営業リストとは?作り方・管理方法と営業リスト作成おすすめ代行業者

効率よく営業活動を行うのに効果的なのが「営業リストの作成」です。

「営業のアポを取りたいけど電話番号は何番だったかな?」
「営業に行く前に、先方の住所から移動時間を調べておこう」

このような際に、先方の情報が項目別に整理されている営業リストがあれば、わざわざデータベースから検索する手間がありません。

スムーズに営業ができるよう工夫することで売上アップにつながるので、営業リストを活用したいと思っている会社も多いでしょう。

しかし、たくさんの顧客情報を分かりやすくまとめるのは大変です。具体的な作成方法が分からず頭を悩ませている方もいるはず。

そこで本記事では、営業リストの作り方や管理方法、作成を依頼できるおすすめ外注業者を紹介します。

営業リストとは

営業リストとは、営業先ターゲットの情報をリスト化したもの。実際にリストにする項目には以下のようなものがあります。

  • 社名、担当部署、担当者氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 企業URL
  • その他企業情報(社員数、資本金、契約済みであればサービス内容など)

「名刺に記載されている内容がほとんどだからわざわざ営業リストを作らなくてもいいのでは?」という方もいるでしょう。

しかし、山ほどある名刺から目的の名刺を見つけるのは時間がかかります。一方、営業リストは項目別に情報が整理されているため、わざわざ名刺を探す手間がありません。

営業リストを作成することで営業活動の効率が上がり、売上アップにもつながることから営業職にはかかせないツールの1つと言えます。

営業リストの作り方

営業リストを作るためにはターゲットとなる営業先の情報を収集しなければなりません。取引履歴のある企業をあたるという手もありますが、それだけでは限界があります。

そこでここからは、たくさんの会社情報を得るのに効果的な収集方法と営業リスト作成方法について紹介します。

イベントや展示会に出る

イベントや展示会への参加は人脈を大幅に広げる絶好のチャンスです。名刺交換の機会に恵まれやすく、時には疎遠となっていた方と改めて親交を深められる可能性もあります。

ただ、イベントや展示会にも様々なタイプのものがあるので、手あたり次第に参加していては時間と経費の無駄遣いとなってしまうことも。そのため、目的達成の見込みがあるイベント・展示会かどうかを見極めて参加することが大切です。

では、具体的にどのように見極めれば良いのでしょうか?ニーズに合わせておすすめしたいイベント・展示会例をまとめたので、以下を参考にしてください。

ニーズ 有益なイベント・展示会例
「たくさんの方と出会いたい!」 ・「〇万人来場!」など過去のイベントで集客実績がある企業のイベント・会場が広く多くの参加者が見込めるイベント・著名人がゲストで来場するイベント
「いろんな業界の方と交流したい!」 ・異文化交流会・ビジネス関連のセミナー
「ターゲットにアプローチをかけたい!」 ・ターゲット企業のイベント

会社情報を持つ企業から買ってカスタマイズする

様々な会社情報を持つ企業・業者からリストを購入するという方法です。有料となりますが、手っ取り早く営業リストを手に入れられるので面倒がありません。

営業リストを一から作成するのは大変です。しかし、すでにリスト化されたものを購入すれば必要に応じて手を加えるだけで簡単に営業リストを作成できます。

ただ、費用がかかる上に情報の信憑性が高いか否かという心配が出てくるため、どこから購入するかをしっかり吟味することが大切です。

法人番号公表サイトを利用する

法人番号公表サイトとは、国税庁が管理しているツールです。企業に定められた法人番号や所在地などから検索すると、たくさんの会社情報を得られます。

実際に「東京都」という条件だけで検索してみると、1,061,994件の会社情報が見つかりました。(2020年2月現在)

法人番号公表サイトからは法人番号・企業名・所在地までしか分からないため、電話番号などは自力で調べる必要があります。しかし、たくさんの会社情報が得られるのでターゲットを広げたい際におすすめです。

「法人番号公表サイト」

営業リストの管理方法

会社情報の収集の次に、今度はその情報を分かりやすくまとめて管理しなければなりません。

営業リストの管理方法は主に以下の3つです。

  • Excelで自社管理する
  • 顧客管理ツールを活用する
  • 代行業者に修正・更新などの編集作業を任せる

自社管理をするならExcelで表を作ったり顧客管理ツールでまとめたりする方法があります。

例えば、先方にアポイントを取ったことを記録しておけば、他の社員とバッティングする心配がありません。また、商談時の会話内容や先方にどのような要望があるのかなどをまとめておくと次の商談のための戦略も立てやすくなります。

このように、営業活動の進捗に合わせて逐一情報を更新できるため、小まめな管理がしやすいですよ。

ただ、手間をかけたくないのであれば営業リストの更新作業を外注するのも1つの手段。

「管理にお金をかけたくない!」
「人手不足だから管理に人員を割く余裕がない!」

このように、営業リストの管理方法に対するニーズは会社によって様々なので、自社に合った方法での管理を検討してみましょう。

内製と外注のメリット・デメリット比較

営業リストの作成を自社で行うか外注するかに悩んでいる方もいるでしょう。そんな方のために、ここでは内製と外注のメリット・デメリットを解説します。

メリット デメリット
内製 ・自社好みにカスタマイズしやすい
・作成コストを安く抑えられる
・作成の手間がかかる
・営業効率が悪くなりやすい
外注 ・作成の手間を省ける
・高精度の営業リストを作れる
・営業効率が上がりやすい
・費用がかかる
・業者によって質や費用にバラつきがあるため選ぶのが難しい

費用をかけないためにもできるだけ自社で作成をしたいという企業は少なくありません。

しかし、営業リストの件数が多いと作成するだけでなく随時更新することも大変です。自社社員に対する負担が大きくなり、営業効率も下がる恐れがあります。

そのため、最近は営業リスト作成を外注する企業が多いです。

「営業リスト作成を代行してほしい!」という企業のために、下記の記事で外注に関する詳しい情報を掲載しているので、こちらも参考にしてください。

リスト作成代行とは?費用、内容、外注業者選びのポイントも全てご紹介します。

営業リスト作成を代行してくれるおすすめ業者

営業リストは営業に必要不可欠な資料ですが、作るとなると大変なので外注を検討している方は多いでしょう。

そこでここからは、おすすめのアウトソーシング会社を2社紹介します。

フジ子さん

引用:フジ子さん | オンラインアシスタント 月額4.7万円~ 1ヶ月利用も可

フジ子さんは、費用と品質のバランスが非常に良いと人気のオンラインアシスタントです。

一般的に、高品質な営業リストを作成してもらいたいなら高い費用がかかるもの。逆に、費用を抑えようと安い業者を選ぶと低品質な営業リストとなってしまう恐れがあります。

しかし、フジ子さんは高スキルのアシスタントが担当してくれるため、高品質な営業リストの作成をお願いできますよ。

その上、価格はフルタイム稼働(月160時間)で1,390~2,000円。社員教育や備品、社会保険料などが不要でこの価格なので、コスパが良い業者をお探しの方に最適です。

「フジ子さん」公式サイトはこちら

HELP YOU

引用:オンラインアシスタントがあなたの業務をサポート HELP YOU

HELP YOUは採用率1%の優秀なアシスタントが業務を担ってくれるアウトソーシング会社で、高品質なサービスが人気です。

チームで業務にあたってくれるため納品までがスピーディーで、営業リストの修正、追加、更新作業などの管理もしっかり行ってくれます。きめ細やかな営業サポートをしてくれるため、良いビジネスパートナーとなってくれるでしょう。

また、平均継続利用率は98%と高い実績を誇ります。HELP YOUを利用している大手企業も多いので、実績がある分安心して依頼できますね。

「HELP YOU」公式サイトはこちら

まとめ

営業リストは営業活動の効率を上げるために必要な資料。企業名や住所、電話番号などが一覧となっているので、アポ取りや営業戦略を立てる際に便利ですね。

ただ、営業リストの作成はそう簡単なものではありません。イベントに赴いて人脈を広げたり法人番号公表サイトを活用して会社情報を調べたりと何かと手間がかかります。

そんな手間を省けると人気なのが営業リスト作成の外注です。アウトソーシングすることで自社社員をコア業務に専念させられるため、営業活動の効率化を図れますよ。

今回はおすすめのアウトソーシング会社を2社紹介しています。多くの企業から支持される人気サービスなので、営業リスト作成の外注を検討中の方はぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか。