RPO(採用アウトソーシング)とは?業務内容やメリット・デメリット、おすすめ業者などを紹介

労働人口が減少し、さらに雇用の流動性が高まっている昨今、企業の採用活動の難易度は高まるばかり。入念な採用計画の策定は必須ですが、そればかりに重点を置くと他の仕事がおろそかになってしまいます。

実際、リソースが足りずに困っている企業も少なくありません。採用ノウハウがないというケースもあるでしょう。そこで頼りになるのが「RPO(採用アウトソーシング)」です。餅は餅屋、プロが採用の問題をスムーズに解決してくれます。

本記事ではRPOについて、依頼できる業務や活用のメリット・デメリット、おすすめ業者などを紹介していきます。

RPO(採用アウトソーシング)とは?

RPOは「Recrutment Process Outsourcing」の頭文字を取った言葉で、「採用代行サービス」「採用アウトソーシング」などと訳されます。RPO業者は、企業の採用活動において発生するすべての業務、もしくは一部の業務を請け負います。

雇用が流動的になっている昨今、採用に必要なマンパワーやノウハウは増大。これらを自社だけで賄いきれない企業も増えており、RPOが広く普及するようになったのです。

RPOには他の意味合いもある

RPOにはもう一つ、システム障害時にどの時点まで復旧させるかを決める「目的復旧時点(Recovery Point Objective)」という意味合いもあります。ただ、両者は使われるシチュエーションが大きく異なるので間違えることはないでしょう。

RPOで依頼できる業務とは

RPOには、採用活動で発生する業務を一通り依頼できます。例えば……

・採用計画の策定
・求人広告の作成と出稿
・求人サイトの管理
・応募者の選定
・選考スケジュールの調整
・応募書類の管理
・面接
・内定者の研修

業務を一括して依頼するのはもちろん、一次・二次面接を代行してもらい最終面接は自社で行うといった利用の仕方も可能です。

RPO活用のメリットとは

次に、RPOのメリットを見ていきましょう。

従業員の負担を軽減できる

RPOを活用すると、採用担当者が増えるわけですから、自社社員の負担が減ります。

人事部では採用活動以外にも、人材育成や労務管理、人事制度立案など、やらなければいけない業務がたくさんありますよね。採用活動に重点を置きすぎると、他の業務がおろそかになったり、残業が発生したりしかねません。

このような事態を避けられるのは、労働環境を良くして生産性を上げる上で重要です。

業者の専門的な知見を導入できる

業者の専門的な知見を導入できるのも大きなメリットです。

自社に合った人材をどうやって集めるか?――労働人口が減少し、採用の形態が多様化する中では、スタートアップや中小企業はもちろん、規模の大きな会社もノウハウ不足に悩まされています。

採用を専門に手がけるRPO業者の知見は、このような企業にとって非常に心強いでしょう。採用戦略の立案から実行、そして社員の育成まで、業者自身が積み重ねてきた経験を元に的確に遂行してくれます。

RPO活用のデメリットとは

RPOのデメリットとして、採用業務を外部へ切り出すため、ノウハウを社内に蓄積できなくなる点があります。これにより、何らかの理由で業者との契約が切れた場合、自社採用に転換しにくくなってしまうのです。

このリスクを抑えるには、

・自社が依頼すべき業務を見極める
・業者へ丸投げしない
・コンサルにも対応した業者を選ぶ

といった対策がありますね。もちろん、リスクを踏まえた上であれば、さまざまな業務を長期にわたって依頼するというのもアリです。

おすすめのRPO業者

次に、おすすめのRPO業者を2社ご紹介します。

株式会社ネオキャリア

画像:株式会社ネオキャリア公式サイト

「株式会社ネオキャリア」は、パナソニックやローソンストア100などの大手企業をはじめ、10,000社以上の採用をサポートしてきたRPO会社です。

採用に関するあらゆる業務を代行していて、深夜帯や土日祝の求職者対応も可能。優秀な人材の取りこぼしをなくせるでしょう。

料金は業務内容にもよりますが月額10万円~となっており、リーズナブルなのも魅力ですね。

【株式会社ネオキャリアのサービス詳細はこちらから】

マイナビ転職RPOサービス

画像:マイナビ転職RPOサービス公式サイト

「マイナビ転職RPOサービス」は、人材業界大手のマイナビが運営する、中途採用に特化したサービスです。マイナビは就職・転職市場の超有名どころであり、蓄積された採用ノウハウはピカイチといえます。

新卒者に比べ、転職者は適正や求める条件が明確ですし、社会人経験があるため企業を見る目も肥えています。市場を知り尽くしたマイナビのプロ集団が、転職者にとって魅力的な求人と選考を実行。

中途採用に力を入れるのであれば、有力な選択肢になるでしょう。

*料金は要相談

【マイナビ転職RPOサービスのサービス詳細はこちらから】

まとめ

今回はRPOについて、業務内容やメリット・デメリット、おすすめ業者などを紹介してきました。

ノウハウや人材といったリソース不足を解消できるRPOは、採用の難易度が上がっている今、企業の規模にかかわらず有用なサービスです。しかし、採用計画に関して業者と共通認識を持たなければ、求める人材は採用できなくなります。入念な打ち合わせは必ず行いましょう。

ぜひ本記事を参考に、自社に合った業者を活用してください。

【関連記事】

求人作成代行とは!?サービス内容、費用相場、メリット・デメリット、おすすめの業者を解説!

人事をアウトソースするメリット・デメリットは何?注意点やおすすめ業者もあわせて解説