RPOとはどんな意味?業務内容・メリット・デメリット・導入すべき会社の特徴を解説!

「採用担当を任されたけど、何から手を付ければ良いのか分からない…」
「他のタスクをこなすのに忙しくて、採用業務にまで手が回らない…」

本記事をご覧のあなたは、このような悩みを抱えていませんか?

確かに採用活動には、

 採用計画の立案
 応募情報の管理
 会社説明会や面接のスケジュール調整

といったように、やらなければならない作業が多くありますよね。

そんなとき、質の高い採用活動ができる「RPO」というサービスを利用するのがおすすめです。しかし、RPOがどのようなサービスなのか詳しく知らない方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、RPOとはどのような業務内容なのか、メリット・デメリット、導入すべき会社の特徴について解説します。最後におすすめのRPOサービスもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

RPOとは?業務内容について


RPOとは、Recruitment Process Outsourcingの頭文字をとった言葉で、企業の採用業務を委託する、いわゆる採用アウトソーシングを意味します。

具体的な業務内容としては、以下のようなものがあります。

母集団形成業務 募集計画の立案、インターンシップの企画・エントリー対応・実施、
会社説明会の企画・スケジュール調整・エントリー対応など
選考業務 書類選考、応募書類の管理、面接会場の設定、
面接当日の受付、面接代行、合否の決定・連絡など
内定業務 内定者の情報管理、内定者への連絡・サポート、
内定者に対する研修の企画・実施など
コンサルティング業務 現状の課題分析、採用管理システムの導入、
面接官の教育、費用対効果の分析など

採用業務に関する内容なら、全てにおいて対応してくれます。

もちろん、応募書類の管理や面接当日の受付といった一部の採用業務だけRPOサービスを利用して、面接などは自社で実施するというのも可能です。

RPOのメリット


RPOのメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 質の高い採用活動が実現できる
  • コア業務に専念できる
  • 採用業務のノウハウを得られる

質の高い採用活動が実現できる

RPOを導入するメリット1つ目は、質の高い採用活動が実現できるという点です。RPOサービスを展開する会社は、数多くの採用活動を代行しているため、膨大な知識やノウハウを持っています。

これを活用できる恩恵は大きいですね。例えば、母集団形成業務を委託すると、人材ソースの分析や市場調査などに精通したプロフェッショナルが、あなたの会社が求める知識やノウハウを持った人材を集めてくれます。

人数はもちろん質においても、自社だけでやるより優れた結果を収められるでしょう。

コア業務に専念できる

RPOを導入するメリット2つ目は、コア業務に専念できるという点です。例えば、採用活動をしていると以下のような悩みがでてくるでしょう。

「計画の立案やスケジュールの管理など、やることが多すぎる…」
「採用担当者が少なすぎて、コア業務に支障がでている…」

そんなときにRPOサービスを利用すれば、面倒なスケジュール調整を代行してもらえるほか、採用業務ごとにRPOサービスのスタッフの中から、最適な人材を割り振って作業を代行してもらえるので、社員はコア業務に専念できるのです。

必要な部分だけ代行してもらえるため、面接は自社でやりたいという場合でも柔軟に対応してもらえるのは嬉しいですね。

採用業務のノウハウを得られる

RPOを導入するメリット3つ目は、採用業務のノウハウを得られるという点です。

RPOサービスを提供する会社の中には、コンサルティング業務を担当してくれるところがあります。面接官の教育や採用管理システムの導入から活用方法、課題の分析方法などのノウハウを持っているので、あなたの会社に最適な採用業務の手法が習得できるでしょう。

後々は、自社で採用業務を実施したいと考えている場合にもRPOは有効です。

RPOのデメリット


RPOのデメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 雇用のミスマッチ
  • コストがかさむ

雇用のミスマッチ

RPOを導入するデメリット1つ目は、雇用のミスマッチです。全ての採用業務を外部に任せてしまうと、求める人材と違う人が採用される可能性があります。ミスマッチの原因としては、企業が求める人物像が伝わっていなかったことや、RPOサービスを提供する企業のレベルの低さが考えられます。

RPOサービスはまだまだ新しいビジネスなので、会社によってスキルに大きな差があることも。高いノウハウを持った会社を選定し、どのような人材を採用したいのかをしっかり伝えるようにしましょう。

コストがかさむ

RPOを導入するデメリット2つ目は、コストがかさむという点です。

自社で採用活動をしていれば、必要なのは採用担当者の人件費だけで済むでしょう。しかし、RPOを利用した場合には委託費用がかかるため、通常の採用活動よりもコストがかさむ恐れがあるのです。

もちろん、良いRPOサービスを利用すれば、下手に自社でコストを抑えるよりも有意義な採用活動ができます。質の高いRPOサービスを選びつつ、費用対効果に重点をおいて考えましょう。

RPOを利用した方が良い会社の特徴


RPOを利用した方が良い会社の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 採用担当者の人数が少ない企業
  • 採用フローが明確でない企業

採用担当者の人数が少ない企業

RPOを利用すべき会社の特徴1つ目は、採用担当者の人数が少ない企業です。

採用活動の基本は、自社の業務に支障をきたさないこと。そのためには、採用活動によって業務過多にならず、コア業務に専念できるようにしなくてはなりません。

採用活動に人材を割けないなら、RPOサービスの利用をおすすめします。

採用フローが明確でない企業

RPOを利用すべき会社の特徴2つ目は、採用フローが明確でない企業です。

採用活動は、以下のような採用フローが明確でなければなりません。

 採用計画:ターゲット像の明確化など
 母集団形成:募集要項の作成など
 応募者の選考:書類選考や面接など
 内定者フォロー:入社手続きや研修など

何も決めずに採用活動をスタートすれば、理想の人材を確保できなかったり、無駄にコストや手間がかかったりする恐れがあります。

採用フローが明確ではない企業は、まずRPOサービスを利用して、どのような流れで採用活動をするべきなのか学んでみると良いでしょう!

おすすめのRPOサービス

おすすめのRPOサービスとして、以下の2つをご紹介します。

  • 株式会社人材研究所
  • 株式会社パソナ

株式会社人材研究所


おすすめのRPOサービス1つ目は、「株式会社人材研究所」です。

株式会社人材研究所では、人材アセスメントや採用プロジェクトマネジメントの経験豊富なスタッフがチームを組んで対応してくれます。採用活動体制を素早く構築して、満足度の高いサービスを提供してくれるのです。

また、面接官トレーニングも実施してくれるため、自社の採用ノウハウ構築ができるメリットもあります。採用ノウハウがない企業には嬉しいサービスですね。

株式会社人材研究所の詳細はこちら

株式会社パソナ


おすすめのRPOサービス2つ目は、「株式会社パソナ」です。

株式会社パソナでは、実績・経験・専門性を持った採用のプロが、あなたの会社が抱える課題の解決を支援してくれます。各企業のニーズに合わせたオペレーション体制を構築しており、人材獲得のミスマッチなども起こりにくいのです。

また、入社後の研修やオンボーディングのオペレーション支援にも対応してくれるので、即戦力となる社員を求めている企業には最適なサービスとなっています。

株式会社パソナの詳細はこちら

RPOならオンラインアシスタントのフジ子さん


先に解説した2つのRPOサービス以外におすすめなのが、オンラインアシスタントの「フジ子さん」です。

オンラインアシスタントとは、経理・人事・総務・WEB運用といった幅広い業務を代行してくれるサービスのこと。フジ子さんでは、求人広告の出稿や面接スケジュールの管理、入社・退社手続きといった採用活動もサポートしてくれます。

また、フジ子さんは費用が安いサービスとしても有名。フルタイム(月160時間)の利用料金は、時給換算で1,390~2,000円という驚きの安さです。

費用を抑えつつ質の高い採用活動をしたいなら、フジ子さんに依頼してみてはいかがですか。まずは2時間の無料トライアルで腕試ししてみるのがおすすめです。

フジ子さんの詳細はこちら