個人事業主も秘書を雇って生産性アップ!費用相場や雇い方、おすすめ業者なども解説

「コア業務が忙しくてノンコア業務に手がまわらない」
「バックオフィス業務が苦手……」

こういった悩みを抱える個人事業主の方には、事務全般をサポートしてくれる秘書を外部へ依頼するのがおすすめです。雑務の負担が軽減されて生産性がアップするほか、ビジネスについて客観的な意見を聞くこともできます。

本記事では個人事業主の方向けに、秘書を依頼したり雇ったりするメリット・デメリットや費用相場、おすすめ業者などを紹介します。

個人事業主向け秘書に依頼できる主な業務

秘書の仕事は、上司が働きやすい環境を整えること。具体的には、事務や調整といった以下のような業務を依頼できます。

・スケジュール管理
・アポイント調整
・来客対応
・メール、電話対応
・書類作成
・ファイリング
・データ入力
・リサーチ
・お店の予約
・飛行機やホテルの予約
・経理(業者による)
etc.

個人事業主が秘書を雇うメリット

個人事業主が秘書を雇うメリットは、主に次の通りです。

✓バックオフィス業務の負担が減る
✓コア業務にリソースを割けるようになる
✓事務仕事のミスや漏れがなくなる
✓ビジネスについての相談ができる
✓秘書の存在により仕事への強制力が生まれる

何でも1人でやろうとすると、どうしても後回しになったり雑になったりする業務が出てきます。バックオフィス業務は特にそうなりやすく、デッドラインのギリギリになったり、跡からミスが発覚して追加の手間が発生したりしがちです。

リソースが特に限られている個人事業主にとって、秘書に付いてもらうというのは生産性アップの有力な手段だといえます。

個人事業主が秘書を雇うデメリット

メリットばかりではなく、個人事業主が秘書を雇う際には次のようなデメリットもあります。

✓一定の費用がかかる
✓秘書によってレベルに差がある
✓事務のノウハウを身に付けられない

費用がかかるのは当然として、その上で秘書ごとにレベル差があることを押さえておきましょう。かえって自分の仕事量が増える……といったトラブルが起きるかもしれないので、秘書候補の実績やスキルは細かくチェックしてください。

また、事務のノウハウが身に付かないため、何らかの事情で契約が切れると業務が立ち行かなくなる可能性もあります。これについては、契約解除についての取り決めをしっかり確認しておきましょう。

個人事業主向け秘書はオンラインアシスタントがおすすめ!

秘書を付けたい個人事業主の方には、オンラインアシスタントを利用するのがおすすめです。

オンラインアシスタントとは、Web上のやりとりを通じて、クライアントのバックオフィス業務全般をサポートするサービスのこと。前述の秘書業務のほか、経理や人事、Web系など、さまざまな分野の仕事を依頼できます。

オンラインアシスタントのメリット

オンラインアシスタントのメリットは次の5点です。

①Web上でやりとりが完結するため、業務上の手間を最小限に抑えられる
②社会保険などが不要で、実働時間に応じたプランを選べるため、正社員やアルバイトを雇うよりも人件費を抑えられる
③業者のテストや面接をパスした人材が業務を担当するため、業務品質が高い
④プラン内であれば必要な時に必要な分だけ依頼できる(実働時間の追加も可能)
⑤業者によっては郵便物の仕分けといったオフライン業務にも対応してくれる

こうした利便性とコストパフォーマンスの良さから、実際にオンラインアシスタントを利用する小規模事業者は近年増加しています。「やりとりがオンラインだけというのは不安」という方もいらっしゃると思いますが、チャットツールだけでなく必要に応じて通話も可能なので、コミュニケーションミスへの対策も万全です。

オンラインアシスタントの費用相場

オンラインアシスタントサービスの料金プランには、以下の3パターンがあります。

時間制 アシスタントの実働時間で料金が決まる
タスク制 作業量によって料金が決まる
定額制 毎月決まった料金が発生する

一般的なのは時間制です。1ヶ月あたり30時間実働の場合、料金相場は月額12~13万円ほど。時給換算で3,000円弱となります。

業者によっては、土日祝・夜間対応やプランを超過した分の作業に追加料金がかかります。

個人事業主向け秘書のおすすめサービス

ここからは、個人事業主向け秘書のおすすめサービスを紹介していきます。

フジ子さん

画像:フジ子さん

本ブログを運営するオンラインアシスタント「フジ子さん」でも、秘書をはじめとしたバックオフィス業務全般を代行しています。

弊社の強みは、経験豊富なワーカーによる高品質かつ迅速な仕事と、業界水準の半額ほどというリーズナブルな料金です。前述の通り、月30時間実働だと12~14万円が相場なのに対し、フジ子さんなら月6.9万円。このコスパの良さが好評で、クライアントの継続利用率は90%以上です。

現在、2時間実働の無料トライアルを実施中ですので、まずはお気軽にお問い合わせいただければと思います。
<料金プラン>

プラン名 契約期間 アシスタントの稼働時間 月額料金
トライアル 1週間 2時間 無料
PLAN20 1ヶ月 月20時間 4.7万円
PLAN30 1ヶ月 月30時間 6.9万円
PLAN50 1ヶ月 月50時間 9.9万円

*ほかにも80〜160時間稼働のプランもあり(料金は要相談)

【フジ子さんのサービス詳細はこちらから】

HELP YOU

画像:HELP YOU

「HELP YOU」は、採用率1%という難関をクリアしたワーカーによる、品質の高い業務が魅力のオンラインアシスタント。イオンや楽天といった大手企業にも多数利用されています。

案件の依頼後は、窓口のディレクターが最適なスタッフをアサイン。緊急や短期の利用等に柔軟に対応できるのも魅力です。
<料金プラン>
要問合せ

【HELP YOUのサービス詳細はこちらから】

ビズアシスタントオンライン

画像:ビズアシスタントオンライン

「ビズアシスタントオンライン」は、大手クラウドソーシング・クラウドワークスが運営するオンラインアシスタントです。

同社の特徴は、クライアント+ワーカー+ビズアシスタント担当者による三者面談を事前に行うこと。これによりミスマッチを防げます。契約後のフォローも充実しており、安心して依頼できます。
<料金プラン>
公式サイトの資料を要確認

ビズアシスタントオンラインはこちらから】

まとめ

今回は個人事業主向けの秘書について、利用するメリット・デメリットやおすすめサービスなどを解説しました。

秘書によって生産性がアップすればより大きな収益につながりますし、業務負担が減ればコア業務へさらに注力したりプライベートを充実させたりできます。秘書の費用こそかかりますが、それ以上の恩恵を受けられる方は多いでしょう。

ぜひ本記事を参考に、自分にぴったりの秘書を見つけていただければと思います。