給与計算代行サービス!外注の料金相場、おすすめのアウトソーシング業者

従業員に給与を支給するために行われるのが給与計算業務。1人1人の勤怠表を確認して計算しなければなりませんし、そのうえ、アルバイト・正社員など雇用形態がいくつかあると計算もより複雑化して大変ですよね。

そんな面倒な業務を代行してくれるのが給与計算代行会社です。

給与計算を外注することで、毎月の給与計算にため息をつく人事社員の負担を軽減させられます。そのため、今多くの企業から人気のサービスとなっています。

今回は、給与計算代行に外注できる業務や料金相場などの基本情報からおすすめのアウトソーシング会社を紹介します。

人気サービスを比較し、ぜひ自社に合ったアウトソーシング会社選びに役立ててください。

給与計算代行とは

給与計算代行とは、従業員の給与計算を代行してくれるサービスのことです。

数ある人事業務のなかでも特に大変な業務の1つとして挙げられますが、その理由には以下のようなものがあります。

  • 雇用形態ごとに計算方法が異なる(正社員は固定給、アルバイトは時給など)
  • 残業や休日出勤など変動する手当の計算が必要な場合がある
  • タイムカードなど勤怠データの集計が大変
  • 社会保険や税金など控除の計算も必要なので知識が必要不可欠
  • 賞与や退職金など毎月の給与とは違うお金の計算も行わなければならない

給与計算は毎月行わなければならない業務なので、人事に大きな負担を与えてしまいます。だからこそ、給与計算を代行できるアウトソーシング会社は需要が高いのです。

また、給与計算代行業者のなかには毎月の給与計算だけでなく賞与計算や年末調整などの業務を委託できるところもあります。そのため、どこまでの業務を委託したいかを考えて業者を選ぶことが大切です。

給与計算代行に委託できる業務・仕事内容

給与計算に伴う業務は非常に幅広いものです。勤怠データの集計から給与計算、税金関係などがあるため、どこまで委託できるのだろうと疑問に思っている方も多いでしょう。

そこでここからは、給与計算代行に委託できる業務として一般的なものを紹介します。

給与・賞与の計算

給与計算は、従業員に支給する毎月の給与を計算するのが基本の業務。それに加え、賞与がある企業は年1~2回程度の賞与計算も行います。

毎月の給与を楽しみに日々仕事を頑張っている従業員は多いので、計算ミスは絶対に許されません。正しく給与が支払われないと、企業と従業員の信頼関係が崩れてしまう恐れがあります。

そのため、給与計算代行では人事経験がある方や社労士など給与計算のプロが担当してくれることがほとんど。

また、従業員1人1人に合わせた給与の計算をしなければならないので、委託する際には従業員の勤怠データ提出が必要となります。

給与計算代行サービスのなかには勤怠データの集計から行ってくれるところとオプションで追加料金がかかるところに分かれるため、事前に確認をしておきましょう。

年末調整

1年間の給与・賞与に対し、所得税の過不足を調整するのが年末調整。従業員からすれば「少しお金が返ってくるかも!」とわくわくしてしまうものでもありますよね。

この年末調整も給与計算代行サービスが請け負ってくれます。

年末調整は様々な控除計算をしてから正しい所得税を導き出さなければならないため、計算が非常に複雑です。

例えば、従業員によって加入している生命保険が異なるので、それぞれの控除証明書を見ながら控除額を計算しなくてはなりません。また、結婚している方であれば扶養控除などもあるでしょう。

このように、従業員によって控除内容が様々。複雑な計算で人事の大きな負担となるため、給与計算代行サービスのなかでも年末調整は人気が高いサービスです。

保険関係の手続き

会社勤めをしていると、生活スタイルの変化でいろんな手続きをしなければならない場面がありますよね。

例えば、健康保険と厚生年金。これらは就職・転職すれば企業が加入している組合で資格を取得しますし、退職すれば資格喪失となります。

この手続きも給与計算代行サービスに委託可能です。新卒採用や大量募集をかけた際など手続きの量が多い時にお任せすると、通常業務に支障をきたすことがないので便利ですよ。

給与計算代行の料金相場

給与計算代行の料金設定は、「基本料金+プラン」と「トータルサポート」の2パターンが多い傾向があります。

「基本料金+プラン」は、給与計算業務のみで「1人〇円」と設定されているタイプです。不要な費用がかからないため、コストを最小限に抑えられます。

「トータルサポート」は、給与計算だけでなく様々な人事業務を依頼できるタイプ。「月〇円」と設定されることが多く、給与計算をほぼ丸投げしたい方におすすめです。

どちらを選ぶか、また従業員数はどれくらいかで1ヶ月の料金は大きく異なるため、あくまで目安として以下の料金相場を参考にしてください。

<社員数50~100名程度>
タイプ 料金相場
基本料金+プラン 基本料金:8,000~10,000円程度
給与計算1人分:1,000~2,000円程度
トータルサポート 1ヶ月5~30万円程度

給与計算をアウトソーシングするならここ!おすすめの業者

給与計算を外注すると自社社員の負担を大きく軽減させられます。その分コア業務に専念でき生産性も上がるため、企業全体のメリットが大きいと言えるでしょう。

ただ、給与計算には従業員の個人情報が必要となるので、信頼して業務を任せられるアウトソーシング会社を選ばなくてはなりません。しかし、たくさんある給与計算代行業者のなかからどこを選べば良いのか悩んでしまう方も多いのが現状です。

そこでここからは、給与計算を安心して任せられるおすすめのアウトソーシング会社を紹介します。多くの企業から支持されている人気サービスばかりなので、満足度の高いサービスを受けられますよ。

【安い×高品質】フジ子さん

引用:フジ子さん | オンラインアシスタント 月額4.7万円~ 1ヶ月利用も可

フジ子さんは、業界最安値で知られる人気のオンラインアシスタントです。

専門性の高い優秀なアシスタントを揃えているため、高品質な成果物を期待できます。安い上に品質も高いというのは非常に魅力的ですよね。

「給与計算業務が忙しいなら人員を増やせばいい!」と考える方もいるかもしれませんが、増員するとその分コストがかかります。

しかし、フジ子さんの利用料金はフルタイム(160時間/月)で時給1,390~2,000程度。

手取り20万円の正社員がフルタイムで働くと、時給は1,250円程度。そこに社保などの固定費が上乗せされるため、フジ子さんをフルタイムで利用した方が安いことは明瞭です。

また、フジ子さんは給与計算だけでなく経理や総務、Web運用など幅広いバックオフィスを担ってくれるので、企業によって良きビジネスパートナーとなってくれるでしょう。

引用:https://fujiko-san.com/

「フジ子さん」公式サイトはこちら

【早い×柔軟】ピタット給与

引用:給与計算アウトソーシングサービス「ピタット給与」|給与奉行ソフトに強い! - 株式会社アックスコンサルティング

ピタット給与は株式会社アックスコンサルティングが行っているアウトソーシングサービスです。

120社以上の導入実績があり、社員50名の小規模企業から社員数1,000名以上の大規模企業まで幅広く対応しています。

ピタット給与は導入にあたり新たにシステムを導入する必要がありません。今までの給与計算方法でそのまま請け負ってくれるので、スムーズに外注に移行できると人気です。

また、勤怠データを渡してから2日以内で給与処理を完了させてくれる早さや、勤怠データの収集など給与計算の前処理からサポートしてくれる柔軟さも魅力。

対応力が高いので、導入が不安な方はぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか。

「ピタット給与」公式サイトはこちら

【サービス充実】給与プロ

引用:給与計算のアウトソーシングは給与プロ

給与プロは、毎月の給与計算だけでなく勤怠管理や振込代行、社会保険諸手続きなど幅広い人事サービスを提供しています。

オプションが豊富に揃っているため、企業それぞれのニーズに合わせて業務を委託できるのが魅力です。

また、注目したいのはサービス充実度だけでなく給与計算における1人あたりの料金。一般的に1名1,000~2,000円程度の月額料金を設定している業者が多いなかで、給与プロは380円~とかなりの低価格となっています。

従業員数が多くなればなるほど1名あたりの単価が下がるよう設定されているため、従業員数が多い企業も安心して相談できますね。

給与計算業務のみ、人事業務全般など企業のニーズに合わせたアウトソーシング会社をお求めの方にはうってつけのサービスです。

引用:https://www.kyuyo-pro.com/price/index.html

「給与プロ」公式サイトはこちら

まとめ

毎月の給与計算は、従業員数が多い分だけ時間がかかる上に保険・税金などの複雑な計算を要する大変な業務です。給与計算に時間を取られていては他のコア業務に専念できないなどの弊害も生じてしまいます。

そんなお悩みを持つ企業におすすめしたいのが給与計算代行サービスです。毎月の給与計算だけでなく、賞与をはじめとした臨時給与計算や年末調整など様々な人事業務をサポートしてくれます。

今回は、給与計算業務を委託できるおすすめのアウトソーシング会社も紹介しています。人事業務の圧迫を感じている企業は、ぜひ相談・見積もりを検討してみてはいかがでしょうか。