経理・会計・財務は何が違う?それぞれの役割や仕事内容などを解説

経理・会計・財務は「お金に関わる仕事」という面では共通しています。しかし、具体的にどのように違いがあるのかわからないという人は多いのではないでしょうか。

企業の経理・会計・財務の仕事は、それぞれ求められるスキルや資格が異なります。企業のこれらの職種の求人に応募したいと思っているなら、しっかりと違いを理解し、どんな能力が求められるのかを把握したうえで応募する必要があるでしょう。

そこで本記事では、経理・会計・財務の仕事はそれぞれどのように違うのか、これらの職種に就くにはどんな資格を持っていると良いか解説します。

経理・会計・財務は何が違う?

まず、経理・会計・財務はそれぞれどのような仕事なのでしょうか。この3つの違いを見ていきましょう。

経理とは?

経理とは、日々発生するお金の取引を記録し、まとめて管理する仕事を言います。企業では日々お金が出たり入ったりしています。そして毎日のお金の流れを記録しているでしょう。それをまとめるのが経理の仕事です。

企業の今後の方向性などを決めるのに、キャッシュフロー計算書や損益計算書など、お金に関わる書類は欠かせないでしょう。日々のお金の記録をまとめて、このような書類を作る事務的な役割を持っているのが経理に当たります。

会計とは?

会計とは、日々のお金の流れを記録してまとめたり、日々の支払いを行ったり、お金が関わる業務全般のことを言います。会計は経理と共通している部分もありますが、会計では書類作成だけでなく、企業のお金の全体像を把握し、それを周囲に周知する役割もあります。

ちなみにこの日は何を買った、給料日はいくらお金が入ったなど家計簿を付けている人もいるでしょう。このような家計簿も、お金の流れを記録してまとめているので会計の一種に分類できます。

財務とは?

経理と会計は共通している部分がありましたが、財務はこの2つとはまったくの別物です。財務では、企業のお金を運用したり、銀行などから資金を調達したりします。

経理部が作成した財務諸表をもとに、企業の資金繰りをどうするかを決めて実行に移すのが財務の仕事です。そのため、財務の仕事には経理や会計などとの連携が必ず求められます。ただ、企業によっては、財務部を設けずに、経理や経営者が財務を行うこともあります。

経理の仕事内容

それでは、経理・会計・財務の違いを把握したところで、それぞれ具体的にどんな仕事を行うのか見ていきましょう。まずは経理から紹介していきます。経理の業務内容は以下の通りです。

・財務諸表の作成(損益計算書・キャッシュフロー計算書・貸借対照表など)
・伝票の作成
・取引先への請求・支払い
・税金関連の申告
など

お金に関わる書類作成などの事務作業が経理の主な仕事と言えるでしょう。

経理の仕事で求められるのは、正確さです。経理が作成した書類が会社の将来を決めます。そのため、計算にミスがあってはいけません。経理の仕事は地道な作業が求められますが、会社経営に欠かせない役割を担っている仕事と言えるでしょう。

会計の仕事内容

先ほど解説したように、経理は会計の業務の一部です。そのため、会計部署では経理の業務も行うことも多々あります。それ以外には、日々発生する仕入れや売上の記録も会計の仕事です。

企業の規模が小さいうちは問題ありませんが、規模が大きくなると、記録しなければいけない取引の量も増えてきます。そうすると貸借対照表などの書類作成業務が追いつかなくなってしまうので、経理部門と会計部門を分けることがあります。

また、会計の業務は管理会計と財務会計の2種類に分けることができます。

管理会計

管理会計とは、企業の経営陣が経営方針を決めるための資料を作成する業務です。こちらに関しては基本的に外部に公表されないものなので、特に資料を作成するにあたってルールは定められていません。

管理会計では、会社の今後を見極める資料を作成するだけでなく、作成した資料から会社が抱えている問題を洗い出し、その解決策を提示することもあります。そのため、経理・会計の知識だけでなく、分析に関する知識も必要となります。

財務会計

財務会計は、損益計算書をはじめとする財務諸表を作成する業務を言います。財務会計に関わる書類は、有価証券報告などで公表されるものであり、投資家などが参考にするものなので、ルールに則って作成する必要があります。

また、財務会計では利益分配も行います。会社は株主に対して、所有する株の数に応じた利益を分配するでしょう。その際にいくら支払うかを決めるのも財務会計の仕事です。

ただ、あまりにも分配する利益が少なすぎると、株主が株を手放してしまいますし、多すぎると企業の経営に支障を及ぼしてしまいます。そのため、バランスを考えて利益分配を行う必要があります。

財務の仕事内容

経理・会計が今会社にあるお金を管理する仕事なら、財務は会社に将来的に入ってくるお金を増やす仕事です。財務の具体的な業務内容を挙げると以下の通り。

・銀行などからの資金調達
・投資
・M&A
・株式の発行

経理や会計が作成した資料をもとに分析し、これらの仕事を企画立案・実行します。中小企業だと財務と経理を兼ねていることも多いです。

経理・会計・財務に役立つ資格

経理・会計・財務はどれも人気の高い仕事です。そのため、少しでもこれらの仕事の面接を有利に進めたいなら資格を取得すると良いでしょう。

ここで紹介した資格を取得し、経理・会計・財務への就職・転職を目指してみてください。

経理に役立つ資格

画像URL:日商簿記検定公式サイト

経理に役立つ資格の代表格が「日商簿記検定」です。経理の求人は日商簿記検定2級以上が応募条件のものが多く、経理を目指すなら必須の資格と言えるでしょう。

日商簿記検定は3級〜1級があり、実務で役立つのは2級以上。基本的には2級でも十分ですが、大手を目指したい、財務にも挑戦してみたいと思っているなら1級を取得するのがおすすめです。

会計に役立つ資格

画像:ビジネス会計検定公式サイト

先ほど解説した通り、経理の仕事は会計の仕事の一部なので、会計を目指すにあたっても、日商簿記検定2級以上を取得しておくべきでしょう。

日商簿記検定以外だと、「ビジネス会計検定」がおすすめです。日商簿記が財務諸表の作成に関する内容が問われるのに対し、ビジネス会計検定では、財務諸表の読み取り方や分析方法が問われます。

会計の仕事ではただ日々のお金の流れを記録するだけでなく、役員総会や株主総会で財務諸表に関する説明や意見をする場面もあります。そこでしっかり財務諸表を読み取るスキルを身につけることで、わかりやすく人に財務諸表の内容を伝えられるようになるでしょう。

財務に役立つ資格

画像URL:FASS検定公式サイト

FASS検定」は経済産業省が経理・財務を育成する目的で日本CFO協会に委託して運営されている資格です。ちなみにFASS検定では級ではなくスコアによる評価が行われます。

FASS検定で出題されるのは資産・資金・税務・決算の4分野。特に資産・資金の運用について出題される資格は少ないので、財務を目指す人は特に受験する価値のある資格です。

まとめ

経理・会計・財務は企業のお金に関わる仕事という部分では共通しています。ただ、経理・会計はお金を記録・管理する仕事、財務はお金を運用する仕事と違いがあり、同じお金に関する仕事でも求められる知識も異なります。

経理・会計・財務を目指す場合、これらの仕事の違いを理解していないと、面接時に齟齬が生まれたり、入職してから思っていた仕事と違ったと思ってしまったりするでしょう。自分が希望する仕事にはどんなスキルが求められるかをよく理解し、就職・転職に臨んでください。