記事作成代行サービス!外注にかかる費用やおすすめのライティング代行業者をご紹介

多くの方がパソコンやスマホで情報を集める現代。企業の知名度を上げたり商品を販売したりするためにはネット上に情報を発信していくことが大切ですよね。そのために、自社のオウンドメディアに積極的に記事作成をする企業も増えています。

ただ、コンテンツマーケティングのために行うライティングは、読みやすさや検索結果上位の露出を目指すSEOなどを意識した記事作成スキルが必要です。また、執筆に時間がかかるので、なかなか人員を割けないとお悩みの方もいるでしょう。

そこで役立つのが記事作成代行サービスです。ライティング代行にはスキルを持ったWebライターが在籍し、企業が求める記事を執筆してくれます。

ライティング外注をすることで社員をライティング業務に回す必要がなく、その上効果的なコンテンツマーケティングもできて一石二鳥。Web戦略が主流となっている現代においてはなくてはならない代行サービスと言えますね。

では、実際に記事作成を外注するならどのようにして代行サービスを選べば良いのでしょうか?今回は、記事作成代行サービスにかかる費用やおすすめ代行サービスなどを紹介します。

記事作成代行とは

記事作成代行サービスとは、企業のWebサイトに掲載するための記事を執筆する代行サービスのことです。

情報化社会となった現代において、インターネットは大きな情報源と言えます。

「新しい財布が欲しいけどどこのブランドが人気なのかな?」
「あのお店のセールっていつから始まるんだろう?」

など、商品情報やブランド情報、セール時期などをパソコンやスマホで検索して情報収集する方も多いでしょう。

このように、人々がどのような情報を求めているかを理解し、企業が有益な情報を発信していくことで販売促進ができます。そのため、情報発信に役立つ記事は1つのセールスツールとして重要です。

記事作成代行では、企業が求める記事の執筆を請け負ってくれます。外注であれば「他業務が忙しくて執筆する時間がなかった!」などの心配もなく納期に記事を受け取ることができるため、安定したメディア運営が可能です。

記事作成代行サービスに委託できる業務・仕事内容

記事作成とひと口に言っても、その内容は多岐にわたります。用途によって書き方や文章のボリュームなどが変わってくるため、どのような記事を求めるかを明確にした上で外注しなければなりません。

では、記事作成代行サービスでは具体的にどのような業務を外注できるのでしょうか。委託可能な仕事として多いものを4つ紹介します。

オウンドメディアの記事作成

オウンドメディアとは、企業が所有するWebサイトのこと。ユーザーに有益な情報を発信していく役割を持つため、自社商品・サービスのPRに有効です。

集客力があるオウンドメディアには、ブログやWebマガジンなどがあります。企業や商品の魅力がしっかり伝わるような魅力的な文章が必要となるため、企業と代行業者で打ち合わせをしながら記事を仕上げていくという流れが一般的です。

定期的なメルマガ作成

新商品のPRやイベント・キャンペーン情報など、販売促進を狙って配信されるメルマガ。読まずに削除してしまうユーザーも多いので、いかに読んでもらえる文章を書くかが重要となります。

メルマガの販促効果を得るためには定期的な配信が必要です。そのため、代行業者とも長いお付き合いになることが想定されます。

SEOを意識したリライト

「自社でWebライティングをしてみたものの、いまいちアクセス数が伸びない…」

そんなお悩みを持つ方もたくさんいます。そこで依頼すべきが既存記事のリライトです。

リライトとは、分析データをもとにキーワードや内容の調整を行って新たに記事を書き直すこと。SEOを意識して記事の品質を上げればアクセス数を伸ばせるようになる可能性があるため、SEOに強い代行業者に依頼して改善を試みる企業も多いです。

LPのライティング

LP(ランディングページ)とは、商品情報や問い合わせ、購入などオファーを1ぺージで完結できる独立したWebページのことです。値段や商品購入のメリットなど、商品購入に至るまでにユーザーが欲しい情報を1ページに集約しているので、効率よくコンバージョンにつなげられます。

LPは集客力があるため、高い反応率を引き出すためにもハイクオリティなLPを持っておきたいものです。有効なLPがあるだけで売上を大きく伸ばすことも可能なので、セールスライターが在籍している代行業者を探してLP作成を依頼する企業もたくさんあります。

記事作成代行サービスの費用・料金相場

「ライティングを外注したらいくらかかるの?」

外注を検討中の方であれば、当然料金相場が気になりますよね。しかし、記事作成代行の費用は依頼内容によって大きく異なるため、「〇円が相場です」とは一概に言えません。

安いところでは1文字1円未満で仕事を受けてくれますし、専門知識が必要なものはハイクオリティな文章となるので1文字5円以上というところもあります。

また、LP作成のようにデザインも込みの場合は1ページ10万円などのように文字数とは関係ない値段設定となることが多いです。

代行業者の中には、広告費にかけられる予算から記事作成費用の相談にのってくれるところもあるので、「どのサービスを選んだら良いか分からない…」という方は一度相談してみると良いでしょう。

記事作成代行サービスの選び方

自社コンテンツを充実させるためには記事作成が必要不可欠。良質な情報を発信していくことで、売上もどんどん上げていけると期待できます。

しかし、記事作成代行サービスは品質や料金などが様々なので、どこに依頼をすれば良いか決めかねている方もいるでしょう。そこでここからは、記事作成代行サービスを選ぶ上で見ておくべき2つのポイントを紹介します。

料金と品質のバランス

「できればお金をかけたくない」という思いから、安さを重視して代行サービスを選ぶ企業はたくさんあります。しかし、品質を二の次に考えてしまうと使い物にならない記事を納品されてしまう恐れがあるため、必ず料金と品質のバランスが取れているかをチェックしておきましょう。

「記事の品質なんてどうやって見たら良いの?」

そんな方は、代行業者の実績を確認してみてください。今までにどんな企業の記事を請け負ってきたのか、どれだけの記事数を納品したのかなど具体的な実績があると品質の良さも見えてきます。

また、代行業者の中には最初の数件だけ無料あるいは格安で記事作成をしてくれるところもあるので、お試しで依頼してみるのも1つの手段です。

SEOに強いかどうか

どんなに面白くて魅力的な記事でも、ユーザーに見つけてもらえなければ意味がありません。たくさんのユーザーに見てもらえるようにするためにはSEOの知識が必要不可欠なので、SEOに強い代行サービスを選ぶのがおすすめです。

SEOとは、検索エンジン上位に露出することを目指す対策のこと。SEOを意識した記事は検索エンジンに好かれやすく、「この記事は良質な記事だ!」と判断した検索エンジンができるだけ上の方に記事を表示してくれます。

検索上位の記事はアクセス数も伸びやすいので、SEOに自信がある代行業者に依頼すると大幅な集客アップが期待できるでしょう。

おすすめの記事作成代行サービス①費用が安い

記事作成代行サービスを継続的に依頼したいのであれば、やはり気になるのが費用面ですよね。業績アップにはWeb戦略が欠かせませんが、あまりに費用をかけすぎては収支のバランスを取るのが難しくなってしまうでしょう。

そこでここからは、ライティング外注費用の安さが魅力の代行サービスを2つ紹介します。「あまり予算をかけられない」とお悩みの方は必見です。

フジ子さん

引用:フジ子さん | オンラインアシスタント 月額4.7万円~ 1ヶ月利用も可

代行サービスで安いと言えば真っ先に名前が挙がるのがフジ子さんです。なんと、その費用は1ヶ月20時間で4.7万円。この金額は、オンラインアシスタントで業界最安値と言われています。

記事作成代行サービスは一般的に1文字〇円のような文字単価が多いのですが、フジ子さんは時間単価なので文字数に関係なく依頼しやすいと言えます。

フジ子さんにはアシスタントの実働時間に合わせて3つのプランがあり、一番高い1ヶ月50時間のプランを選んでも10万円未満です。そのため、予算に不安がある方でも安心して契約できるでしょう。

また、フジ子さんは経理や秘書、人事などライティング以外の様々なバックオフィスも対応してくれます。コスパが良いライティング代行をお探しの方にはぴったりのサービスですね。

「フジ子さん」公式サイトはこちら

ZETTON

引用:記事作成代行・WEBライティングのzetton(ゼットン)

「予算がないから安く記事を外注したい!」
「とにかく早く記事が欲しい!」
「発注や管理をするのが面倒だから全部任せたい!」

このような企業側のニーズに柔軟に対応してくれるのがZETTONです。

値段は1文字0.7円~とかなりリーズナブル。「それだけ安いとサービスの質が悪いのでは?」と懸念される方もいますが、ZETTONでは専属ディレクターが責任を持って発注から納品までを請け負ってくれるので安心です。

柔軟で高い対応力が人気となり、顧客満足度は98%とかなりの高実績。大量発注は短納期など「他の代行サービスだと断られるかもしれない…」と不安を抱いている方は、ぜひZETTONに相談してみはいかがでしょうか。

「ZETTON」公式サイトはこちら

おすすめの記事作成代行サービス②SEOに強い

多くのユーザーの目に触れる記事を書いてもらうためには、SEOに強い代行サービスを利用するのがおすすめです。検索エンジンに好まれる文章の書き方を熟知しているところであれば、効率よく自社コンテンツを露出していけます。

では、SEOに強い記事代行サービスにはどのようなところがあるのか、おすすめの代行業者を2つ紹介します。

ハピスキ

記事作成代行やコンテンツマーケティングのコンサルティングを行っているハピスキ。1番の特徴と言えば、業界トップクラスのSEOライティングです。

ハピスキには、

  • 5ヶ月でオウンドメディアのPV数を8,000PVから20万PVに伸ばす
  • 個人ブログを5ヶ月運営して37万PV達成
  • 月間300万PVオウンドメディアの総編集長

など、数々の実績を持つ編集者が在籍しています。これだけ確かなスキルを持つ実力派編集者であれば、安心して高品質ライティングを依頼できますね。

また、記事を書くだけでなく戦略立案から分析、キーワード選定も行い抜群のマーケティング力でサポートしてくれるため、ビジネスパートナーとしても心強いですよ。

「良質な自社コンテンツを作りたい!」という方には特におすすめしたい記事作成代行サービスです。

「ハピスキ」ブログはこちら

ライトアップ

引用:(株)ライトアップ 創業19期目、社員100名の渋谷にあるIT・ネット企業です。全国、全ての中小企業を黒字にする事が目標です。

「全ての中小企業を黒字にする」

そんな目標を掲げているライトアップは、多くの中小企業をサポートするため、代行業務の他に経営の勉強会なども行っており全国を飛び回っています。

多くの企業をサポートしてきたライトアップだからこそコンテンツマーケティングにおける知識はかなり豊富。時代とともに変化するSEOの特徴をしっかり捉えて、それに合わせて効果的なSEOライティングをしてくれます。

検索エンジンに嫌われず、読み手に好かれる

この2つのバランスが絶妙なライトアップであれば、高品質な記事が期待できるためハイクオリティなライティングを求める方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

「ライトアップ」公式サイトはこちら

まとめ

コンテンツマーケティングにおけるライティングには、SEOをはじめとしたWeb知識や文章スキルが必要です。一から身につけようと思うと時間がかかりますし、記事作成に割けるほど人員に余裕がないという企業もあるでしょう。

そこでおすすめしたいのが記事作成代行サービスです。スキルのあるWebライターが執筆を担当してくれることで、安定した情報発信ができます。

「もっと自社コンテンツを充実させたい!」
「アナログ一択だったけど、時代に合わせてこれからWebで情報を発信していきたい!」

そんな方は、ぜひ上記で紹介した記事作成代行サービスを検討してみてください。どこも高品質で実績のあるサービスなので、安心してお任せできますよ。