振り込み作業代行で経理の負担を軽減!おすすめ6社を紹介

経理担当者が毎月行う振り込み業務は、大変な時間と手間がかかっています。

銀行まで移動したらいくつもの振込依頼書を書きますし、手数料を安くするために複数の銀行をまわることもあるのです。待ち時間も相当なものでしょう。ネットで振り込むにしても、やはり手間がかかります。

そのせいで他の業務が圧迫されているのなら、振り込み作業の代行サービスを活用してみるのも手です。別の作業にリソースを割くことができ、経理業務の効率化を図れます。

本記事では振り込み作業代行について、業務内容や依頼する際の注意点、おすすめ業者などを紹介していきます。

振り込み作業代行とは?

振り込み作業代行とは、主にインターネットバンキングのシステムを使用し、依頼主の代わりに振り込みをしてくれるサービスのこと。

「いくつもの銀行に振り込みに行くのは手間がかかりすぎる」
「銀行ごとの手数料がバカにならない」

そんな悩みを解決してくれるとあって、個人事業主や中小企業を中心に利用が増えています。

振り込み作業代行に依頼するメリット

振り込み作業代行に依頼するメリットは次のとおり。

経理業務の手間が減る

1つめは、経理業務の手間が減るというもの。

銀行の営業時間は短いうえ、日によっては混雑し待たされることもありますよね。「月末の忙しい時間を振り込み作業に費やしたくはない!」と思う方も多いはず。

代行業者を利用すれば、銀行にでかけることも、そこで待つことも、ネットバンキングで操作することもなくなります。手間が減った分は、ほかの業務に回すなり勤務時間短縮にあてるなり有効活用しましょう。

業者によっては手数料削減も

業者によっては、振込手数料を削減できます。

通常よりも安かったり、同行でも他行でも一律だったりと、お得なサービスがけっこうあるんですね。振込件数が増えるほど、このメリットは大きくなります。

振り込み作業代行の注意点

振り込み作業代行を利用する際には、コミュニケーションミスに注意しましょう。

例えば振込先の追加や削除といった変更が生じた場合、業者への連絡がうまくできないとトラブルに発展しかねません。お金を扱う仕事なので、お互いの認識に齟齬がないかどうか、入念にチェックする必要があります。

おすすめの振り込み作業代行業者:①振り込み代行会社

ここからは、おすすめの振り込み作業代行の会社をご紹介します!

ウェブフリコム

画像:ウェブフリコム公式サイト

「ウェブフリコム」は、2002年よりサービスを開始した振り込み作業代行の先駆け的存在で、7,000社以上との取引実績を持ちます。

システムの設定や操作が簡単ですし、必要な場合はインストラクターがサポートをしてくれます。パソコンに不慣れな人におすすめのサービスです。

【ウェブフリコムのサービス詳細はこちらから】

たよれーる振込代行サービス

画像:たよれーる振込代行サービス公式サイト

「たよれーる振込代行サービス」は、大塚商会が運営する振り込み代行サービスです。

こちらにはデモンストレーションサイトがあり、実際のサービスの内容や使用感を事前に体験できます。導入に迷っている方は、試してみてはいかがでしょうか。

また、初期費用はかかりますが、どの銀行宛でも振込手数料が一律418円(税込)で月額利用料もありません。毎月かかる費用が計算しやすくなるでしょう。

【たよれーる振込代行サービスのサイトはこちらから】

Flico(フリコ)

画像:Flico公式サイト

「Flico」は、オリックスが運営する振り込み作業の代行サービスです。
特筆すべきは一律260円という振込手数料。さらに契約金や基本使用料などがかからりません。

特別なソフトやアプリケーションを導入する必要もなく、インターネット環境があれば利用できるのも便利です。サイトで利用料をシミュレートできるので、一度計算してみてもいいですね。

【Flico(フリコ)のサイトはこちらから】

おすすめの振り込み作業代行業者:②オンラインアシスタント

振込作業は専門業者以外にも依頼できます。例えばオンラインアシスタントなら、経理や総務などのバックオフィス業務もまとめて代行してもらえるのです。経費精算や給与計算と振り込みを同時に依頼すれば、業務効率が大きくアップするでしょう。

では、おすすめのオンラインアシスタントサービスを紹介していきます。

フジ子さん

画像:フジ子さん公式サイト

「フジ子さん」は、業界水準のおよそ半額で利用できるのが魅力のサービスです。例えば20時間実働のプランだと、相場が10万円ほどなのに対し、フジ子さんだと月額4.7万円。非常にリーズナブルですね。

もちろん、ただ安いだけではありません。実務経験の豊富なスタッフがチームで案件を担当する体制により、クライアントの継続率90%以上を誇ります。

無料トライアルがあり、アシスタントのスキルを前もって確認できるので、初めてオンラインアシスタントを利用する人も安心です。

【フジ子さんのサービス詳細はこちらから】

i-STAFF

画像:i-STAFF公式サイト

「i-STAFF」では、採用率1%の狭き門をくぐりぬけた優秀なスタッフによる高品質なサービスを提供しています。スピーディかつ確実な仕事ぶりがクライアントから好評です。

契約期間が長いほど月額料金が安くなり、12ヶ月契約だと30時間実働で月額8.1万円。クライアントの希望に合わせて柔軟にプランを組むこともできます。

また、i-STAFFは業界唯一の返金保証を実施しており、費用がムダになりにくいのも特徴です。

【i-STAFFのサービス詳細はこちらから】

CASTERBIZ

画像:CASTERBIZ公式サイト

「キャスタービズ」は、オンラインアシスタント業界にいち早く参入した老舗の会社で、これまでに1,700社以上に導入された実績を持ちます。

こちらもスタッフの採用率が1%となっており、スキルと経験に長けた人材が業務を的確に遂行してくれるでしょう。

また、最短5日で利用できるようになるのは、緊急性の高い担当者にとってありがたいはず。さらに、使いきれなかった契約時間は次月に繰り越せるので、業務が少なく時間を余らせた月があっても無駄になりません(1時間あたり500円の手数料がかかります)。

【CasterBizのサービス詳細はこちらから】

まとめ

今回は振り込み作業代行について、利用のメリットや注意点、おすすめ業者などを紹介しました。

振り込みの業務だけをアウトソースしたい、手数料を下げたいといった場合は振込代行の専門業者を、振り込み以外の事務作業も依頼したい場合はオンラインアシスタントサービスを活用するのがおすすめです。

ぜひ本記事を参考に、自社に合った外注先を見つけていただければと思います。