記帳代行とは?外注するメリット・デメリットからおすすめ業者まで徹底解説!

「簿記知識がないから記帳が分からない…」
「記帳作業に時間がかかってコア業務に専念できない…」

このような悩みを抱えている方の救世主とも言えるのが「記帳代行サービス」です。記帳代行サービスを利用すると、記帳作業に対する負担を大きく軽減できます。

また、経理経験者や税理士・会計事務所が記帳作業を行ってくれる場合が多いので、安心して任せられるのも魅力です。

こうした魅力から、今多くの企業が記帳代行を利用しています。需要が高まり業者も増えているため、どの業者に依頼すべきか、どのくらい費用がかかるかなどが気になっている方も多いでしょう。

そこで今回は、記帳代行サービスとは何なのかという基礎から、外注するメリット・デメリット、おすすめ業者まで徹底解説します。

記帳代行サービスとは

記帳代行とは、企業の売上や請求書などを整理し記帳する作業を代行してくれるサービスです。

記帳は事業を行う上で発生するお金の動きを記録したもの。確定申告や日々の経営状況の把握などに重要なデートとなるため、経理業務の中でも欠かせない重要業務です。

ただ、毎日記帳をするのは非常に手間。簿記の知識がないと難しいですし、仕訳件数が多いと時間もかかります。

そこで活躍してくれるのが記帳代行サービスです。記帳代行サービスを行っている業者は大きく以下の2パターンに分けられます。

  • 税理士・会計事務所などお金のプロが担当してくれる
  • アウトソーシング会社に所属している簿記資格保有者や経理経験者が作業を担ってくれる

どちらを選ぶかでサービス内容や料金が異なりますが、簿記の知識がある方々が担当してくれると分かれば安心して任せられますね。

記帳代行サービスに外注できる仕事内容

記帳代行サービスで依頼できる仕事は業者によって様々です。中にはオプションを設けているところもあり、記帳だけでなく幅広い経理業務を担ってくれるところもあるでしょう。

ここでは、記帳代行サービスの中でも基本的なサービスを紹介します。

レシートや領収書の整理

記帳にはレシートや領収書などの資料が必要です。資料がごちゃごちゃな状態でいきなり記帳を始めても効率が悪いので、まずは日付順、仕訳科目ごとなど記帳しやすいよう整理します。

整理していく中で経費にできないものが混ざっていないかなどもチェックしてくれるため、不正な経費計上の心配もなく安心です。

会計ソフトへの入力

現代の記帳は会計ソフトへの入力が基本。ミスがないようレシートや領収書などの内容を入力します。

会計ソフトとひと口に言っても種類がいくつかあり、記帳代行サービスによって取り扱っている会計ソフトはさまざまです。そのため、今まで自社で記帳をしていた場合は使用していた会計ソフトに対応しているか、そのまま引き継ぎが可能かなどサービス導入前に確認することが大事なポイントです。

各種帳簿の作成

会計ソフトに入力したデータをもとに月次試算表や残高試算表などの各種帳簿を作成します。

ただ、業者によって作成してくれる帳簿の種類が異なるため、全業者がすべての帳簿を作成してくれるとは限りません。

「現金出納帳を作成してくれると思ったのにオプションだった!」

このようなことになると追加料金がかかってしまうので、帳簿作成に関する料金設定も事前に確認をしておくことが大切です。

記帳代行サービスに外注するメリット

記帳は簿記の知識が必要ですが、会計ソフトを利用すれば不慣れな方でも行える業務です。そのため、あえて記帳作業を外注するメリットが分からないという方もいるでしょう。

しかし、実際は下記のようにたくさんのメリットがあります。特に注目したいポイントを2点ピックアップしたので、詳しく見てみましょう。

記帳代行サービスのメリット一覧
・記帳に時間を費やさないからコア業務に専念できる
・顧問税理士に依頼するより安く済ませられる
・簿記の知識がなくても青色申告ができる
・経理経験者や会計事務所などが業務を担ってくれるところもあるから安心して任せられる
・税理士の運営であれば節税のアドバイスをもらえる場合がある
・税務担当が退職しても継続して業務を任せられる

コア業務に専念できる

記帳は小まめに行わなければならない作業。これらを外注することで自社社員がコア業務に専念できます。

記帳作業は簿記のルールに則って会計ソフトに入力していかなければならないので、時間がかかる作業です。万が一記帳内容と通帳の数字が合わなければ、修正作業も必要となります。

実際に個人事業主としてWebライターをしている筆者も自力で記帳作業を行っていますが、数字が合わないのは日常茶飯事です。ひどい時では、ミス探し・修正に丸1日を要することもあります。

しかし、記帳代行サービスを利用すれば記帳に割く時間が必要なくなり本業に専念できるため、メリットが大きいと言えるでしょう。

簿記知識なしでも青色申告ができる

節税効果が大きい青色申告をするためには、複雑な記帳をしなければなりません。簿記知識がないと難しいため、諦めている経営者も多いでしょう。

しかし、記帳代行サービスは経理経験者や税理士・会計士などが担ってくれるので、経営者に簿記知識がなくても安心して青色申告ができます。

青色申告の控除額は最高65万円。「もれなく節税したいけど簿記に自信がない…」という方には魅力的ですね。

記帳代行サービスに外注するデメリット

記帳代行サービスを利用することで得られるメリットは豊富にありますが、その反面外注に頼ることでいくつかデメリットも発生します。

デメリットを理解せず外注してしまうことで「やっぱり自社でやっておけばよかった…」なんて後悔につながることもあるでしょう。

具体的に挙げられるデメリットは下記の通りです。その中から特に注目してもらいたいポイントを2つ紹介します。

記帳代行サービスのデメリット一覧
・社内に記帳のノウハウが蓄積しない
・依頼が混雑すると試算表などの完成が遅れることがある
・数字を読む力が身につかない
・タイムリーに業績を追うことが難しい

社内に記帳のノウハウが蓄積しない

「今後記帳は外注に任せるから社内に記帳ノウハウは必要ない!」という企業もあるでしょう。

しかし、一生記帳代行サービスに外注できるとは限りません。

例えば、

  • 外注先がサービスを終了したため、記帳を依頼できなくなった
  • 事業拡大で記帳件数が増えたことから外注コストも大幅アップしたので、記帳を自社管理に切り替えたい
  • タイムリーに業績をチェックしたいから外注をやめたい

このようなケースで外注をやめた場合、自社に記帳ノウハウがなければ対応が難しくなります。そのため、記帳代行サービスを利用するとしても記帳ノウハウの蓄積は対策を講じることが大切です。

数字を読む力が身につかない

経営者にとってもっとも致命的と言ってもいいのが「数字を読めないこと」です。

経営は、記帳内容からお金の動きを把握し、数字を分析して問題改善や予算立てなどを行います。こうして会社を円滑にまわしていくため、経営者は帳簿を見て数字を読めなくてはなりません。

しかし、記帳を外注するとお金の動きを把握できなくなるため、数字を読めない経営者となってしまいます。

日々の記帳作業が省けるのは楽ですが、その分経営戦略が立てづらくなることは免れません。

記帳代行サービスの費用相場

記帳代行サービスの料金システムには以下の2パターンがあります。

【定額制】
相場は100仕訳10,000円程度。
「月30仕訳までで〇円」と決まっているため、月々のコスト計算が簡単。

【従量制】
相場は1仕訳50~100円程度。
仕訳数に応じた費用がかかるため、余計な出費がない。

外注先がどちらの料金システムを設けているか、また仕訳件数はどれくらいあるのかなどで費用が大きく変わります。

少しでも費用を抑えたい場合は、まず毎月どの程度の仕訳件数があるのかを確認し、どちらのパターンがお得かを考えることが大切です。

おすすめの記帳代行・アウトソーシング業者①料金が安い

記帳作業を外注するなら当然かかるのが依頼費。毎月支払う料金なので、できるだけ安く済ませたいですよね。

そんなニーズにぴったりなおすすめの記帳代行サービスを紹介します。

フジ子さん

引用:フジ子さん | オンラインアシスタント 月額4.7万円~ 1ヶ月利用も可

フジ子さんは、専門性の高いアシスタントが経理・人事・秘書など幅広い業務を請け負ってくれる人気のオンラインアシスタントです。

その費用は業界最安値と言われており、フルタイム(月160時間)の利用で1時間当たりのコストは1,390円~となっています。

社員を雇うとなると社会保険料や福利厚生費などの固定費がかかりますが、フジ子さんに固定費はありません。社員を雇うことにハードルの高さを感じている経営者にとっては嬉しいポイントですよね。

「高品質×低価格」のコスパが高いオンラインアシスタントを探すならうってつけのサービスと言えます。

引用:https://fujiko-san.com/

「フジ子さん」公式サイトはこちら

ウェブゼイム

引用:東京の新しいスタイルの税理士紹介会社「最低料金保証付き」|ウェブゼイム

ウェブゼイムは、経営者の心強いサポーターとなる税理士を紹介してくれる紹介会社です。記帳代行はもちろん、決算・申告や年末調整など様々な税務関係のサービスを提供しています。

ウェブゼイムの料金システムは非常にシンプルで、1仕訳=38円の固定です。

例えば、30仕訳までが2,000円で31仕訳からが4,000円と仕訳数でプランが変わる定額制の場合、1仕訳しか違わないのに2,000円も費用が上がってもったいないですよね。

このような無駄なコストが不要となるのが従量制の魅力。さらにウェブゼイムは1仕訳の値段が相場より安いため、総額的に費用を抑えられると人気です。

「ウェブゼイム」公式サイトはこちら

おすすめの記帳代行・アウトソーシング業者②税理士・会計事務所がサポート

記帳ミスや経費を不正に計上するなどすれば脱税のリスクを高めます。「知らなかった」では済まされないので、正しく納税するためにも専門家にお金の管理を任せられたら安心ですよね。

そこでここからは、お金のプロである税理士・会計事務所が記帳代行を請け負ってくれるおすすめのサービスを紹介します。

エーキューブ総合会計事務所

引用:エーキューブ総合会計事務所 |【東京新宿区飯田橋の税理士なら】

エーキューブ総合会計事務所は、ベンチャー企業から上場企業まで幅広い経営者を対象にアウトソーシングサービスを提供する会計事務所です。

税理士、公認会計士といった税金に強い資格を持つ専門家が在籍しているので、安心して任せられますよ。

また、東京に拠点を構える会計事務所ですが、資料を郵送したり専用URLにデータをアップロードしたりで対応してくれるため県外の方も気軽に依頼可能です。

引用:https://acube-ac.com/price/price_a1.html

「エーキューブ総合会計事務所」公式サイトはこちら

エース会計事務所

引用:経理代行・記帳代行・経理アウトソーシング エース会計事務所 東京都中央区

累計実績500社以上という実績を持つエース会計事務所。日本一チェックが厳しいと定評がある東京国税局管内で節税対策を行っているため、安心感は抜群です。

記帳代行の料金は40,000円/月。
仕訳件数に関係ない定額なので、仕訳数が多い企業であれば他サービスよりお得になる可能性があります。

安心感を優先させたい方にはぜひおすすめしたいサービスです。

「エース会計事務所」公式サイトはこちら

まとめ

記帳業務で行われる作業は大きく「証憑書類の整理」「会計ソフトへの入力」「帳簿作成」の3つがあります。

この3つはスピードと正確さを要しますし、処理する量が多ければ時間もかかるでしょう。記帳業務にばかり時間が取られ、他の作業が一向に進まないと頭を悩ませている方は少なくありません。

そこでおすすめしたいのが記帳代行サービスです。日々の記帳業務を担ってくれるため、自社社員をコア業務に専念させられます。

今回は、記帳代行を利用するメリット・デメリットやおすすめ業者を紹介しました。記帳代行を検討中の方は、ぜひ上記のポイントを踏まえて自社に合ったアウトソーシング業者選びに役立ててください。

また、今回紹介したアウトソーシング業者以外にもこちらの記事でたくさんの業者を紹介しています。「たくさんの業者を比較して選びたい!」という方は必見です。

東京の記帳代行サービス!おすすめ32社徹底比較。費用対効果など | ブログ|フジ子さん