BPOとは?その意味・定義とアウトソーシングとの違い、メリット・デメリットを解説

近年、少子高齢化による人材不足や、それに対処するための働き方改革など、企業を取り巻く環境が大きく変化しています。これからは業務の効率化が必須であり、その有効な手段として注目されているのが「BPO」です。

BPOはアウトソーシングの一形態ではあるものの、従来のアウトソーシングとは異なる取り組みになります。両者の違いは経営戦略を立てるうえで大切ですから、一体どんな手法なのか、この機会に覚えておきましょう。

本記事では、BPOの意味・定義、メリットとデメリットや活用例などを紹介します。

BPOとは?意味・定義を解説

BPOとは、業務設計から実行・分析・改善まで、必要なビジネスプロセスすべてを一括して外部業者に委託する経営手法のことです。

従来のアウトソーシングでは、外部に委託するのは業務の一部でした。対してBPOでは、例えば経理であれば、経理の全業務を外注します。経理に関わる人材の採用も委託するので、本当に丸ごとというわけですね。

経理のほか、人事や秘書、総務、物流、Webマーケティングなどが、しばしばBPOの対象になります。

BPOが注目される理由


BPOが注目される背景に、人手不足という大きな課題があります。少子高齢化による労働人口の減少で、満足のいく採用が難しいのです。実際、日本の生産年齢人口(15~64歳)は、1995年に8,700万人だったのが2015年には7,700万人まで減少しています。20年間で1,000万人も生産年齢人口が減れば、人手不足にもなるというもの。(*)

すると従業員一人あたりの仕事量は増え、それらをどうにか遂行しようとすると、一つ一つの業務の質が低下していきます。結果、生産性の伸び悩みにつながるわけです。

とはいえ、人口は簡単に増えません。そこで必要なのが業務効率化で、その有効な手段にBPOが挙げられているのです。

*:中小企業庁/2018年度版「中小企業白書」第2部-第1章-第2節

BPOを導入するメリット


ここからは、BPOのメリットを3つ解説していきます。

コア業務に集中できる

委託できる業務をBPOに出すと、自社のリソースに余裕が生まれるので、それをコア業務に集中させることができます。すると生産性が向上し、売上や利益アップが期待できるのです。

専門スタッフの知見を導入できる

BPO業者の専門的な知見を導入できるのもメリットです。自社でやるよりも業務の品質やスピードが上がることが期待できます。

コスト削減ができる

次はコスト削減です。BPOを利用すると、自社で新たに人材育成をする必要がなくなり、人的・時間的なコストを減らせます。

BPOのデメリット


BPOのデメリットのひとつに、業務のノウハウを内に蓄積できないことがあります。これにより、契約終了後の業務遂行ができなくなるかもしれません。一度BPOを活用しだすと軌道修正が難しくなるため、委託する業務の見極めが重要になります。

また、BPOの導入時に大規模な組織改革や人員削減を伴うケースもあり、この場合、社員のモチベーション低下に注意が必要です。反発をゼロにするのは難しいと思いますが、アウトソース化の目的や方針を社内で共有し、現場の声を吸い上げながら計画していきましょう。

BPOの活用例


では、一体どのような業務がBPOに向いているのでしょうか。具体的な活用例を交えて解説します。

経理業務

経理はBPOに出しやすい業務です。お金の管理というどの企業にとっても不可欠な仕事ですが、利益を直接生み出すものではなく、それでいて時間や労力がかかります。

また、経理に関する法制度は毎年のように改正されます。これに対応し続けるとなると、実務以外での負担も大きくなるのです。

そこでBPOへ経理をアウトソーシングすれば、上記のような悩みを解決できます。BPOに際して自社でやるのは進捗管理といったマネジメントだけ。自社の業務をスリム化し、限られたリソースを有効活用できるわけですね。

秘書業務

スケジュール管理やメール・電話対応、資料作成といった秘書業務もBPOしやすいですね。

最近人気なのは、オンラインアシスタントという、秘書業務をオンラインで依頼できるサービスです。オンラインアシスタントのスタッフは、実務経験を持つ子育て・介護中の在宅ワーカーが中心。働くには試験と面接をパスしなければならず、「本当に大丈夫かな……」といった心配はいりません。

またオンラインと謳う一方で、書類のスキャンや郵送などのオフライン作業にも対応してくれる業者も増えています。

バックオフィス業務のBPOはフジ子さんにお任せを!


本ブログを運営する「フジ子さん」は、経理・人事・秘書・営業事務・Webサイト運用といったバックオフィス業務を幅広く代行しています。

最大の魅力は、料金が業界水準の半額ほどというリーズナブルさ。例えば月20時間稼働のプランだと、業界水準が10万円前後なのに対し、フジ子さんは4.7万円です。

ほかにも月30〜160時間稼働までのプランがあり、160時間のフルタイムでは時給換算で1,390~2,000円程度になります。自社で社員採用をすると社保などの負担が25%程度かかるので、1,390円という時間単価は、自社社員を時給1,100円程度で雇うのと同じようなコスト感覚です。

もちろん、ただ安いだけではありません。フジ子さんには専門性の高い優秀なスタッフが揃っており、クライアントの1年以上継続率は90%以上です。必要に応じてチームを編成し、フレキシブルに案件へ対応していきます。

無料トライアルを実施していますので、まずは実務能力の事前チェックをしてみてください。お気軽にお問い合わせいただければと思います。

【料金の一例】
プラン名 実働時間(/月) 料金(/月)
PLAN 20 20時間 4.7万円
PLAN 30 30時間 6.9万円
PLAN 50 50時間 9.9万円

ほかに80〜160時間実働のプランもあり(料金は要お問い合わせ)

フジ子さんのサービス詳細はこちらから

まとめ

本記事では、BPOの意味やメリット・デメリット、活用例などを解説してきました。

限られた社内のリソースをどう使うのか?経営戦略を考える際に、BPOへのアウトソーシングは有力な選択になるでしょう。まずは業務の仕組みやプロセスを棚卸し、コア業務とノンコア業務を分けることが重要です。

また、業務全体を委託するわけですから、BPO業者との付き合いは長期に渡ります。途中からの軌道修正がしにくいので、業者選びが成否を決めるといっても過言ではありません。

業者の対応範囲や業務体制、クオリティ、そして料金など、さまざまな情報を検討して自分に合ったところを選びましょう。