行ってくれるので、後日 書類の控え、原本などが郵送されます。

依頼方法、代行範囲は業者により異なります。

年末調整業務

年末調整は、毎月の給料から差し引かれる所得税について、年末の最終給与やボーナス等を含め計算をし直した上で、年間の所得税に誤りがないように調整することです。

年末調整をすることにより、社員は確定申告をしなくても所得税を分割して納めることが出来るようになります。

年末は、普段よりも他の業務も忙しくなることも多いにありますよね。

そんな中で行わなければならない年末調整はとても複雑で業務量の重い作業です。

このような多忙な期間だけ、代行業者を活用するという事も出来ます。

経理代行に外注するデメリット

経理代行を利用したことがないのであれば、外注に依頼することに心配や抵抗感があるのではないでしょうか。

新しい方法を取り入れる事は、不安の方が大きいですよね。

ここでデメリットを確認しましょう。

情報漏洩への不安

経理の仕事は、会社のお金の流れを記録に残す為、委託・依頼すれば会社の財務状況が全て知らせるという事です。

とても慎重になる必要があります。

セキュリティや情報管理の体制の取り組みがなされている所を選ぶようにしましょう。

秘密保持契約の締結を結ぶ事はもちろんですが、業者のセキュリティへの取り組みなども確認するようにしましょう。

社員に経理業務のノウハウが身につかない

経理業務を代行業者が全て行うので、社員は経理業務をする機会がまったく無くなるので、経験もノウハウ等も身につきません。

未来の事を計画し、自社で可能な業務がどのくらいあるのか、どのように経理代行を活用していけば会社にとって利益になるのか、導入内容や仕組みなどを検討する必要があるでしょう。

経理代行に外注するメリット

活用すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。
具体的に詳しく見ていきましょう。

本来の業務に専念出来る

本来の業務の他に経理業務を兼務している状態では、本来の業務をする上でも大きな負担になるのではないでしょうか。

経理の業務は複雑な上、正確でなければならない難しい業務です。
決算期などの時期は特に貴重な時間を割く必要が出てきます。

メリット:サービスを活用することで、経理の仕事に時間を使う必要が無くなる。

経理担当者の人件費を削減

経理担当者を雇用する場合にかかる固定の人件費が、かからなくなります。

以下に正社員・派遣社員・外注で 一か月にかかる費用を比べてみました。

※労働保険や雇用保険、業種などにより異なり複雑になる為、正社員は給与の1.5倍で計算しています。

※経理 外注のモデルはフジ子さんの場合にしています。

正社員(給料30万円の場合) 派遣社員(時給1750円の場合)    経理 外注
健康保険料

厚生年金保険料

労働保険・雇用保険

交通費

備品

450,000円

各種保険料等は時給に含まれています。

1日8時間労働

月22日出勤

308,000円

フジ子さんを活用すると、

フルタイムにした場合

時給に換算すると

1390~2000円になります。

222,400~

 

経理代行をオンラインアシスタントで行えば、業務が必要な分の委託ができます。

業者により、繁忙期のみや特定の業務だけを依頼することも可能なので、
時間とコストの節約になります。

また、急な休暇や退職などの心配も無いため、人員不足や人材確保の不安からも解消されるでしょう。

経理のプロによる早くてムダのない・正確な業務

依頼するのは、経理のプロです。
早くて無駄のない、正確な業務が期待出来ます。

経理を行うには、経理に関する様々な法改正もしっかり確認し、業務に取り入れなければなりません。
税制などに関する法律の改正は頻繁に行われていて、2019年1月~3月までの法改正だけでも13項目もあります。

しかし、改正内容を理解し経理に反映していくことは、大変な労力を伴います。

忙しくて、法改正を知らなかったでは済まされません。
過去に遡ってミスの修正が必要になってしまったら、仕事量が何倍にもなってしまいます。

経理代行業者に任せることで、業務が多重・膨大になることもなくなり精神的な負担も軽減されるでしょう。

経理代行サービスの料金相場

●記帳代行800~40,000円
●経理代行全般30,000円~(必要なボリュームや、業者により高額にも)
●決算書作成や法人税申告代行49,800~150,000円
●給与計算代行一人あたり900~2,300円
●年末調整代行一人あたり500~2,000円

経理業務を全体的に依頼する場合では依頼内容により金額が変わります。
セットプランの場合はどこまでの業務が可能か、しっかりと確認しましょう。

オンラインの経理代行サービスがおすすめの理由

オンラインアシスタントとは、インターネットを使い、業務サポートを行う事です。

ビジネス事業を行う上で効率がよい事が注目されています。

人件費が安い

社内で人を一人雇うという事は、在職中の給与を支払う事・福利厚生を図ること・休暇を与える事などの責任が伴います。

もちろん、経理代行も費用がかかりますが、雇い入れた際の人件費に比べて高額になることは、余程のことがない限りありません。

業者により、サービス内容や料金に違いはありますが、大きく月額制と従量課金制に分けて、ご案内します。

 

       月額制

時給相場は2000~4000円

●業者によって、ひと月30時間~、50時間~、フルタイムなどのコース分けをしているので、わかりやすい。

●時間内で案件を受けてくれるので、依頼範囲も幅広い。

       従量課金制

 業務量に応じて、課金される。

●限られた業務だけ依頼する事が出来る。

業者により料金設定はまちまちです。

低料金の例) 領収書整理2、000円~

 

●サービスを使わなければ料金はかかりませんが、基本料金などを設定している業者もある。(10,000万円前後)

 

幅広く対応してくれる

幅広く対応してくれるのがオンラインアシスタントの便利な所です。

もともと経理業務に限らず、オンラインアシスタントが行える仕事の幅は広いです。

臨機応変なビジネスパートナーとしてオススメなのは、料金設定も分かりやすい月額制です。

月額制での代行サービスは仕事の幅も広く、様々な対応をしてきている経験値も多い為、業務のレベルも高いです。

低コスト・高品質な業務を依頼出来る

オンラインアシスタントで経理代行を活用すると、経理経験の長いプロが担当します。
経理の業務は知識・経験が必要ですが、なかなかすぐに経験値のある人材を雇い入れることは難しいと思います。

オンラインアシスタントでは、経理や人事、総務、WEB運用などに関して実務経験の厚いい担当者が中心になり行ってくれるため安心できます。

おすすめの経理代行サービス

経理代行業者はたくさんあるので、どこを選んでよいか迷ってしまいますよね。
ここでは、実績やお客様からのお声をもとにオススメの経理代行サービスをご案内していきます。

フジ子さん

フジ子さんは、オンラインアシスタントで、業界最安値で知られています。

経理業務の経験値が高いスタッフによる、きめ細やかなサポートに加えて、優秀なアシスタントが在籍しており、チームを組んで業務のサポートや代行をしているので、スピーディな業務にも定評があります。

本来、フジ子さんがサポート出来る業務は多岐にわたり、経理業務の他にも記事作成・人事・WEB運用等、業務に関して高い実績と経験があります。

過去の実績や口コミ等、フジ子さんの実務能力・生産性の高さは好評でリピート率は90%を超えています。

ムダなく、必要な時に依頼が出来てすぐに対応してくれるのがメリットです。

フジ子さんの料金や体系は3つのプランがあり、業務量に応じて柔軟なプラン変更も出来ますし、翌月解約もできます。

 

フジ子さんはこちらから

フジ子さんの無料トライアルはこちら

 

経理代行サポートオフィス

記帳代行は月額980円~

決算書作成や法人税申告の丸投げサポートは100,000円~

会計事務所で経験を積んだ、プロのスタッフが派遣されるので心強いですね。

経理代行サポートオフィス

 

ベンチャーパートナーズ経理代行センター

サポート実績は800社以上と豊富な経験もあります。

ベンチャーパートナーズ経理代行センターは、お客様が最も使いやすい経理代行を目指しており、クライアントの会社の状況を徹底的に分析した上でニーズを明確にします。

●領収書整理も全て丸投げできる
●グループの税理士チェックもあるので安心
●最短5日のスピード納品
●規模や業種は問わず、豊富な経験で対応可能
●決算・申告のみのスポット対応可能

※契約期間の縛りや追加料金等も一切ありません。
※他社との見積りも出来ます。

ベンチャーパートナーズ経理代行センター

 

まとめ

経理業務という煩雑な業務を代行する事で、本来の業務に注力することができ、
なにより、正確な経理業務によって、会社の経営判断にプラスに働くのではないでしょうか。

より、会社の利益の向上に繋がる経理代行業者を選定してください。